ログイン

綾瀬はるか主演×森井勇佑監督のロードムービー『ルート29』30秒特報映像、ティザービジュアル解禁

画像1

綾瀬はるか主演、森井勇佑監督最新作『ルート29』(11月公開)の30秒特報映像とティザービジュアルが解禁された。

本作は、他者と必要以上のコミュニケーションを取ることのできないひとりぼっちの主人公トンボ(綾瀬はるか)が、風変わりな女の子ハル(大沢一菜)を連れて旅に出た先でのさまざまな出会い、次第に深まるハルとの絆によって、からっぽだった心に喜びや悲しみの感情が満ちていくロードムービー。

『こちらあみ子』で第27回新藤兼人賞金賞はじめ数多くの賞を受賞した森井監督が、詩人・中尾太一の「ルート29、解放」からインスピレーションを受け、映画の舞台ともなった姫路から鳥取を結ぶ一本道の国道29号線を約一ヶ月間旅をし、脚本を完成させた。

今回解禁されたのは、綾瀬演じるトンボが、大沢扮するハルに「あなたを探しとった」と告げる顔のアップのシーンからはじまる特報映像。そこからどこかに向かってひとり、美しいフォルムで走っていくトンボ。「お前は今日からトンボな」というハルのセリフで、トンボはあだ名ということがわかる。

「わたしな、ずっとひとりだった。ひとりで平気だった。でもな」というトンボのセリフに、ハルが呼びかける様々なトーンの「トンボ」のかけ声をクロスオーバーさせ、トンボのからっぽだった心が次第に満ちていくようなエモーショナルな感覚を表現。顔じゅうにテープを貼る小さないたずら、森の中の川べりでこちらに向かって手を振るハル、鳥取砂丘から海を眺める2人の小さな背中など、2人が過ごした、短くも濃密な夏の1ページがメロディアスな音楽に乗せて綴られる。

あわせて解禁されたティザービジュアルでも、「あなたを探していた」というキャッチコピーと共に風のように走り抜けるトンボの姿がクローズアップされている。

目次