『ピーター・パン&ウェンディ』ジュード・ロウ演じるフック船長役に森川智之、坂本真綾がウェンディの母役!日本版予告解禁

ピーター・パン&ウェンディ

“ネバーランド”を舞台にした新たな物語『ピーター・パン&ウェンディ』(4月28日(金)よりディズニープラスにて独占配信開始)の日本版声優と日本版本予告が解禁となった。

1904年にスコットランドの作家ジェームス・マシュー・バリーの戯曲および小説によって発表されて以降、映画やミュージカルそしてテーマパークのアトラクションとしても世界中で親しまれてきた「ピーター・パン」は、空を自由に飛べる少年ピーター・パンとロンドンに住む少女ウェンディら姉弟がネバーランドで冒険を繰り広げる物語。

中でも、アメリカでの公開から今年で70周年を迎えるディズニー・アニメーション『ピーター・パン』は、幼いころからその物語に惹かれたというウォルト・ディズニー渾身の一作。大人なら誰しもが一度は経験したことがある、子供の頃のかけがえのないひと時がフラッシュバックするようなワクワク、ドキドキが詰まったファンタジー作品だ。

そんな世界中の子供から大人まで幅広い世代に支持され、今なお愛されている小説と名作アニメーションが、今回新たなストーリーで実写版『ピーター・パン&ウェンディ』として鮮やかに生まれ変わる。

本作でピーター・パンの日本版声優を担当するのは、『インクレディブル・ファミリー』でダッシュ役を務めた山崎智史。ウェンディ役には学業の傍ら女優としても活躍の場を広げる東郷姫奈。そして、主人公2人の脇を固めるハリウッド・スター、ジュード・ロウ演じる極悪非道な海賊フック船長には、数々の作品でジュード・ロウの吹替えを担当してきた人気声優・森川智之。ウェンディの母メアリーを歌手としても活躍する人気声優・坂本真綾が務める。

そんな声優陣が吹替えをした日本版本予告も併せて解禁された。その映像にはピーター・パンとウェンディたちが満面の笑みでロンドンの夜空を優雅に舞うシーンが印象的に描かれ、ドキドキ、ワクワクな冒険ファンタジーの始まりを視聴者に期待させてくれる。

また、フック船長が「昔と同じだな」と語りかけると、「年寄りはこれだからね」とピーター・パンが皮肉混じりで言い返すという2人のやりとりは、ただいがみ合っているだけではない、何か腐れ縁のような深い関係だとも読み取れる。本作で明かされる、2人の過去に一体どんなドラマが待ち受けているのか注目だ。

そして、もう一人の主人公であるウェンディは弟を守るために剣を手に取り、大人である海賊たちに立ち向かう逞しい一面も。“大人になりたくない”という変わることへの葛藤を抱えながらも、ピーター・パンとの冒険を通して自分なりの成長を遂げていくウェンディの姿は、この新たな「ピーター・パン」の物語をよりドラマチックなものにしてくれそうだ。

コメント(敬称略)

▼山崎 智史:ピーター・パン役
出演が決まった時うれしかったです。吹替えもいいねって言ってもらえるようにがんばろうと意気込みました。ピーター・パンは大人になりたくないくせに、大人ぶったり背伸びしているところが矛盾してて面白い子です。クラスメートにいたとしたら、ルールや常識を無視して、迷惑だけど面白いやつという感じだと思います。
臨場感がすごい!スリリングな冒険がよりリアルに感じられました。特にピーターとフック船長の戦いのシーンは迫力満点でした。小さい子だけでなく、僕と同じ中高生世代も楽しめると思います。僕は大人になるってどういうことなのか考えました。

▼東郷 姫奈:ウェンディ役
ディズニーの作品に携わることが私の目標の一つでした。 小さい頃から、私に夢を与え続けてくれているディズニー。『ピーター・パン&ウェンディ』を観てくださった方にも、夢を届けることができたらいいなと思い、収録に臨みました。
ウェンディは、自分の芯をしっかりもった強い女の子です。喜怒哀楽を全身で表現し、間違っていると思うことは、相手に伝える。そんな自分をしっかりもった、正直なところがウェンディの魅力です。「成長する」「大人になる」ということについて深く考えさせられる、とても素敵な作品です。「ピーター・パン」という作品を小説やアニメーションで観たことがある人もない人も楽しめる作品だと思います。

▼森川 智之:フック船長役
今回ディズニーの名作「ピーター・パン」の実写映画の日本版キャストに選ばれて、とても光栄に思います。それもピーターの宿敵フックということで、大変うれしく思っております。フック船長のキャラクターは皆さんが期待しているところかと思います。スミーとの凸凹コンビやワニとのエピソード、勿論ピーターとの対決は見逃せないものです。ジュードが演じているのでただ単にヒールではすまないところも魅力的で、クール&ビューティでありながらユーモアのセンスやチャーミングなところも心憎いほど見せてくれてキャラクターの存在感を大きくしてくれています。子供はもちろんのこと大人も、家族みんな楽しめる映画「ピーター・パン&ウェンディ」をぜひお楽しみください。あなたも一緒にネバーランドに来てください!私は海賊船で待ってます!

▼坂本 真綾:メアリー(ウェンディ母)役
「ピーター・パン」の物語には幼い頃から親しんできて、大好きな作品です。今回、このような形で物語の一部になれることに、とても興奮しましたし、嬉しい気持ちでいっぱいです。昨年出産をして母になったばかりということもあり、「ピーター・パン」のお話を今回はじめて親の視点で受け取り、新しい感動がありました。寄宿学校で始まる新しい生活に不安を感じているウェンディを励ます母もまた、はじめて子供を送り出すという経験に直面して、心の中では心配や寂しさを抱えているのだとわかりました。でも子を信じ、笑顔で応援し、広い世界に羽ばたいてほしいと願っている。そんな思いを込めてウェンディに歌う子守唄の歌詞がとても素晴らしくて、心から感情移入して歌うことができました。
見る人の年齢によって、立場によっても、いろいろな解釈、感動ができる作品だと改めて実感しました。お子様にはもちろん、ずいぶん昔にネバーランドには行ったきりご無沙汰している大人のみなさんにも、この機会にぜひ再び冒険へと旅立って欲しいと思います。

ストーリー
幼いころから慣れ親しんだ家を離れることが不安な少女ウェンディが、大人になることを拒む少年ピーター・パンと出会い、弟たちや小さな妖精ティンカー・ベル、そしてピーターと一緒に不思議な世界ネバーランドへと旅立つ。そこで彼女は、邪悪な海賊の船長フックに出会い、彼女の人生を永遠に変えるスリリングで危険な冒険に乗り出していく。

作品タイトル:『ピーター・パン&ウェンディ』
出演:ジュード・ロウ、アレクサンダー・モロニー、エヴァー・アンダーソン、ヤラ・シャヒディ 他
監督:デヴィッド・ロウリー
脚本:デヴィッド・ロウリー、トビー・ハルブルックス
製作総指揮:アダム・ボルバ、トーマス・M・ハメル、トビー・ハルブルックス
製作:ジム・ウィテカー
原題:Peter Pan & Wendy

コピーライト:(C)2023 Disney Enterprises, Inc.

Disney+(ディズニープラス)で2023年4月28日(金)より独占配信

■ ディズニープラス
公式サイト:https://www.disneyplus.com/ja-jp
公式Twitter:@DisneyPlusJP
公式Instagram:@disneyplusjp
公式facebook:@DisneyPlusJP

関連記事:
『ピーター・パン&ウェンディ』新たな物語のカギを握る登場人物たちのキャラクターポスター解禁! ―4月28日(金)配信開始
ディズニー最新作『ピーター・パン&ウェンディ』場面写真解禁!ピーター・パンとフック船長の秘められた過去にも注目
ジュード・ロウ演じるフック船長の姿も『ピーター・パン&ウェンディ』予告映像到着!―4月28日(金)よりDisney+独占配信

↑上に戻る