映画『人生は二度とない』旅のお約束は冒険、そして恋!解放感満載の予告編が解禁 ―10月28日(金)公開

3人の男たちの人生を変えるスペインへの旅を描き、2011年に本国インドで大ヒットを記録、今なお名作として愛され続けるロードムービー『人生は二度とない』(10月28日(金)公開)の予告編が解禁された。

大富豪の娘との結婚を目前にしたカビール、金融ブローカーとして富を求めるアルジュン、皮肉屋のコピーライター、イムラーンの学生時代の仲良し3人組は、カビールの独身さよなら旅行として3週間のスペイン縦断の旅に出る。それは、彼らに人生の意味を問いかけ、生き方を変える宝物になった――。

眩い光に溢れるスペインの美しい自然や、歴史的な街並み、各地の伝統的な文化を余すところなく映し出すため、3か月にわたり100か所以上のスペインロケを敢行。異国を旅する3人の若者の友情と、それぞれが抱えた生きる悩みを、ユーモアを織り交ぜた巧みな脚本でスタイリッシュに描きだす本作は、2011年にインドで公開され、ヒンディー語作品の年間興行収入5位を記録して、インドからスペインへの観光客を倍増させる大ヒットとなった。

解禁された予告編では、水色のオープンカーでスペインへの3週間の独身さよなら旅行に旅立つ3人の男たちを始めに、スカイダイビングや美しい海へのダイビングを楽しむ様子や、旅にはつきものの魅力的な女性との出会いが、旅の解放感たっぷりに描かれる。

そして、旅で出会った、自由に生きるレイラ(カトリーナ・カイフ)が、仕事とお金一辺倒な生活を送っていたアルジュン(リティク・ローシャン)の心に変化を与える様子も「俺は箱の中で生きていた」「人間が箱の中に入るのは、死んでからよ」という印象的なセリフと共に描かれる。それぞれが不自由ない生活を送りながら、悩みや葛藤を抱えた3人の男たち。結婚を目前にしたカビール(アバイ・デーオール)を束縛する婚約者の「結婚後は、こんな旅行はさせない」という不穏なセリフで幕を閉じる本予告では、彼らに、まだまだ解決されていない心の問題がある事が示唆されている。

3か月にわたるロケにより、伝統的な“トマト祭り”やフラメンコなどスペインの異国情緒満載の、ヨーロッパ映画の様な印象を持った異色のインド映画となった本作で、ひと時の解放感を味わってほしい。

イントロダクション
「友情を称える、かつてない作品」と批評家の絶賛を集め、米映画レビューサイト“ロッテン・トマト”では観客評価86%、批評家評価93%の高評価を受ける本作の監督は、2019年に『ガリーボーイ』が米・アカデミー賞外国語映画賞インド代表作品に選ばれたゾーヤー・アクタル。若き俊英監督のもと、『スーパー30 アーナンド先生の教室』のリティク・ローシャン、『チェイス!』のカトリーナ・カイフなど、日本でも公開された作品にも出演している人気俳優が集結。世界が閉塞感に満ちた数年間を取り戻す、究極の癒しムービーが遂に日本上陸する。

ストーリー
大富豪の娘との結婚を目前にしたカビール、金融ブローカーとして多忙を極めるアルジュン、皮肉屋のコピーライター、イムランの学生時代の仲良し3人組は、カビールの独身さよなら旅行として3週間のスペイン縦断の旅に出る。仕事で成功を収めて、不自由なく生きているが、それぞれが悩みや葛藤を抱えていた3人。しかし、道中の出会いや冒険が、彼らに人生の意味を問いかけ、やがて本当に大切なものを見出していく。

作品タイトル:『人生は二度とない』
出演:リティク・ローシャン『スーパー30 アーナンド先生の教室』 アバイ・デーオール ファルハーン・アクタル カトリーナ・カイフ
監督:ゾーヤー・アクタル 『ガリーボーイ』
原題:Zindagi Na Milegi Dobara/2011年/インド/ヒンディー語/シネスコ/153分
配給:SPACEBOX

公式サイト:spaceboxjapan.jp/jinsei
公式twitter:@jinsei_movie
コピーライト:(C)Eros International (C)Excel Entertainment

10月28日(金)全国順次ロードショー

関連記事:
スペインへのインド人観光客を倍増させた究極の癒しムービー『人生は二度とない』10/28公開&ポスタービジュアル解禁

↑上に戻る