『ノートルダム 炎の大聖堂』大迫力のIMAX(R)予告編解禁!ジャン=ジャック・アノー監督が語る撮影エピソードも

ノートルダム 炎の大聖堂

映画『ノートルダム 炎の大聖堂』(4月7日(金)公開)のIMAX(R)予告編と、ジャン=ジャック・アノー監督が語る撮影エピソードが解禁された。

本作は、『愛人/ラマン』『セブン・イヤーズ・イン・チベット』などの映画界の巨匠、ジャン=ジャック・アノー監督の元にフランス最高峰の技術者が集い、全編IMAX(R)認証デジタルカメラで撮影。実際に大規模なセットを炎上させての撮影と、2023年のセザール賞最優秀視覚効果賞を受賞したVFXの融合により、圧倒的なリアリティと臨場感を再現、驚愕の迫真性と映像美を見せる作品だ。

2019年4月15日、ノートルダム大聖堂炎上ー。フランス・パリの街に794年前に建造された世界遺産・ノートルダム大聖堂。その大聖堂が、炎に包まれ、崩れ落ちようとしている。崩落の危機が迫る中、それでも消防士たちは大聖堂も、聖遺物も、自分たちの命も、どれも諦めない。決死の突入を試みる勇敢な消防士たちの姿…幾つもの不運が重なった中で「死者ゼロ」の奇跡を生み出した、嘘のような衝撃の真実が今、明らかになる。

膨大な資料調査とインタビューを行い、SNSで呼びかけて集めた当時の動画や写真を使用し、実際の火災の様子など紡がれる映像は驚異の再現率98%。現実とは思えないスリリングなストーリーは、最高の映像技術が融合し、本作を白熱のエンターテイメントへと昇華させた。

今回解禁されたのは、消防士たちの決死の突入からスタートするIMAX(R)予告編燃え盛り、崩れ落ちていく大聖堂。危機的状況に陥っても「生きて帰れ」と命を諦めることはない消防士たち。まるでその場に居合わせているような大迫力の予告編となっている。

本作の撮影は、実際に大聖堂の内部で撮影できたシーンとスタジオに大聖堂を模したセットを作り上げたシーンとで構成されている。ジャン=ジャック・アノー監督は「大聖堂の内部はいたる所に鉛があり、崩壊の危険性があるため立ち入り禁止のままになっていました。スタジオに複製のセットを建てました。セットに火を付ける時は何百もの調節可能なノズルから炎を出して撮影しました。身廊の大部分、螺旋階段、屋外の通路、北側翼廊の梁、それからクライマックスに登場する巨大な鐘楼の内部も、実物大のセットを作りました。つまり、火災で最もダメージを受けたノートルダム大聖堂の象徴的な部分を複製し、それらの火事の前と炎上中の姿を何としても見せたかったのです」と語る。

また監督は、【ノートルダム大聖堂の構想・彫刻・建築が行われた場所で撮ること=この映画の精神】としてフランスで撮影することにこだわっていたというが、25~30mという巨大なセットが十分入り、かつ完全に燃やされることになるこのプロジェクトに適したスタジオはひとつもなかった。そのためサン=ドニにある2つのスタジオで撮影され、ノートルダムの象徴的な尖塔とドーム型天井が崩れ落ちるシーン、初動の6人の消防士が到達する北側翼廊通路火災シーンは実物大のセットを作り撮影している。

スタジオには、ジャン=ピエール・ジュネやベルナルド・ベルトリッチ、ロマン・ポランスキーらの作品に携わってきたプロダクションデザイナー ジャン・ラバスをはじめとした、経験豊富なスタッフが揃っていた。

「まずスタジオの中のフロア全体にプロダクションオフィスを設け、スケッチ、縮尺模型、3Dモデルなどを作りました。組み立てて遊ぶ段ボールや木製のおもちゃのような、ノートルダム大聖堂と鐘楼の縮小レプリカを複数用意しました。本物の設計図に従って作ったため、一つひとつの作成に数週間かかりましたが、これがあったために早い段階からカメラアングルや役者の配置、火を付ける場所、どうやってそこまで消火用の水や様々な安全装置を運ぶか、どこに非常出口を設置するかなどを想定することができました。緻密な準備作業のおかげで、実際に大聖堂やセットで撮影する時かなりの時間を節約することができました。この緻密な制作準備の間、それぞれの作業場で家具職人、左官職人、鉄工職人、ガラス職人、画家など、情熱を持った職人たちが喜びと誇りを持って仕事に取り組んでいる姿を見てとても嬉しかったです。彼らはみな、それぞれの専門分野では真のエキスパートですが、ゴシック様式の柱やアーチ型天井を作る機会などは滅多にないため、壁や像の風合いなど、複製するためのインスピレーションを得られるようにと、セットデザインのスタッフたちを何ヵ所か本物の大聖堂に連れて行きました。また、火事の熱で溶解し、屋根から地面や消防士のヘルメットに滴り落ちる鉛を再現する正しい方法を見つけるための実験も何度か行いました。私はこのクルー全員の熱意に支えられたのです」

綿密な調査と経験豊かなスタッフたちの職人魂、そして巨匠・ジャン=ジャック・アノー監督の79歳にして衰えない映画への飽くなき熱意によって、この奇跡のような映画が誕生した。

ストーリー
2019年4月15日、ノートルダム大聖堂で大規模火災が発生。
いつものようにミサが行われていた火災当日の夜、警報器が火災の検知を知らせる。しかし、誤報だと思い込み、速やかな対応を取らない大聖堂の関係者たち。その間にも火は大聖堂の中を燃え広がっていく。消防隊が到着した頃には、大聖堂は燃え上がり、灰色の噴煙がパリの空高くまで昇っていた。
大聖堂内の消火活動は狭く複雑な通路が行く手を阻み、かけがえのないキリストの聖遺物の救出は厳重な管理があだとなり困難を極めていく…。そしてついに、マクロン大統領の許可を得て、彼らは最後の望みをかけた作戦を決断する。大聖堂の外に集まった人々が祈りを込めて歌うアヴェ・マリアが鳴り響く中、決死の突入を試みる勇敢な消防士たちの運命は―。

作品タイトル:『ノートルダム 炎の大聖堂』
出演:サミュエル・ラバルト、ジャン=ポール・ボーデス、ミカエル・チリニアン ほか
監督:ジャン=ジャック・アノー(『愛人/ラマン』『薔薇の名前』『セブン・イヤーズ・イン・チベット』)
(2021年/フランス・イタリア/110分/カラー/ビスタ/4K/5.1ch・7.1ch/フランス語/字幕翻訳:宮坂愛/字幕監修:サニー カミヤ/原題:Notre-Dame brûle)
配給:STAR CHANNEL MOVIES

公式サイト:notredame-movie.com
コピーライト:(C)2022 PATHÉ FILMS – TF1 FILMS PRODUCTION – WILDSIDE – REPÉRAGE – VENDÔME PRODUCTION
IMAX(R) is a registered trademark of IMAX Corporation.

4月7日(金)IMAX(R)他全国劇場にてロードショー

関連記事:
「死者ゼロ」の奇跡『ノートルダム 炎の大聖堂』IMAX(R)他全国の劇場にて4月公開決定!監督はジャン=ジャック・アノー

↑上に戻る