MOROHAのアフロ初主演映画『さよなら ほやマン』口コミによる人気で、第二次公開の開始決定 ―新ビジュアルが到着

人気アーティストMOROHAのアフロが初主演を務め、第78回毎日映画コンクールでも新人賞を受賞した映画『さよなら ほやマン』。2023年11月3日(金・祝)の公開から動員を増やし、口コミによる評判の高さから、3月2日(土)からポレポレ東中野を皮切りに、第二次とも言える公開が開始することが決定。このたび新ビジュアルが解禁された。
さらに、ポレポレ東中野では、庄司輝秋監督と、メインキャスト(アフロ、黒崎、呉城、松金ほか)、大友良英(音楽)氏、安斎肇氏らの連日トークイベントも予定している。

主人公の阿部アキラを演じるのはバンド「MOROHA」のMCとして知られるアフロ。映画の熱いメッセージ性に深く共鳴し、自分がやらねばと運命を感じて『さよなら ほやマン』で映画初主演を決心し、毎日映画コンクールで新人賞を受賞した。
本作のヒロインで、都会から石巻の島にやってくるワケありの漫画家・高橋美晴を演じるのは呉城久美。主人公アキラの弟シゲルを演じるのは、本作が映画初出演となる黒崎煌代。叔父のタツオに津田寛治、近所に住む荒井春子に松金よね子といったベテラン名優陣が、若者たちを見守る島の住民に扮して作品世界に豊かな厚みを与える。
さらに、NHK「あまちゃん」「いだてん」の音楽を担当した大友良英が劇伴を担当。エンディングテーマは日本の伝説的なバンドであるBO GUMBOSの名曲「あこがれの地へ」。

主人公・アキラと弟のシゲル、そこへやってくる漫画家の美晴が全編ロケ撮影をした宮城県石巻市網地島(あじしま)の海辺に笑顔で佇む姿が印象的なキービジュアルは、震災の影響を受けた地で、熱く切なく、そして心温まる物語を想像させる。
さらにフライヤーには、俳優の山﨑努、斎藤工、映画監督の濱口竜介ほか数々の著名人が本作への賞賛が寄せられている。

*敬称略・順不同

山﨑努(俳優)
誠に人はいじらしい。
がんばれ大丈夫、と
この映画は励ます。傑作。

安齋肇(イラストレーター / アートディレクター)
この愛の物語に涙せぬひとはいないだろう。
人類が抱えた誤解と優しさへの最大級のテーゼ。
原始生物ほやに始まる謎を解く最低限のヒント。
僕は叫ぶぜ!さよならなんて永遠にない!

伊藤俊介(オズワルド)
誰かの所為に出来ないことは、=誰の所為でもないと納得出来るものじゃない。
だから、自分の所為を選んだ人は毎日じんわり苦しいのだと思う。飛び込んでお前は大丈夫だと抱き締めてやりたくなる映画だった。

高橋久美子(作家、作詞家)
人と生きるって、なんて面倒で、なんて素晴らしいのだろう。監督や役者たちの全身全霊に、心の奥で錆びついていた扉が開くようでした。ホヤマンありがとう。ホヤマン、幸せになれ!

水野敬也(作家)
最初は単なるふざけた映画だと思っていた。観終わったとき、びっくりするほど泣いていた。
「置かれた場所で咲くのか、咲くためにどこかに向かうのか――」。
誰もが通る人生の葛藤を圧倒的に掘り下げた最高の映画だ。

濱口竜介(映画監督)
「こんな話があるだろうか」という疑問は「こんな話こそあってほしい」という願いに見ていくうちに変わった。それはキャスト一人ひとりが自分の人生をこの物語に持ち寄った結果で、それ自体が一つの奇跡のようだった。

燃え殻(作家)
彼らはきっと今日もどこかで生きている。そう思えた。
映画館を出たら、街が人恋しく映った。

ストーリー
震災から12年、両親が海から帰ってこないまま死亡届を出せずにいる漁師の兄弟、アキラとシゲル。障害があって島から出られないシゲルを抱え、多額の借金を抱えたアキラが借金返済の為に考え出したのは、むかし父が作った“ほやマン”を継承してユーチューバーになることだった――!都会からふらりと島にやってきたワケありの漫画家・美晴との共同生活によって動き出す、それぞれの日常。いまを生きる全ての人に投げ掛けられる「このままでいいのか?」という問いが、胸に響く。

作品タイトル:『さよなら ほやマン』
出演:アフロ(MOROHA) 呉城久美 黒崎煌代 
津田寛治 / 澤口佳伸 園山敬介 / 松金よね子
監督・脚本:庄司輝秋
音楽:大友良英 エンディングテーマ:BO GUMBOS「あこがれの地へ」(EPIC RECORDS)
アニメーション:Carine Khalife 企画:山上徹二郎 押田興将 製作プロデューサー:山上徹二郎 押田興将 小田桐団 波多野文郎
アソシエイトプロデューサー:新井真理子 キャスティングプロデューサー:鈴木俊明 ラインプロデューサー:山上賢治 助監督:髙野佳子 撮影・照明:辻智彦 録音・整音:小川武 美術・装飾:澤野五月 編集・カラリスト:鯉渕幹生 VFX:竹内一歩 音響効果:中村佳央 衣裳:宮本茉莉 ヘアメイク:櫻井安里紗 演出応援:七字幸久 野本史生 撮影応援:古屋幸一 漫画作画:山田菜都美 制作担当:柳橋啓子
製作:シグロ/オフィス・シロウズ/Rooftop/ロングライド 制作プロダクション:シグロ/オフィス・シロウズ
後援:石巻市 文化庁芸術振興費補助金(映画創造活動支援事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
2023年/カラー/5.1ch/106分
配給:ロングライド/シグロ

公式サイト:https://longride.jp/sayonarahoyaman
コピーライト:(C)2023 SIGLO/OFFICE SHIROUS/Rooftop/LONGRIDE

3月2日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次ロードショー

↑上に戻る