山田洋次監督最新作『こんにちは、母さん』吉永小百合&大泉洋が魅せる“親子の絆”に心が温まる<特報映像>解禁!

こんにちは、母さん

山田洋次監督最新作で、90本目となる映画『こんにちは、母さん』(9月1日(金)公開)の特報映像が解禁された。

『母べえ』『母と暮せば』に続く『母』3部作となる本作には、主演に吉永小百合、共演に大泉洋永野芽郁をはじめ、寺尾聰宮藤官九郎田中泯YOU枝元萌ら豪華俳優陣が集結。歳を重ねても自分らしさを忘れずにイキイキと暮らす母・福江と、仕事と家庭に悩み事が尽きない、大企業勤めの息子・昭夫。東京の下町を舞台に、“いまを生きる等身大の親子”の物語が描かれる。

解禁された特報映像には、夜空に打ち上がる大きな花火とともに、昭夫に「お前はここの2階で生まれたんだよ。お前はその花火と一緒に生まれたの」とイキイキとした様子で話す福江の姿が映し出される。昭夫を産んだ日のことをまるで昨日のことのように思い出しながら、キラキラとした表情で昭夫に語りかける福江の微笑ましい姿が印象的だ。さらに「頼むよ、母さん」(昭夫)、「しょうがない、母さんの出番だね」(福江)という親子の掛け合いが“親子の絆”を感じさせ、ラストには夕陽を照らす隅田川の美しい風景が映し出される。

また、映像には「全国のお母さん、あなたの出番です。」というメッセージも綴られ、福江と同世代の人々の背中を押すような、優しくも力強い“エール”が込められている。

今回、親子役を演じる吉永と大泉は、本作が初共演。本作の完成報告会見では、吉永は役作りのために大泉から幼少期の写真を借りたというエピソードを披露。そんな吉永について、大泉「僕との役を作ろうとしてくださっていることを知れたので、より母親のように感じられました」と撮影を振り返り、「“こんなに楽しい現場でいいのか?”と思うほど楽しくて、小百合さんと過ごした時間は素敵でした」と、思い入れ深い共演となった様子を明かしている。

映画『こんにちは、母さん』は、9月1日(金)より全国ロードショー。

ストーリー
大会社の人事部長として日々、神経をすり減らし、家では妻との離婚問題、大学生になった娘との関係に頭を悩ませる神崎昭夫(大泉洋)は、久しぶりに母・福江(吉永小百合)が暮らす東京下町の実家を訪れる。
「こんにちは、母さん」
しかし、迎えてくれた母の様子が、どうもおかしい…。
割烹着を着ていたはずの母親が、艶やかなファッションに身を包み、イキイキと生活している。
おまけに恋愛までしているようだ!
久々の実家にも自分の居場所がなく、戸惑う昭夫だったが、お節介がすぎるほどに温かい下町の住民や、これまでとは違う“母”と新たに出会い、次第に見失っていたことに気付かされてゆく。

作品タイトル:『こんにちは、母さん』
出演:吉永小百合、大泉洋、永野芽郁、寺尾聰、宮藤官九郎、田中泯、YOU、枝元萌
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、朝原雄三
原作:永井愛
上映時間:110分
企画 配給:松竹

公式サイト:https://movies.shochiku.co.jp/konnichiha-kasan/
公式Twitter:https://twitter.com/konnichihakasan
公式Instagram:https://www.instagram.com/konnichihakasan/
コピーライト:(C)2023「こんにちは、母さん」製作委員会

9月1日(金) 全国公開

関連記事:
山田洋次監督『こんにちは、母さん』に永野芽郁が出演決定&コメント到着! ―『キネマの神様』に続き2度目の山田組
主演・吉永小百合&大泉洋で贈る山田洋次監督最新作!変わらない母の愛を描く『こんにちは、母さん』来年9月公開決定

↑上に戻る