荻上直子監督最新作『波紋』初の本編映像&主演・筒井真理子ら実力派キャスト勢揃いの場面写真7点解禁! ―5/26(金)公開

波紋

筒井真理子主演、共演に光石研、磯村勇斗、柄本明、キムラ緑子、木野花、安藤玉恵、江口のりこ、平岩紙を迎え、荻上直子監督がメガホンをとった映画『波紋』(5月26日(金)公開)より、本編映像と場面写真が解禁された。

本作は、荻上監督のオリジナル最新作にして、監督自身が歴代最高の脚本と自負する絶望エンタテインメント。監督は、須藤家を通して、現代社会の闇や不安と女性の苦悩を淡々と、ソリッドに描き出す。放射能、介護、新興宗教、障害者差別といった、誰もがどこかで見聞きしたことのある現代社会の問題に次々と翻弄される須藤家は、正に社会の縮図だ。

しかし、これを単なる絶望で終わらせないのが荻上監督の新境地。依子から広がる波紋は、きっと全ての女性、いや現代社会に生きる全ての人に届くだろう。

今回解禁されたのは、依子が縋る“緑命会”での勉強会で意味不明な言葉と踊りが繰り広げられる本編映像代表の橋本昌子(キムラ緑子)の「切磋琢磨いたしましょう」という言葉を皮切りに「内なる潜在エナジー」、「森と水の精霊」など理解が追いつかない単語が飛び交うお祈りする信者たち。そしてお祈りの後は、全員で歌いながらヤバい踊りを踊るシーンも。一体“緑命会”とはどんな新興宗教なのか。

さらに筒井演じる依子の場面写真など7点も解禁。自分の父の介護を押し付けたまま失踪し、突如帰って来たと思いきや、がん治療に必要な高額の費用を助けて欲しいとすがってくる夫・修(光石研)に水晶で殴りかかろうする場面や、降りかかる辛苦に自分ではどうにも出来ず、湧き起こる黒い感情を“緑命会”という新興宗教に縋るように代表の橋本昌子に相談したり、信者と仲難しく活動に没頭するシーンが露わになる。

また宗教だけでなく同じスーパーのパート先の清掃員・水木(木野花)に深刻そうに相談するなど、一体夫の修以外にどんな辛苦が依子に降りかかるのか気になるところだ。そして、そんな依子が不気味に笑みを浮かべ自転車を漕ぐシーンも…。

荻上監督がたくさんのブラックユーモアを込めた『波紋』は5月26日(金)公開。

波紋
波紋
波紋
波紋
波紋

ストーリー
須藤依子(筒井真理子)は、今朝も庭の手入れを欠かさない。“緑命会”という新興宗教を信仰し、日々祈りと勉強会に勤しみながら、ひとり穏やかに暮らしていた。ある日、長いこと失踪したままだった夫、修(光石研)が突然帰ってくるまでは―。
自分の父の介護を押し付けたまま失踪し、その上がん治療に必要な高額の費用を助けて欲しいとすがってくる夫。障害のある彼女を結婚相手として連れて帰省してきた息子・拓哉(磯村勇斗)。パート先では癇癪持ちの客に大声で怒鳴られる…。
自分ではどうにも出来ない辛苦が降りかかる。依子は湧き起こる黒い感情を、宗教にすがり、必死に理性で押さえつけようとする。
全てを押し殺した依子の感情が爆発する時、映画は絶望からエンターテインメントへと昇華する。

作品タイトル:『波紋』
出演:筒井真理子
光石研
磯村勇斗 / 安藤玉恵 江口のりこ 平岩紙
津田絵理奈 花王おさむ
柄本明 / 木野花 キムラ緑子
監督・脚本:荻上直子
エグゼクティブプロデューサー:富田朋子 堤天心 小山洋平 高津英泰 久田晴喜 寺井禎浩
プロデューサー:杉田浩光 渡辺誠 企画・プロデューサー:米満一正
撮影:山本英夫 照明:小野晃 録音:清水雄一郎 美術:安宅紀史 衣装:宮本まさ江 衣裳(現場):村田野恵
ヘアメイク:須田理恵 音楽:井出博子 編集:普嶋信一 記録:天池芳美 VFX:大萩真司 佐伯真哉
音響効果:中村佳央 助監督:関谷崇 演技事務:竹村悠 制作担当:柴野淳 ラインプロデューサー:金森保
宣伝:FINOR
映画「波紋」フィルムパートナーズ(テレビマンユニオン U-NEXT 博報堂DYミュージック&ピクチャーズ 讀賣テレビ放送 イオンエンターテイメント ジャストプロ)
製作幹事・制作プロダクション:テレビマンユニオン 制作協力:キリシマ1945
配給:ショウゲート

公式サイト:hamon-movie.com
公式Twitter:@hamon_film
コピーライト:(C)2022 映画「波紋」フィルムパートナーズ

2023年5月26日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

関連記事:
【プレゼント】荻上直子監督登壇予定!筒井真理子主演の絶望エンタテインメント『波紋』一般試写会20組40名様ご招待☆
筒井真理子主演の荻上直子監督最新作『波紋』本予告映像&本ビジュアル解禁!公開日は5月26日(金)に決定
筒井真理子主演、光石研、磯村勇斗ら共演の映画『波紋』2023年初夏公開決定!特報映像&全キャスト解禁 ―コメントあり

↑上に戻る