Netflix映画『REBEL MOON – パート1: 炎の子』ザック・スナイダー監督らしいアクション満載の日本版本予告解禁!

2部構成となるNetflix映画『REBEL MOON – パート1: 炎の子』が12月22日(金)より、『REBEL MOON – パート2: 傷跡を刻む者』が2024年4月19日(金)よりそれぞれ独占配信される。

本作は、圧倒的映像センスで知られるザック・スナイダー監督(『ジャスティス・リーグ』『アーミー・オブ・ザ・デッド』)が20年以上構想し、黒澤明監督の名作『七人の侍』からインスパイアを受け創造した、壮大な銀河を舞台に贈る“規格外”なSFスペクタクル巨編。

この度、全てを支配する銀河の帝国“マザーワールド”にリベンジを誓うクセ者集団〈チーム・レベルズ〉結成までの熱き道のりと、〈チーム・レベルズ〉による壮大で鮮やか、そしてスピーディーな濃度MAXのアクションを描いた“パート1”の日本版本予告が解禁となった。

舞台は、軍事力・財力・政治力の全てを手にする巨大帝国“マザーワールド”が支配する銀河。ある暗い過去から逃げ、惑星の片隅の平和な村で暮らしていた、心優しい熱き戦士コラ(ソフィア・ブテラ)。しかしある日、帝国の刺客が村に現れ侵略を開始―。コラは蹂躙された村人の敵討ちのために立ち上がり、仲間集めの旅路へ向かう。

映像では、様々な惑星を巡りながら共に戦う戦士〈レベルズ〉を探すコラの姿が描かれ、壮大で圧巻の規模感が伝わってくる。同じ村の戦う農家ガンナー(ミヒウ・ハウスマン)とともにあらゆる惑星を往くコラが出会うのは、クセだらけなアウトローばかり。金でしか動かないクールな宇宙船パイロット・カイ(チャーリー・ハナム)、顔色ひとつ変えずに復讐心を燃やす二刀流使い・ネメシス(ペ・ドゥナ)、酒に溺れる荒くれ剣闘士・タイタス将軍(ジャイモン・フンスー)、巨大な獣も手懐ける野人で実は元王子タラク(スタズ・ネア)、ケンカっ早すぎる傭兵軍団、リーダーのダリアン(レイ・フィッシャー)&妹デブラ(クレオパトラ・コールマン)ら、強さは折り紙付きだが団結とは無縁なアウトローたち…。対するは冷酷非道な執行官、ノーブル提督(エド・スクライン)。人間味は一切ナシ、法と権力の権化であるノーブルが容赦なく彼らを駆逐しようと迫る。果たして団結力ゼロの寄せ集め〈チーム・レベルズ〉は、銀河から自由を奪った悪の帝国へリベンジを果たせるか―?

『300<スリーハンドレッド>』『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』など、ド派手で手に汗握るアクションに定評のあるスナイダー監督。そんな彼は映画制作を始めた大学時代にすでに、”いつか、ヤバめの奴らがチームを組む宇宙映画を作る”と公言していたといい、本作は彼が長年温めてきた渾身の力作。

スナイダー監督は、「ザック・スナイダー版『スター・ウォーズ』と評する人たちがいるだろうね。しかし同時に、この作品は全く独自の異なる体験を与えるとも信じている」と、強く自信をみなぎらせている。映像の中でも、“渾身作”だからこその世界観はもちろんのこと、彼らしさ満載の鮮やかでスピーディーなアクションシーンが連続し、そのパワフルぶりに観る者誰しもが血沸き肉躍ることは間違いない。

作品タイトル:『REBEL MOON – パート1: 炎の子』
出演:ソフィア・ブテラ、チャーリー・ハナム、ペ・ドゥナ、ジャイモン・フンスー、ミヒウ・ハウスマン、スタズ・ネア、レイ・フィッシャー、エド・スクライン、アンソニー・ホプキンス
監督・脚本・プロデューサー:ザック・スナイダー

Netflix作品ページ:https://www.netflix.com/title/81464239

Netflix映画『REBEL MOON – パート1: 炎の子』
12月22日(金)世界独占配信

関連記事:
ザック・スナイダー監督『レベル・ムーン(原題)』12/22よりNetflixで配信決定!ティザービジュアル&場面写真が解禁

↑上に戻る