『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』日本版予告篇&ポスタービジュアル&場面写真が一挙解禁! ―7月21日(金)公開

ナチスに仕掛けたチェスゲーム

世界的ベストセラーにもなったシュテファン・ツヴァイクの小説「チェスの話」を映画化した『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』(7月21日(金)公開)の予告篇、ポスタービジュアル、場面写真が解禁された。

本作は、『帰ってきたヒトラー』のオリヴァー・マスッチ主演、木村拓哉が出演し話題の海外ドラマ『THE SWARM』(Hulu独占配信)で共同監督をつとめたフィリップ・シュテルツェル監督の最新作。

今回解禁された予告篇は、冒頭、公証人であるヨーゼフ(オリヴァー・マスッチ)が、妻のアナ(ビルギット・ミニヒマイアー)とダンスをしながら優雅な夜を過ごしている姿から始まる。ところが状況は一転し、彼は秘密国家警察<ゲシュタポ>に突然拉致されてしまう。ゲシュタポのフランツ=ヨーゼフ・ベーム(アルブレヒト・シュッヘ)から、「あなたが管理してる貴族の資産を渡しなさい」と迫られ、「なんの話だかわからない」としらを切ると、そのまま“特別処理室”へと監禁されてしまうのだった。

その後、家具以外何もない一室で精神的な拷問をうけ衰退、錯乱していくが一冊のチェスの本を手に入れてから、ヨーゼフはチェスの世界へとのめり込んでいく。場面は切り替わり、船上で繰り広げられるチェスの大会にヨーゼフの姿があった。彼はどうやってナチスから逃れることができたのか。その答えが明かされる時、彼の物語はひっくり返され、もう一つの事実が立ち上がる。

あわせて解禁されたポスタービジュアルは、日本版のオリジナルデザイン。チェスの碁盤の上に、たたずむヨーゼフとゲシュタポとみられる人物の背中。まるでチェスの駒のように人物が配置された印象的な構図に「何ものにも屈したくない」というコピーが添えられ、ナチスとの心理戦へ挑んだヨーゼフの強い意志を想起させる。

また、場面写真はゲシュタポのフランツ=ヨーゼフ・ベームの姿や、船上で繰り広げられるチェス大会にくわえて、ナチスを支持する突撃隊が車をさまたげるシーン、ダンスパーティーを楽しむヨーゼフ夫妻、監禁前に暖炉で書類を燃やすヨーゼフ、神妙な面持ちで車から顔を覗かせるアナを捉えた全6点。突撃隊が車をさまたげるシーンは、実際にウィーン市庁舎の裏で撮影された映像であり、総勢180人のエキストラが参加した迫力満点のシーンとなっている。

スリルに満ちた展開から目を離せない、観る者の心をかき乱すヒューマン・サスペンス――文豪ツヴァイク最期の傑作『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』は7月21日(金)よりシネマート新宿他全国順次ロードショー。

ナチスに仕掛けたチェスゲーム
ナチスに仕掛けたチェスゲーム
ナチスに仕掛けたチェスゲーム
ナチスに仕掛けたチェスゲーム
ナチスに仕掛けたチェスゲーム
ナチスに仕掛けたチェスゲーム
ナチスに仕掛けたチェスゲーム

ストーリー
ロッテルダム港を出発し、アメリカへと向かう豪華客船。ヨーゼフは久しぶりに再会した妻と船に乗り込む。かつてウィーンで公証人を務めていたヨーゼフは、ヒトラー率いるドイツがオーストリアを併合した時にナチスに連行され、彼が管理する貴族の莫大な資産の預金番号を教えろと迫られた。それを拒絶したヨーゼフは、ホテルに監禁されるという過去を抱えていた。一方船内ではチェスの大会が開かれ、世界王者が船の乗客全員と戦っていた。船のオーナーにアドバイスを与え、引き分けまで持ち込んだヨーゼフは、彼から王者との一騎打ちを依頼される。ヨーゼフがチェスに強いのには悲しい理由があった。王者との白熱の試合の行方と共に、衝撃の真実が明かされる──

作品タイトル:『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』
出演:オリヴァー・マスッチ、アルブレヒト・シュッへ、ビルギット・ミニヒマイアー
監督:フィリップ・シュテルツェル
原案:シュテファン・ツヴァイク(「チェスの話」)
2021/ドイツ/ドイツ語/112分/カラー/5.1ch/シネマスコープ/原題:Schachnovelle/G/字幕翻訳:川岸史
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ

公式サイト:royalgame-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/kinofilmsJP
コピーライト:(C) 2021 WALKER+WORM FILM, DOR FILM, STUDIOCANAL FILM, ARD DEGETO, BAYERISCHER RUNDFUNK

7月21日(金)シネマート新宿他全国順次ロードショー

関連記事:
伝説の作家ツヴァイク最期の傑作を映画化!ヒューマン・サスペンス『ナチスに仕掛けたチェスゲーム』7/21(金)公開決定

↑上に戻る