池松壮亮・浜辺美波・柄本佑がしんちゃんたちとの共演に感動!『クレヨンしんちゃん』×『シン・仮面ライダー』コラボ実現

シン・仮面ライダー
(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

放送から30年を超え、今や“土曜日夕方の顔”としてすっかり定着した「クレヨンしんちゃん」の3月18日(土)放送分で、『シン・仮面ライダー』(3月17日(金)夜6時より全国公開)とコラボしたエピソード「しん・仮面ライダーだゾ」が登場する。

『シン・ゴジラ』(2016年)、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(2021年)などの大ヒット作品を世に送り出してきた庵野秀明脚本・監督のもと、1971年放送開始のテレビドラマ「仮面ライダー」をベースにまったく新しいオリジナル作品として制作された『シン・仮面ライダー』

今回のコラボアニメには、主人公・本郷猛/仮面ライダーを演じた池松壮亮、ヒロイン・緑川ルリ子役の浜辺美波、一文字隼人/仮面ライダー第2号に扮する柄本佑が映画の役柄そのままに登場。しんちゃんを筆頭としたおなじみのキャラクターたちとハイテンションなやり取りを繰り広げる。

2月某日、アフレコ現場に登場した池松、浜辺、柄本は、アフレコブースの中に入ると、表情は真剣そのもの。スピーディなストーリー展開に、「難しい!」(池松)、「あせっちゃう!!」(浜辺)、「早い!!!」(柄本)と苦笑いしながらも、制作サイドから入るセリフの細やかな修正を、それぞれが台本に丁寧に書き込んでゆく。

池松が「汗かいてきた…」と言うほどに、徐々に現場は熱を帯び、「行くぞ!SHOCKER!!」という声を合わせるセリフや、「トォー!!」という仮面ライダーおなじみの掛け声も池松&柄本が息ピッタリでこなす一幕。これにはブースの外で見守るスタッフ陣も「カッコいい!」と絶賛が巻き起こった。

一方の浜辺も、緑川ルリ子をクール&勝気な性格の魅力を漂わせて体現。加えて「しんちゃんとの掛け合いは優しさも重視していました」(浜辺)と語ったように、奥行きのあるルリ子のキャラをみごとに作り上げた。

そんな今回のストーリーは、SHOCKERによって《オーグ》となってしまった園長先生とまつざか先生が、しんのすけや風間くん、マサオくんら園児を乗せたバスをジャック。そこに《雲オーグ》がやって来て、しんのすけたちを誘拐しようとするが、本郷と一文字が現れ、仮面ライダー、仮面ライダー第2号に変身し、雲オーグと対峙する。一方、ルリ子は《用意周到》に園児たちを救うべく別行動をしていて――!? はたして、しんのすけたちの運命は?という展開に。

その見どころについて、柄本が「いろんなキャラクターが一堂に会した《お祭り感》」とコメントするように、なんとアクション仮面まで登場!? しんのすけ×仮面ライダー×アクション仮面の共闘という、夢の豪華共演は見逃せない。

シン・仮面ライダー
(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

アフレコ後、やり切った満足げな表情が印象的だった池松、浜辺、柄本を出迎えたのは、なんと元気いっぱいのしんのすけ。これには、3人も一気にテンションが上がった様子。大仕事を終えた彼らを労いながらも、「オラみなみおねいさんに会いたかったゾ~」と体をスリスリ…。浜辺も「私も会いたかったよ!」と応えるなど、仲睦まじい様子を披露した。

また、しんのすけから、自分と同じ5歳の頃はどんな子どもだった?と質問されると「しんちゃんのマネをして母親に怒られた」(池松)、「引っ込み思案な子どもだった」(浜辺)、「しんちゃんの声マネをしていた」(柄本)というエピソードが明かされた。

最後は、しんのすけからレクチャーを受け、全員で「見れば~♪」とのセリフと共に体をフラダンスのようにゆらゆら…。現場は笑いに包まれ、アフレコの疲れも一気に吹き飛んだようだった。

『クレヨンしんちゃん』から大きな影響を受けてきた池松が、「まさか『クレヨンしんちゃん』にまで出演する日がくるなんて!もう二度とないであろう、《しんちゃん×仮面ライダー》の夢の共演をぜひ、お楽しみください」と自信たっぷりに語った、コラボエピソード「しん・仮面ライダーだゾ」は3月18日(土)放送。

なお、池松・浜辺・柄本のコメントは以下の通り。

コメント(敬称略)

池松壮亮(本郷 猛/仮面ライダー役)

シン・仮面ライダー
(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

――アニメ版をご覧になっての感想をお聞かせください。
とても光栄でした。《仮面ライダー》に自分がなった時も驚きでしたが、まさか『クレヨンしんちゃん』にまで出演する日がくるなんて!すごく楽しかったです。姪っ子たちに自慢したいと思います。

――アフレコをする上で意識されたことがあればお教えください。
何かを意識している暇もなく「しんちゃんと掛け合いしてる!」と思ったら、もう終わっていました(笑)。しんちゃんと柄本さんと「せーの!」で合わせて決めゼリフもやらせて頂きました。楽しかったです。

――『クレヨンしんちゃん』にまつわる思い出はございますか?
長い間、この国の子どもたちの人格形成に大いに影響を及ぼしているアニメだと思います。僕もその一人ですし、周りもみんなしんちゃんのマネをしていました。しんちゃんみたいにお尻を出して、母親に「やめなさい!」と怒られていたことをよく覚えています(笑)。いつまでも大切なことを忘れずにふざけててくれる、しんちゃんには、いつまでも子どもたちの味方でいてほしいです。

――今回の見どころや楽しみにされているファンの皆様へメッセージをお願いします。
まさかのコラボレーション!もう二度とないであろう、《しんちゃん×仮面ライダー》の夢の共演をぜひ、お楽しみください。

■ 浜辺美波(緑川ルリ子 役)

シン・仮面ライダー
(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

――アニメ版をご覧になっての感想をお聞かせください。
いろいろな『クレヨンしんちゃん』の主要なキャラクターたちとの共演がすごく嬉しかったです!なによりも、アクション仮面さんとご一緒できたのが楽しかったです。今回も、すごくカッコ良かったです!

――アフレコをする上で意識されたことがあればお教えください。
実際の『シン・仮面ライダー』の劇中では、笑ったりとかはあまりなく、もう少しクールなイメージでしたので、しんちゃんとの掛け合いは優しさも重視していました。

――『クレヨンしんちゃん』にまつわる思い出はございますか?
もちろんずっと大好きなアニメですが、最近、映画『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』を観たところなんです。子どもはもちろんなのですが、大人が観ても面白くて笑えるし、切なくて泣ける部分も満載で、エモーショナルさが本当に素晴らしかったです。それを観た後で、今回のお話を頂いたので、本当にビックリしましたし、余計に嬉しかったです!

――今回の見どころや楽しみにされているファンの皆様へメッセージをお願いします。
しんちゃんのキャラクターとライダーが、まさに大集結と言っていいと思います!豪華な回になって幸せでしたし、私自身も出来上がりが楽しみです。池松さんと柄本さんが掛け声を合わせてらっしゃる部分もカッコいいですし、私も一生懸命頑張りましたので、ぜひ楽しんでいただければ嬉しいです!!

柄本 佑(一文字隼人/仮面ライダー第2号 役)

シン・仮面ライダー
(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

――アニメ版をご覧になっての感想をお聞かせください。
『クレヨンしんちゃん』の世界に自分がいるというだけで楽しかったですね。アクション仮面の笑い声が昔からすごく好きで、今回、ご一緒できたことはなによりの宝物になりました。

――アフレコをする上で意識されたことがあればお教えください。
通常のやり取りよりも、セリフの声を張るというのは意識していました。それと展開が早いので、スピード感は重視しましたね。

――『クレヨンしんちゃん』にまつわる思い出はございますか?
幼少期に、しんちゃんの声マネをずっとしていました。声変わりと共にできなくなり、悔しい気持ちになったのを今でも覚えています。それと、しんちゃんに感化されて、ある時期までは自分のことを「オラ」って言ってたんですよ。友人と映画版を一緒に観に行って、お互いに涙を隠しながら鑑賞していたことなど、今回はいろいろと、懐かしいことを思い出させて頂けました。

――今回のの見どころや楽しみにされているファンの皆様へメッセージをお願いします。
物語の設定も、きちんと仮面ライダーの世界観にも通じていて、有り難かったです。いろんなキャラクターが一堂に会した、《お祭り感》があると思いますので、お楽しみに!

シン・仮面ライダー
(C) 臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

作品タイトル:『シン・仮面ライダー』
出演:池松壮亮 浜辺美波 柄本佑
西野七瀬/塚本晋也 手塚とおる 松尾スズキ/森山未來
原作:石ノ森章太郎
脚本・監督:庵野秀明
准監督:尾上克郎
副監督:轟木一騎
デザイン:前田真宏 山下いくと 出渕裕
衣裳デザイン:柘植伊佐夫
音楽:岩崎琢
エグゼクティブプロデューサー:白倉伸一郎
企画・プロデュース:紀伊宗之
プロデューサー:小出大樹 和田倉和利
ラインプロデューサー:森徹
アソシエイトプロデューサー:川島正規
制作:東映 シネバザール
製作:「シン・仮面ライダー」製作委員会
配給:東映

映画公式サイト:https://shin-kamen-rider.jp
映画公式Twitter:https://twitter.com/Shin_KR
コピーライト:(C)石森プロ・東映/2023「シン・仮面ライダー」製作委員会

2023年3月17日(金)18時より全国最速公開 (一部劇場を除く) 同年3月18日(土)全国公開

関連記事:
『シン・仮面ライダー』新ポスター第2弾解禁!池松壮亮演じる本郷&浜辺美波演じる緑川が描く“信頼”とは ―2023年3月公開
『シン・仮面ライダー』新ポスター解禁!第1弾は浜辺美波演じる緑川ルリ子が登場する「孤高ver.」 ―2023年3月公開
『シン・仮面ライダー』特報映像が劇場で上映開始!塚本晋也・手塚とおる・松尾スズキら新キャスト&ティザーポスター解禁
『シン・仮面ライダー』デザイン担当・前田真宏が描いた仮面ライダー第2号のイメージビジュアル解禁! ―2023年3月公開

↑上に戻る