『シック・オブ・マイセルフ』日本版オルタナティブポスター2種解禁&オリジナルグッズの発売が決定!

シック・オブ・マイセルフ

『シック・オブ・マイセルフ』(10月13日(金)公開)より、日本版オルタナティブポスターが解禁された。

現代を生きる女性たちの心を掴んだ『わたしは最悪。』が記憶に新しい北欧ノルウェー・オスロから、破滅的な自己愛を映し出した異色の“セルフラブ”ストーリーの怪作が誕生。少なからず誰もが持つ承認欲求を切り口に、何者にもなれない主人公が嘘や誇張を重ね、人に注目されるための術を追い求めるあまりに自身を見失っていく様を、シニカルにそして極端なまでにコミカルに映し出す。

カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で絶賛されると、欧米を中心に世界の映画祭を席巻。アメリカでは小規模公開に関わらずスマッシュヒットを記録し拡大上映されたことでも大きな話題を呼んだ。

脚本・監督を務めたクリストファー・ボルグリは本作が長編2作目。早くも次回作『Dream Scenario』がA24製作×ニコラス・ケイジ主演×『ミッドサマー』アリ・アスタープロデュースで製作されることが発表され話題を呼んでいる。度が過ぎ滑稽なまでの自己顕示欲を全身で体現するのはクリスティン・クヤトゥ・ソープ。現在北欧を中心に話題作への出演作が続く注目の俳優だ。

この度解禁されたビジュアルは、アーティスト・我喜屋位瑳務と、グラフィックデザイナー・大島依提亜による、日本オリジナルのオルタナティブポスター2種。

ひとつめは我喜屋がイラストレーションを描き、大島がデザインしたもの。主人公シグネの顔や頭からは薬の錠剤を持った悪魔のようなものの手や頭がにょきっと生え、左肩には恋人トーマスがアート作品に使う椅子のモチーフが添えられており、映画の世界観が凝縮されている。承認欲求を表す英語のスラングthirstyが「喉が渇いている」という意味を持つことから、額のワイングラスは空になっている。

シック・オブ・マイセルフ

ふたつめは、大島がグラフィックを手がけたもの。「自分!自分!自分!」と自我が増殖していくシグネの精神状態を見事に表現したデザインに仕上がっている。

シック・オブ・マイセルフ

我喜屋は映画について「自己愛について取材をかさねたのか。主人公のシグネの行動は過剰なほどにリアルだった。理解したうえでしか描けない心もようで、もしかして監督自身を描いているのではないかと思うほどだった」とコメントしている。ポスター2種は上映劇場および THE KLOCKWORX STOREで発売される。

さらに、オリジナルグッズの発売も決定。我喜屋のイラストレーションをバックに配置したTシャツ、大島デザインのパンフレット、アパレルショップSisterとのコラボグッズ、ステッカーなど多彩なアイテムが揃う。関連グッズは一部劇場を除く上映劇場にて公開日より発売。

シック・オブ・マイセルフ
シック・オブ・マイセルフ
シック・オブ・マイセルフ
シック・オブ・マイセルフ
シック・オブ・マイセルフ
シック・オブ・マイセルフ
シック・オブ・マイセルフ

ストーリー
シグネの人生は行き詰まっていた。長年、競争関係にあった恋人のトーマスがアーティストとして脚光を浴びると、激しい嫉妬心と焦燥感に駆られたシグネは、自身が注目される「自分らしさ」を手に入れるため、ある違法薬物に手を出す。薬の副作用で入院することとなり、恋人からの関心を勝ち取ったシグネだったが、その欲望はますますエスカレートしていき――。

作品タイトル:『シック・オブ・マイセルフ』
出演:クリスティン・クヤトゥ・ソープ、エイリック・セザー、ファニー・ベイガー
監督・脚本:クリストファー・ボルグリ
2022年|ノルウェー・スウェーデン・デンマーク・フランス|97分|COLOR|ノルウェー語・英語|原題:SYK PIKE|字幕翻訳:平井かおり
配給:クロックワークス

公式サイト:https://klockworx-v.com/sickofmyself/
公式X:@KlockworxInfo
公式Instagram:@KlockworxInfo
コピーライト:(C) Oslo Pictures / Garagefilm / Film I Väst 2022

10月13日(金)より新宿武蔵野館、渋谷ホワイトシネクイントほかロードショー

関連記事:
【応募終了】『シック・オブ・マイセルフ』10月13日(金)公開記念!ムビチケ(オンライン券)を3組6名様に☆

↑上に戻る