【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

田島列島「水は海に向かって流れる」が広瀬すず主演×前田哲監督で映画化決定!超特報映像&ティザービジュアル解禁

水は海に向かって流れる

2021年に映像化もされた「子供はわかってあげない」で漫画賞を総ナメにした田島列島の傑作漫画「水は海に向かって流れる」が映画化され、2023年6月より全国ロードショーとなることが決定し、ティザービジュアルと超特報映像が解禁された。

本作は、ある雨の日の思いがけない出会いから始まる物語。過去の出来事から心を閉ざしてしまい、どこか冷めていて、日々を淡々と過ごす26歳のOL・榊さん。「恋愛はしない」と宣言する彼女の止まっていた時間を動かすのは――。

シェアハウスに住むいつも不機嫌そうなワケありOL・榊千紗(さかき・ちさ)を演じるのは広瀬すず。数々のヒット映画、ドラマに出演し、着実にキャリアを積み重ねてきた彼女が、2023年唯一の単独主演映画で、「ここまでクールで、感情が掴みにくい役は初めて」という難役に挑む。

メガホンをとるのは、『そして、バトンは渡された』『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』などヒット作が相次ぐ前田哲。人と人との向き合う過程を優しく描き、心の揺れ動きや溢れ出る感情を丁寧に映し出した、観るものの琴線に触れる映画が誕生した。

解禁されたビジュアルには、大人の雰囲気をまといつつも心に何かを抱えているような、これまでにないクールな表情を浮かべる榊さんこと広瀬すずの姿が。前田監督「今まで見たことのない広瀬すずを見せてくれるのではないか。すずさんの表現に私たちスタッフは心が鷲掴みにされることが何度もありました。」と言わしめるほどのハマり役で、そのキャラクターの繊細さがしっかりと捉えられている。

また、超特報映像では、本作でも重要なシーンのひとつ「ある雨の日の思いがけない出会い」が切り取られている。雨と傘を開く音をはじめ、広瀬演じる榊さんの不機嫌そうな声と表情、海で美しく映し出される横顔、「俺がいなければ、この人の肩が濡れることはなかったのに」という言葉など印象的なシーンが散りばめられ、物語の行方を見届けずにはいられなくなりそうな映像となっている。

原作者・田島列島「脚本を読んだ段階ではわからなかった、音楽も合わさって生まれる映像ならではのエモさ、コレ、漫画じゃ出来ねんだよなあーと思いました。」と太鼓判を押す本作。今後の続報にも注目したい。

なお今回、広瀬すず、前田哲監督、原作者・田島列島から寄せられたコメントは以下の通り。

コメント(敬称略)

■ 榊 千紗(さかき・ちさ)役:広瀬すず
どこか冷めていて笑わない、26歳のワケありOL

お話を頂いたとき、「どうして、私なんだろう?」というのが率直な感想でした。
ここまでクールで、感情がつかみにくい役も初めてでしたが、いつか、やってみたいと思っていた役でもありました。実際に撮影に参加させて頂いて、すごく楽しかったです。
私自身も我慢するタイプなので、彼女の気持ちを理解できる部分は多くありました。
ある過去の出来事をきっかけに人に期待し過ぎず、自分の中にちゃんと信念を持ち、そして、とても優しい榊さんは年上ですが、寄り添ってあげたくなる人です。
そんな彼女が、信じたいと思える人に出会い、固く結ばれた糸がほぐれていくように変化していく様を大切に演じました。
作品の中での感情が波のように流れていったり、静かになったりする感覚が好きだなと思っていました。
人との向き合い方、その大事な部分が繊細に描かれている優しい作品です。
観る人それぞれに、感じてもらえることがきっとあると思っています。

■ 前田哲監督
田島列島さんの原作が持つ魅力溢れる独特のリズムとユーモアとキャラクターたちを、
映画としてどのように表現できるのか…。
その不安とプレッシャーは、主人公の榊千紗を広瀬すずさんが演じてくれることになり、
希望とワクワクに変わりました。
今まで見たことのない広瀬すずを見せてくれるのではないかという確信めいた思いがあったからです。
撮影現場では案の定というよりも予想を超えて、感情のヒダを繊細かつ大胆に出し切ってくれた、
すずさんの表現に私たちスタッフは心が鷲掴みにされることが何度もありました。
堰き止められていた川の流れが少しづつ解き放たれて、水が海に向かって流れていくように、
彼女の封印していた心が、寄り添ってくれる他者との交流の中で解放されていくさまは、
誰にとっても心当たりのある「自分の物語」として感じてもらえると思っています。
続報を楽しみにお待ちください。

■ 原作者 田島列島
今回映画化のお話を頂いて、主演を広瀬すずさんにオファーしてると聞き、榊さんより年下の広瀬さんですが、すげえ女優なので何の心配もなく任せられると思いましたし、というか、えっあのフィルムに愛された女優広瀬すずですか!?とイチ邦画ファンとしちゃ普通に観たい…と思いました。
出来上がった映画は…かわいかった!
色調、猫、少年少女、おじさんたち(直達父含む)のかわいさ、そして広瀬すずの美しさを堪能出来る映画となっております!
印象に残ったのはラストシーンで、脚本を読んだ段階ではわからなかった、音楽も合わさって生まれる映像ならではのエモさ、コレ、漫画じゃ出来ねんだよなあーと思いました。

水は海に向かって流れる
原作/田島列島「水は海に向かって流れる」(講談社「少年マガジンKCDX」刊)
(C)田島列島/講談社

ストーリー
「俺がいなければ、この人の肩が濡れることはなかったのに…」

高校への通学のため、叔父の家に居候することになった直達。
だが最寄りの駅に迎えにきたのは不機嫌そうな顔をする見知らぬ大人の女性、榊さんだった。
案内された家の住人は、親に黙って脱サラしたマンガ家(叔父)、女装の占い師、海外を放浪する大学教授、そしてどこか冷めていて笑わない26歳のOL榊さん…と、いずれも曲者揃い。
そこに高校1年生の直達を加えて、男女5人ひとつ屋根の下、奇妙なシェアハウス生活が始まった。
共同生活を送るうち、日々を淡々と過ごす榊さんに淡い思いを抱き始める直達だったが、
「恋愛はしない」と宣言する彼女と自分との間には思いも寄らぬ因縁が……。

目次