Netflix映画『刑事ジョン・ルーサー:フォールン・サン』凶悪犯も顔負けの破天荒な男、見参!スリリングな予告編解禁

刑事ジョン・ルーサー:フォールン・サン

イドリス・エルバが主演を務めるNetflix映画『刑事ジョン・ルーサー:フォールン・サン』が3月10日(金)より独占配信されることが決定し、予告編が解禁された。

本作は、2010年から5シーズンが放送されてきた大人気ドラマシリーズ「刑事ジョン・ルーサー」の最新作。ロンドンを恐怖のどん底に陥れた連続殺人犯の逮捕に向け、型破りな敏腕刑事ジョン・ルーサーが立ち上がる骨太ミステリーだ。

主人公のジョン・ルーサーは、するどい洞察力と優れた捜査能力を持つロンドン警察署の敏腕刑事。警察を欺く不気味で凶悪な殺人事件を、犯人の精神状態や行動をプロファイルしていくことで次々と解決する。しかし、犯人逮捕に燃えるあまり、違法捜査や強引な手法をとってきたルーサーは、ある時犯人を過って死なせてしまい、刑務所に収容されてしまう。そして物語は、そんなルーサーがとある連続殺人事件の存在を耳にするところから動き出す。

解禁された映像には、犯人が、かつて自分が捕え損ねた凶悪犯だと気づいたルーサーが、犯行を止めるために看守をなぎ倒し、脱獄する破天荒な姿が映し出される。同僚の刑事からは「身を隠さなければ戦術部隊に撃たれるわよ」と忠告を受けるも「嫌な予感がする」と事件を危惧し独断の捜査を止めようとしないルーサー。

一方、アンディ・サーキス(「猿の惑星」シリーズ、「スター・ウォーズ」シリーズ)演じる連続殺人犯は、「ジョン、俺はお前の目をのぞいた。興味があった…、知りたかった…、俺の心を読み取ったかを。それこそがお前という男の所以だろ?」と、ルーサーを挑発し余裕の様子。

逃亡を続けながら犯人を捜すルーサーと、それを追う警察、そしてそんな両者をあざ笑う犯人との間で、お互いの行動を先読みし合うし烈な心理戦と、それを裏切る予測不能な展開が次々と繰り広げられる。犯人逮捕のためなら電車がはしる地下鉄線路内や、人里離れた雪山などどこまでも追いかけるルーサーだが、果たして自らが捕まってしまう前にサイコパスで危険な犯人を捕らえ、因縁の事件に終止符を打つことができるのか―。

刑事ジョン・ルーサー:フォールン・サン

プライムタイム・エミー賞で3度にわたり作品賞(ミニシリーズ/テレビ映画)にノミネートされた上質なミステリーが再始動。ルーサーを演じるイドリス・エルバも同作で2012年ゴールデングローブ賞の主演男優賞(ミニシリーズ・テレビ映画部門)を受賞しており、卓越したストーリーテリングに緊張感を加える彼の名演技の再来に、ファンの期待は高まるばかりだ。

イントロダクション
その他にも、Netflixには名優揃いのミステリー作品が続々登場。アダム・サンドラージェニファー・アニストンが贈る『マーダー・ミステリー2』(3月31日配信)は、お気楽夫婦が力を合わせて事件を解決していくコメディミステリー。人気作『マーダー・ミステリー』の続編となり、私立探偵に転身したニックとオードリー夫妻が、友人の誘拐事件に挑む。

さらに、ジョン・ボイエガジェイミー・フォックステヨナ・パリスが出演する『ゼイ・クローン・タイローン ~俺たちクローン?~』(7月21日配信)は、立て続けに起こる不気味な出来事をきっかけに、意外な組み合わせの3人が極悪非道な政府の陰謀に巻き込まれていく予想外なミステリー。

続く、『REPTILE(原題)』(2023年配信)は、不動産業者が惨殺された事件の真相究明に乗り出した敏腕刑事が、その過程で自身の人生に潜む虚構を暴いていくクライムミステリーをベニチオ・デル・トロジャスティン・ティンバーレイクアリシア・シルヴァーストーンフランシス・フィッシャーらが熱演する。

刑事ジョン・ルーサー:フォールン・サン

作品タイトル:『刑事ジョン・ルーサー:フォールン・サン』

公式サイト:https://www.netflix.com/title/81280035

Netflix映画『刑事ジョン・ルーサー:フォールン・サン』3月10日(金)より独占配信

↑上に戻る