【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

カンヌ国際映画祭「ある視点」審査員賞とクィア・パルム賞を受賞、パキスタン映画『ジョイランド わたしの願い』公開決定

画像1

パキスタンの新鋭サーイム・サーディク監督による長編デビュー作『ジョイランド わたしの願い』が、10月18日(金)に全国順次公開されることが決定した。

本作は、パキスタン映画として初めて出品されたカンヌ国際映画祭でプレミア上映され、「ある視点」審査員賞とクィア・パルム賞を受賞、さらにパキスタン映画として初めてアカデミー賞の最終選考に残り、2023年インディペンデント・スピリット賞外国映画賞など18賞受賞、19賞ノミネート、世界で旋風を巻き起こした話題作だ。
伝統的な価値観に縛られる若き夫婦が、そこから解放されて自分らしく自由に生きたいという願いの間で、揺れ動く姿が繊細に描かれる。

画像2

辛口批評サイト「ロッテン・トマト」でも98%(批評家スコア/6月6日時点)の支持を受け、フランスやアメリカ、イギリスなどでも大ヒットを記録。しかし本国では少数の保守系団体から「LGBTQ+や、彼らとの恋愛を美化して描いた」ことが「社会的価値観や道徳基準にそぐわない非常に不快な内容が含まれており、“品位と道徳”の規範に明らかに反する」と反発を受け、その圧力に屈した本国政府により、公開1週間前に上映禁止命令が出されるという事態に見舞われる。しかし監督や出演者らの抗議活動に加え、ノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイやパキスタン系イギリス人の俳優リズ・アーメッドらから支援の声が上がり、禁止令は撤回。逆境を乗り越えて、本国での上映が実現したことでも注目される。

映画『ジョイランド わたしの願い』は、10月18日(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

画像3

ストーリー
パキスタンで2番目の大都市、古都ラホール。保守的な中流家庭ラナ家の次男ハイダルは、現在失業中だ。家父長制の伝統を重んじる厳格な父からの「早く仕事を見つけて男児をもうけなさい」というプレッシャーを受けていた。妻のムムターズはメイクアップアーティストの仕事にやりがいを感じ、家計を支えていた。ハイダルは、就職先として紹介されたダンスシアターでトランスジェンダー女性ビバと出会い、パワフルな生き方に惹かれていく。その恋心が、夫婦とラナ家の穏やかに見えた日常に波紋を広げていく――。

第95回 米アカデミー賞国際長編映画賞 パキスタン代表 ショートリスト選出作品
第75回 カンヌ国際映画祭 「ある視点」部門審査員賞受賞 & クィア・パルム賞受賞
2023年 インディペンデント・スピリット賞 外国映画賞受賞

『ジョイランド わたしの願い』
出演:アリ・ジュネージョー、ラスティ・ファルーク、アリーナ・ハーンほか
監督・脚本:サーイム・サーディク
製作総指揮:マララ・ユスフザイ、リズ・アーメッド『サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~』ほか
英題:JOYLAND/2022年/パキスタン/パンジャーブ語、ウルドゥー語/1.33:1/ 5.1ch/127分/日本語字幕:藤井美佳
配給:セテラ・インターナショナル
(C) 2022 Joyland LLC

公式サイト:https://www.joyland-jp.com

10/18(金)より新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

目次