【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

空音央監督『HAPPYEND』10月公開 主演はオーディションで抜擢された栗原颯人と日高由起刀 監督コメントも到着

画像1

空音央監督の長編劇映画デビュー作『HAPPYEND』が10月4日(金)公開となる。

本作は、幼馴染で大親友の2人が、高校卒業を控え自分自身と向き合うようになり、なんとなく一緒だった関係から少しずつ変化していく友情の揺れ動きや葛藤をエモーショナルに描いた青春映画。物語の舞台は決して遠くはないXX年後の未来であり、我々の生活と地続きであるリアリティのある世界がユーモラスかつシニカルに描かれている。

監督を務める空音央は、東京とニューヨークの2拠点を活動軸とし、短編映画、ドキュメンタリー、PV、アート作品、コンサートフィルムなどジャンルレスに数多くの作品を手掛けてきた。志賀直哉の短編小説をベースにした短編映画『The Chicken』(20)はロカルノ国際映画祭でワールドプレミア後、ニューヨーク映画祭など名だたる映画祭で上映された。また、今年日本公開された坂本龍一のコンサートドキュメンタリー映画『Ryuichi Sakamoto | Opus』では、ピアノ演奏のみのシンプルかつストイックな演出ながらヴェネツィア国際映画祭でのワールドプレミア以降、山形、釜山、ニューヨーク、ロンドン、東京と世界中の映画祭で上映、絶賛されるなど注目を集めている。

主人公のユウタとコウを演じたのは、栗原颯人日高由起刀。共にオーディションで抜擢され、本作でスクリーンデビューを果たした。栗原は、明るい性格で友達とずっと楽しいことだけをしていたいユウタを茶目っ気たっぷりに演じ、日高は、自らの進路や社会について考えるようになるコウの心の機微を繊細に表現している。

今回、ユウタとコウの表情の違いが印象的な場面写真が解禁。笑顔のユウタとどこか怪訝そうなコウ、ふたりが見つめる先にあるものは何なのか。

また2人と仲の良い同級生役に、公開作が相次ぐ注目の若手俳優・林裕太、フォトグラファーとして国際的に活躍中のシナ・ペン、大学での学業に励みながら演技に初挑戦したARAZIが出演。

そして人一倍正義感が強くコウと関わるようになる同級生フミ役に祷キララ、ユウタとコウたちの担任の先生・岡田役に中島歩、校長秘書・平役に矢作マサル、ユウタの母役に渡辺真起子、コウの母役にレゲエ・シンガーのPUSHIM、そして長井校長役に佐野史郎と、実力派俳優たちが主人公たちを取り巻く個性豊かなキャラクターを演じ、物語に深みを与えている。

画像2
栗原颯人
画像3
日高由起刀
画像4
林裕太
画像5
シナ・ペン
画像6
ARAZI
画像7
祷キララ
画像8
中島歩
画像9
矢作マサル
画像10
渡辺真起子
画像11
PUSHIM
画像12
佐野史郎

なお、監督から以下のコメントも到着している。

監督コメント

友情とは曖昧なもので、恋人や家族のような規範がありません。人によっては、いつもの風景に溶け込んで、たまたま同じような音楽を好み、お酒を介して理解し合える相手もいれば、真剣な話だけをする相手もいます。しかし、どんな形であれ、友人に対する愛や信頼が深いほど、その相手に落胆した時に湧き上がる怒りや悲しみは凄まじいものです。勢い余って関係を断ち切ることもあれば、知らず知らずのうちに断ち切られることもあります。そうなると、自分が乗っかっていた地盤がガラガラと崩れ落ちるような感覚に陥ることがあります。
そんなことを考えながら、この映画を思い立ったのだろうと思います。メモを見返すと、記録として残っている中で最も古いものが2017年でした。つまり、7年かそれ以上前からこの映画の構想を練り始めたようです。その時の社会や世界が変わらず、そのまま進んだ少し先の未来を想像しました。恐怖を煽り、軍国主義的な独裁国家へと着実に向かってゆく日本を舞台に、それまで自分の中に蓄積されていた危機感や揺らぎ、そして自分にとってなくてはならない、地盤ともいえる友人たちに対する愛を投影しました。
自分が想像した近未来像が間違っているといいなと願いながら脚本を書いていましたが、出来上がった映画を見てみると、なんだかどんどん現実味を帯びてきているようで、すこし残念です。同時に、そのような状況だからこそ、素晴らしいキャストとスタッフと一緒に、色んな人にいま見てほしい映画に仕上げることができたと思っています。劇場公開できることを本当に嬉しく思います。

ストーリー
いたずら好きで常に楽しいことだけをしていたいユウタとコウは、幼馴染で大親友。毎日が楽しければいい、そう思っていた。しかし高校卒業と進学を控え、身の回りに起きている出来事がきっかけで、コウは社会における自分の立ち位置について考えるようになる。そんなある晩、いつものように学校に忍び込んだ2人。そこでユウタはあるとんでもないいたずらを思いつく。翌日いたずらを発見した校長は大激怒、学校に四六時中生徒を監視するAIシステムを導入する騒ぎにまで発展してしまう。それに対する生徒たちの反発運動も巻き起こる中、ユウタとコウの関係もぎくしゃくし始め…

HAPPYEND
出演:栗原颯人 日高由起刀
林裕太 シナ・ペン ARAZI 祷キララ
中島歩 矢作マサル PUSHIM 渡辺真起子/佐野史郎
監督・脚本:空 音央
撮影:ビル・キルスタイン 美術:安宅紀史
プロデューサー:アルバート・トーレン、増渕愛子、エリック・ニアリ、アレックス・ロー
製作・制作:ZAKKUBALAN、シネリック・クリエイティブ、Cinema Inutile
日本・アメリカ/2024/カラー/DCP/113分/5.1ch/1.85:1
配給:ビターズ・エンド
(C)Music Research Club LLC

公式X:@Happyend_mv

10月4日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

目次