『ニューヨーク・オールド・アパートメント』来年1月12日(金)公開決定 ―貧しい移民家族に訪れた悲劇と成長の物語

ニューヨーク・オールド・アパートメント

最優秀作品賞・監督賞・女優賞等9冠を受賞し、欧米映画祭を席巻した『The Saint Of The Impossible』が『ニューヨーク・オールド・アパートメント』の邦題で2024年1月12日(金)より、新宿シネマカリテほか全国公開となることが決定し、ポスタービジュアルが解禁された。

安定した生活を夢見て、祖国ペルーを捨てNYで不法移民として暮らすデュラン一家。母ラファエラはウェイトレスをしながら二人の息子を女手一つで育て、息子たちも配達員として家計を支えるギリギリの毎日。街から疎外された自分を〈透明人間〉だと憂う二人の息子はある日、謎を秘めた美しい女性クリスティンと出会い、恋に落ちる。一方、母ラファエラも白人男性からの耳触りのいい話に誘われ飲食店を開業するのだが――。

アメリカン・ドリームを夢見る母と年頃のピュアな息子たち。そんな“大都会の弱者”である貧しい移民家族に訪れた悲劇。日陰で生きる〈何者でもなかった〉彼らが恋をして、大切な何かに気づき、はじめて〈自分〉として生きる意味を見出していく。貧しくも懸命に生きる姿を、リアルな息遣いが感じられるNYでの大胆なロケとウィットに富んだ詩的な映像美で紡ぎ出し、真の幸せとは何かを問う一作が誕生した。

そんな本作は、短編『ボン・ボヤージュ』が世界各国の42の賞を受賞し、第89回アカデミー賞短編映画賞ノミネートを果たした欧米注目の新進気鋭監督マーク・ウィルキンスの長編デビュー作。ユダヤ人移民の家族で育ち、母親が強制収容所アウシュヴィッツの生存者だったオランダ人ベストセラー作家アーノン・グランバーグの小説「De heilige Antonio」をもとに、アメリカが抱える移民問題を背景に親子の絆の物語をリアルに描きだした。

南米ペルーのオーディションで選ばれたアドリアーノ・デュランマルチェロ・デュランは実の双子で、LOS MORDOSというロックバンドで活躍しており、本作が映画デビュー作となる。母ラファエラ役には、ベルリン国際映画祭金熊賞を受賞し、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされた『悲しみのミルク』などで知られる国際派女優マガリ・ソリエル。ミステリアスな美女クリスティン役には注目の若手女優タラ・サラー。そして、ベテラン個性派俳優サイモン・ケザーなどが脇を支える。

ニューヨーク・オールド・アパートメント

作品タイトル:『ニューヨーク・オールド・アパートメント』
出演:マガリ・ソリエル、アドリアーノ・デュラン、マルチェロ・デュラン、タラ・サラー、サイモン・ケザー
監督:マーク・ウィルキンス
脚本:ラ二・レイン・フェルタム
原作:「De heilige Antonio」(アーノン・グランバーグ)
2020年/スイス/英語、スペイン語/98分/ビスタ/5.1ch/原題:The Saint Of The Impossible
配給・宣伝:百道浜ピクチャーズ

コピーライト:(C) 2020 – Dschoint Ventschr Filmproduktion / SRF Schweizer Radio und Fernsehen / blue

1/12(金)、新宿シネマカリテほか全国公開

↑上に戻る