岩井俊二監督最新作『キリエのうた』でアイナ・ジ・エンドが映画初主演!松村北斗、黒木華、広瀬すずも出演決定

キリエのうた

岩井俊二監督の最新作で、アイナ・ジ・エンドが初主演を務め、松村北斗、黒木華、広瀬すずが出演する音楽映画『キリエのうた』が10月13日(金)全国公開となることが決定し、ティザービジュアルと特報が解禁された。

岩井俊二監督の作品と言えば、常に注目を集めるのが映画音楽。『スワロウテイル』『リリイ・シュシュのすべて』など、CHARAやSalyuといった歌姫たちとのコラボが、今なお新しい世代の共感を集め続けている。

そんな岩井監督最新作で、アイナ・ジ・エンドが演じるのは路上のミュージシャン。今年6月29日、人気絶頂のタイミングで解散する“楽器を持たないパンクバンド”BiSHとして活躍しながらも、ソロとしても活動の場を広げ、名だたるアーティストや著名人にもファンが多い彼女が、本作で初主演にして、自ら歌う詞と曲をも書き下ろす。

そして共に本作を彩るのは松村北斗(SixTONES)。松村は「岩井監督の作品のおかげで“映画”が好きになった!」とコメントするほどの大ファンで、元々憧れていた岩井監督に抜擢され、初出演が叶った。

さらに、『リップヴァンウィンクルの花嫁』で数奇な花嫁を演じた黒木華が物語の発端に大きく関わる女性を演じるほか、『ラストレター』で清楚な少女を演じた広瀬すずの出演も決定。ピンクの髪の妖艶な姿でどんな女性を演じるのかに期待が高まる。

企画・プロデュースを手掛けるのは、『孤狼の血』シリーズ、『シン・仮面ライダー』、『リボルバー・リリー』の紀伊宗之。

キリエのうた

今回解禁されたティザービジュアルは、口元を大胆に切り取ったもの。どんな世界で歌やキャラクターが奏でられるのか、想像を掻き立てられる。グラフィックデザインには人気アートディレクターの吉田ユニ、写真は「First Love 初恋」のメインビジュアルの撮影も担当した濱田英明が手がけ、それぞれの目線で岩井が描く世界を“切り撮り”表現している。

あわせて解禁された特報は、写真のみで広がっていくアイナ・ジ・エンド、松村北斗、黒木華、広瀬すずの朗読から始まる。まだ明らかになっていない岩井が描く“世界”がどんなものになっているのか、期待は高まるばかりだ。

作品タイトル:『キリエのうた』
出演:アイナ・ジ・エンド 松村北斗 黒木華 / 広瀬すず
原作・脚本・監督 岩井俊二
企画・プロデュース 紀伊宗之(『孤狼の血』シリーズ『シン・仮面ライダー』『リボルバーリリー』他)
制作:ロックウェルアイズ
配給:東映

公式サイト:https://kyrie-movie.com/
公式Twitter:https://twitter.com/kyrie_uta
公式Instagram:https://www.instagram.com/kyrie_uta/
コピーライト:(C)2023 Kyrie Film Band

2023年10月13日(金)全国公開

↑上に戻る