古川琴音主演のホラー映画『みなに幸あれ』予告映像&キービジュアル解禁!―2024年1月19日(金)公開

みなに幸あれ

古川琴音が主演を務めるホラー映画『みなに幸あれ』の公開日が2024年1月19日(金)に決定。予告映像とキービジュアルが解禁された。

本作は、日本で唯一のホラージャンルに絞った一般公募フィルムコンペティション「日本ホラー映画大賞」(主催:KADOKAWA)の2021年初大賞受賞作品を長編映画化。メガホンをとるのは、「日本ホラー映画大賞」にて同名タイトルの短編映画として大賞を受賞した下津優太。総合プロデュースを清水崇が手掛ける。

「誰かの不幸の上に、誰かの幸せは成り立っている」
人類の宿痾と言ってもいい根源的なテーマが根底に流れ、とある村を舞台に、この世界の特異な成り立ちに疑問を持った主人公が行動を起こすも、逆にどんどん追い込まれていく様を描き、「この世界にはある法則が存在する。それを知らないと死ぬことになる…」という得体の知れない恐怖と対峙していく―。

今回解禁となった予告映像は、孫(古川琴音)が田舎の祖父母の家へ向かう途中、道で手助けをした老婆から不可解な言葉を投げかけられるシーンから始まる。祖父母宅に着き久々の再会を喜ぶのも束の間、祖父母や近隣住民の言動に違和感を抱き始めた最中、「この人のおかげで私たちの幸せが成り立っているの」と祖母に謎の言葉を投げ掛けられる。畳み掛けるように切り取られた本編シーンは、血だらけになった主人公、目と口を縫った男、痙攣する少年、目に血を滲ませ叫びながら迫り来る家族など、次々と常軌を逸した出来事に孫が巻き込まれていく。そしてラストで見せる孫の不可解な笑顔はいったい何が起こったのか――。想像をはるかに超えた恐怖の先に炙り出される、“幸せの本質”とは―。

本作の主題歌、BASE BALL BEARの「Endless Etude (BEST WISHES TO ALL ver.)」と共に、今までに体感したことのない恐怖へと物語は加速していく―。

海外映画祭コメント

強力なストーリー、独創的なアイデア、ダークユーモア、田舎暮らしという要素が、暗いホラー映画のレシピを完璧に完成させている。
(プチョン国際ファンタスティック映画祭 最優秀アジア映画賞 受賞)

コントロールされた演出力をもつ下津優太は、Jホラーの伝統を受け継ぐにふさわしい監督である。
(Monsters Taranto Horror Film Festival最優秀監督賞 受賞)

ストーリー
看護学生の“孫”は、ひょんなことから田舎に住む祖父母に会いに行く。久しぶりの再会、家族水入らずで幸せな時間を過ごす。しかし、どこか違和感を覚える孫。祖父母の家には「何か」がいる。そしてある時から、人間の存在自体を揺るがすような根源的な恐怖が迫って来る…。

映画『みなに幸あれ』
出演:古川琴音 松大航也
原案・監督:下津優太 総合プロデュース:清水崇 脚本:角田ルミ 音楽:香田悠
主題歌:「Endless Etude (BEST WISHES TO ALL ver.)」Base Ball Bear
製作:菊池剛 五十嵐淳之 企画:工藤大丈 プロデューサー:小林剛 中林千賀子 下田桃子
助監督:毛利安孝 川松尚良 統括:古賀芳彦 撮影:岩渕隆斗 照明:中嶋裕人 録音:紙谷英司
美術:松本慎太朗 スタイリスト:上野圭助 メイク:木戸友子 CG:橘剛史
製作:KADOKAWA ムービーウォーカー PEEK A BOO
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
配給:KADOKAWA

公式サイト:https://movies.kadokawa.co.jp/minasachi/
公式Twitter:@minasachi_movie
コピーライト:(C)2023「みなに幸あれ」製作委員会

2024年1月19日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開

関連記事:
「第1回日本ホラー映画大賞」大賞受賞作『みなに幸あれ』主題歌がBase Ball Bearの書き下ろし楽曲に決定!
得体の知れない「何か」に翻弄される恐怖を描く…古川琴音主演『みなに幸あれ』特報映像解禁!松大航也の出演も決定

↑上に戻る