ログイン

『クワイエット・プレイス:DAY 1』6.28日米同時公開決定!舞台は大都市ニューヨークへ… 予告編が世界同時解禁

クワイエット・プレイス:DAY 1

『クワイエット・プレイス:DAY 1(原題:A Quiet Place: Day One)』が6月28日(金)に日米同時公開されることが決定。ティザー予告編と海外版ポスターが世界同時解禁された。

突如出現した、“音”に反応しその全てに襲い掛かる“何か”。そんな謎の生命体に支配され崩壊した世界を舞台に、“沈黙”を守り生存を試みる一つの家族の姿を描いたサバイバル・ホラーシリーズ『クワイエット・プレイス』。「決して音を立ててはいけない」といういまだかつてないスリルに満ちた設定に観客たちも息を殺し、映画館から”音”が消える新現象を巻き起こし世界的大ヒットを記録。本作は、 世界が沈黙した日「DAY 1」を描く、シリーズ最新作となる。

舞台は、これまでの田舎町から一転、「音を出さないことが不可能」な大都市・ニューヨークへと移り変わり、阿鼻叫喚の群衆、そして彼らの日常が破壊されていく様子が描かれる。これまで語られてこなかった“何か”の襲来を映し出すことで、作品はディザスター映画の要素を帯び、圧倒的なスケールアップを果たしている。

公開された予告編では、1作目、2作目の名シーンを交えつつ、シリーズお馴染みの日数表記が今回は遡る形でカウントダウンしていき、「DAY 1」の文字とともに舞台は一気にニューヨークへ。本作の主人公となる女性が猫を抱えながら大通りを歩いていると、突如火球とともに謎の物体が群衆の中に降り注ぐ。予期せぬ事態に為す術もなく混乱に陥る人々、焼け落ちる橋、最後にはビルから降り注ぐ大量の“何か”の姿など、世界が瞬く間に崩壊していく様子が映し出される。舞台も“即死度”も大幅にスケールアップし、生存がより困難になった状況で、“音”を消すことが生存への唯一の道であることに、いかに気づき突破口を見出せるのか、そしてサバイバルを強いられた人類に待ち受けているものとは…。

主人公の女性役には、『それでも夜は明ける』(14)にて第86回アカデミー賞(R)助演女優賞を受賞、ホラー映画『アス』(19)では2役を演じ分けるなど、ドラマ性が高い作品からホラー映画まで幅広い演技に定評があるルピタ・ニョンゴ。彼女と共に“何か”の脅威から逃れることとなるキャラクターには世界的大人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」のシーズン4に出演し、知名度を一気に上昇させたジョセフ・クイン。その他にもシリーズ2作目『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』(21)にも登場した本シリーズのキーマン、ジャイモン・フンスーなど実力派キャストが脇を固める。

メガホンをとるのはニコラス・ケイジ主演のスリラー映画『PIG/ピッグ』(22)で注目を浴びた新鋭監督マイケル・サルノスキ。また、前2作の監督を務め、記念すべき1作目では実生活でもパートナーであるエミリー・ブラント演じる主人公の夫役として出演したジョン・クラシンスキーも本作ではプロデューサーとして製作陣に名を連ねている。

目次