太宰治「斜陽」執筆75周年記念作品は“恋と革命の物語”― 映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』ポスター&予告編同時解禁!

鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽

1947年に出版され“斜陽族”と流行語にもなった太宰治の名著「斜陽」執筆75周年を記念した映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』(10月28日(金)よりTOHOシネマズ甲府、シアターセントラルBe館にて先行公開、11月4日(金)よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開)の予告編&ポスターが解禁された。

今もなお若い読者を獲得し読み継がれている「斜陽」は、戦後の日本を舞台に没落貴族の娘かず子と彼女が想いを寄せる売れっ子作家との“恋と革命の物語”。

映画ではヒロインのかず子を宮本茉由、彼女が想いを寄せる売れっ子作家を安藤政信が演じ、戦後の日本を舞台に“恋と革命の物語”が綴られる。

「人間は恋と革命のために生れて来たのだ。」―「斜陽」に刻まれた太宰治の名言で幕をあける予告編は、売れっ子作家、上原(安藤政信)がヒロインのかず子(宮本茉由)にいきなり接吻する衝撃のモノクロの映像で幕を開け、「鳩のごとく素直に、蛇のごとく慧(さと)かれ、というイエスの言葉を思い出し、ある決心をした」と東京へと向かうかず子の姿が映し出される。

終戦を迎えた日本は新たな価値観で生き抜かねばならない時代を迎えていた。住み慣れた土地を離れ、激動の時代を懸命に生き抜くことを決意したかず子は、太宰自身が投影された上原に想いを寄せている。「俺には女房も子供もいるんだぜ」という男に、「私の生きがいはあなたを愛して子供を産むことなの」と応じるかず子ににじむのは、新たな価値観で生き抜くと決めた強い意志。混沌とした時代に、常識から外れ自由に生きる男と、強く真っ直ぐに生きる女が出会う“恋と革命の物語”は、どんな展開を迎えるのか。

また、映像には没落貴族の母・都貴子に水野真紀、貴族の血に抗いながら麻薬と酒に逃げ破滅していく弟・直治を奥野壮、上原行きつけの酒場の女将に萬田久子、都貴子を診察する三宅医師に柄本明と豪華な共演者の面々も映し出される。

そして、同時解禁となったポスターは、屏風と障子、畳の上には絨毯がひかれた部屋で、かず子が上原と身を寄せ合う許されぬ逢瀬をとらえている。

作品タイトル:『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』
出演:宮本茉由 / 安藤政信 水野真紀 奥野壮
田中健 細川直美 白須慶子 三上寛 柏原収史 / 萬田久子 / 柄本明
尾崎右宗 菅田俊 岡部尚 中谷太郎 緒方美穂 三木秀甫
岡元あつこ 栗原沙也加 今泉朋子 白石恭子 薗田正美 光藤えり
山村友乃 野崎小三郎 ジョナゴールド / 春風亭昇太
原作:太宰治
監督:近藤明男
脚本:白坂依志夫 増村保造 近藤明男
プロデューサー:足立喜之 市川武 今泉朋子 上村正樹 栗原隆一 山村隆昭
音楽:海沼正利
主題歌:小椋佳「ラピスラズリの涙」(作詞・作曲・歌)
撮影支援協力:青森県 山梨県 五所川原市 つがる市 弘前市 甲府市 山梨市 都留市 三鷹市
2022年/日本/日本語/カラー/アメリカンビスタ/5.1ch/109分
映倫G
配給:彩プロ

公式サイト:https://syayo.ayapro.ne.jp/
コピーライト:(C)2022 『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』製作委員会(オフィス近藤 アップサイド 実正寺 スペースT ぱあとなあ ハーモニー ライジングシネマ 山梨日日新聞社 山梨放送)

10/28(金)よりTOHOシネマズ 甲府先行公開、11/4(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国公開

関連記事:
映画『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』公開日決定&メインビジュアル解禁! ―太宰治「斜陽」執筆75周年記念作品
【レポート】太宰治の「斜陽」が宮本茉由を主演に迎え映画化!『鳩のごとく 蛇のごとく 斜陽』2022年公開決定

↑上に戻る