【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

『ジュディ 虹の彼方に』G・グローブ賞主演女優賞【ドラマ部門】レネー・ゼルウィガーがノミネート!場面写真も一挙解禁

ジュディ 虹の彼方に

ハリウッド黄金期を象徴する映画『オズの魔法使』(39)で、17歳にして一躍スターダムを駆け上がり、その波瀾万丈の人生と圧倒的なステージパフォーマンスで、伝説のミュージカル女優として知られるジュディ・ガーランド彼女が47歳の若さでこの世を去る半年前、1968年の冬に行われたロンドン公演の日々を鮮烈に描いた映画『ジュディ 虹の彼方に』が2020年3月6日(金)に公開となる。

本作は、ハリウッド黄金期を支えた伝説のミュージカル女優【ジュディ・ガーランド】が、47歳で急逝する半年前、「まるで命を燃やし尽くすようだった」と語り継がれる、ロンドン公演の日々を描く、実話を元にした感動作だ。タイトルロールを演じるのは、『シカゴ』や「ブリジット・ジョーンズの日記」シリーズで知られるレネー・ゼルウィガー。先行上映が行われた9月のトロント映画祭では、会場が異常な熱気に包まれるほどレネーが称賛を浴び、ひと足先に公開されたアメリカでも、限定公開ながら、並み居る大作と肩を並べて週末興行収入ランキングでトップ10入り。それを受けて拡大公開されるなど、世界的に熱狂が高まっている。

そして日本時間12月9日(月)PM10時より、第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネートが発表され、本作でタイトルロールを演じたレネー・ゼルウィガーが主演女優賞【ドラマ部門】にノミネートされた。併せてジュディのステージでの輝く姿、そしてその裏に隠された知られざるドラマを感じさせる場面写真が一挙解禁となった。

目次

『ジュディ 虹の彼方に』 第77回ゴールデングローブ賞ノミネーション部門

■ドラマ部門 主演女優賞(レネー・ゼルウィガー)

他の追随を許さないほどの演技力と、圧倒的なステージパフォーマンスで多くの人々を魅了したジュディを演じるため、レネーはリハーサルの更に1年前から猛特訓。ミュージカル映画も主演してきたレネーだが、歌唱力はもちろん、レネーの歌い方や話し方、仕草、パフォーマンスでの動きなど、細部まで徹底的なトレーニングを重ねた。当時のジュディとレネーの実年齢が同じという奇跡も重なり、圧巻のステージと、その裏に隠されたジュディの素顔を見事に演じ切った。

本作は世界の映画賞で26ノミネート・8受賞となり、既に賞レースを席巻する熱狂ぶりとなっているが、ゴールデン・グローブ賞で主演女優賞受賞となれば、2003年の『シカゴ』以来の16年ぶり。受賞発表は日本時間の2020年1月6日(月)となっている。

また、あわせて解禁となったのは。大きな花柄が大胆にあしらわれたものや、真っ赤なドレスなど、輝くようなステージ衣装に身を包み、生き生きとステージに立つジュディの場面写真。演じたレネーは、本作の撮影時に、「彼女の没後50年後にして、この映画に参加できたことは、本当に素晴らしいことだったわ。彼女は、こんなに多くの人たちにとって大切な存在で、世界中で世代や文化の垣根を越えて、とてもたくさんの人々の人生に影響を与えている。私たちは今でも、ジュディが人々に分け与えてくれた愛を彼女に示したいという、こんなに強い気持ちがあるの」と熱弁。全曲自ら劇中歌を歌唱する並々ならぬ気合いで挑んだ、入魂のパフォーマンスにも期待が高まる。『ジュディ 虹の彼方に』は2020年3月6日(金)全国ロードショー。

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

 

ジュディ 虹の彼方に

作品タイトル:『ジュディ 虹の彼方に』
キャスト:レネー・ゼルウィガー、フィン・ウィットロック、ルーファス・シーウェル、ジェシー・バックリー、マイケル・ガンボン ほか
監督:ルパート・グールド
脚本:トム・エッジ
原作:「End Of The Rainbow」ピーター・キルター
原題:「JUDY」
配給:ギャガ

公式サイト:gaga.ne.jp/judy
コピーライト:(C) Pathé Productions Limited and British Broadcasting Corporation 2019

2020年3月6日(金)全国ロードショー!

 

関連記事:
映画『ジュディ 虹の彼方に』レネー・ゼルウィガーが歌う「虹の彼方に」が響き渡る特報&ポスタービジュアルがついに完成!
アカデミー賞大本命!レネー・ゼルウィガー主演、伝説のミュージカル女優の実話『ジュディ 虹の彼方に』来年3/6公開決定!

目次