【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

坂口健太郎主演『サイド バイ サイド 隣にいる人』ポスタービジュアル&予告映像解禁!井口理(King Gnu)らの出演も決定

サイド バイ サイド 隣にいる人

坂口健太郎主演『サイド バイ サイド 隣にいる人』(4月14日(金)公開)のポスタービジュアルと予告映像、さらに追加キャストが解禁された。

“「サイド バイ サイド」=隣同士で/一緒に”という題名を冠された本作は、リアルとファンタジーが混在する「マジックリアリズム」が息づく物語。『世界の中心で、愛をさけぶ』(04)をはじめ、行定勲と数々の作品を作り出してきた伊藤ちひろがオリジナル脚本を書き下ろし、監督も務めた。
美術・装飾スタッフ出身である伊藤監督の感性が光る映像世界の主人公を演じる坂口は、不思議な力を持ち、傷ついた人を癒す青年・未山を柔らかな雰囲気で魅せる。

さらに、かつて起きたある事件がきっかけで、未山の前から姿を消していた元恋人・莉子を、乃木坂46からの卒業発表後初の映画出演となる齋藤飛鳥、未山と共に生活を共にしている看護師の恋人・詩織を市川実日子、未山の高校時代の後輩であり、ミュージシャンとして活動している草鹿を浅香航大。詩織の娘・美々(みみ)を磯村アメリが演じる。

今回解禁されたのは、坂口演じる主人公・未山の穏やかな表情から始まる予告映像恋人で看護師の詩織(市川実日子)とその娘・美々(磯村アメリ)と暮らす未山が、そこに存在しない“誰かの想い”が見える不思議な力で周囲の人々を癒し、穏やかに暮らす様子が描かれる。

しかし、「これ、あんたがほったからしにしてきた過去だよね」という謎の男・草鹿(浅香航大)の不穏な言葉から、空気が一変。草鹿が「保管しといてやったんだ」と言う、未山のかつての恋人・莉子(齋藤飛鳥)との再会により、彼の知られざる過去が少しずつ垣間見えていく…。

虚ろな表情の莉子が語る「あの場所に来ないことを未山くんが選択してたら、私に出会わずに済んだのに…」という意味深な台詞。莉子の存在によって紐解かれていく、未山の秘密。彼は一体、どこから来た何者なのかー?

予告映像の中で彼らの物語に寄り添うのは、シンガーソングライター・クボタカイによる主題歌「」。本作のために特別に書き下ろされたエモーショナルな一曲が、作品の切ない余韻を際立たせる。また、劇中の音楽は藤井風やiri、SIRUPなどのプロデュースを務めるYaffleが担当。人気アーティストの楽曲を多く手掛け、映画作品にも携わってきたYaffleによる音楽が、映画の世界観を更に彩る。

同時解禁されたポスタービジュアルでは、坂口演じる未山の“隣にいる人”でしか見ることのできない“横顔”、そしてどこか儚さを持った表情が印象的な仕上がりとなっている。

さらに、現在発表されているキャストに加え、茅島成美不破万作津田寛治井口理(King Gnu)の出演も明らかになった。本作の伊藤監督がメガホンを取った『ひとりぼっちじゃない』(3月10日公開)の主演を務めることで話題となっている井口だが、本作での役どころにも是非期待して欲しい。

そこに存在しない“誰かの想い”が見える不思議な力を持ち、人々を癒す青年・未山。誰も知らなかった彼の秘密が明らかになっていくとき、思いがけないラストが訪れる―。この春を彩る、切なくも美しい物語『サイド バイ サイド 隣にいる人』は4月14日(金)公開。

なお、主題歌「隣」に関してクボタカイ、伊藤監督から寄せられたコメントは以下の通り。

目次

コメント(敬称略)

■ クボタカイ
坂口健太郎さん演じる未山の心情を抜き出したような歌詞ということで、書いている間だけは未山が憑依しているような、不思議な制作体験でした。
身体中を覆い尽くす得体の知れない感情に名前が付くような、内省的な恋の歌が出来ました。
同じ「隣」を聴いても、未山、莉子、草鹿それぞれの視点で聴くと全く違う視点で受け取れるのが面白い所です。
映画本編も、生活の中の静けさや、それぞれの暮らしの事情が印象的で、見る側に余白を与える素晴らしい映画だと思います。
荒々しく静かな本曲「隣」を、映画と併せてお楽しみください。

■ 伊藤ちひろ(監督・脚本・原案)
クボタカイさんの持つ若さは輝いていて、エネルギーが指の先まで漲っているのを感じました。
『隣』の制作においては、主人公の未山が高校時代に恋人へ送った手紙をクボタさんに読んでもらい、
その手紙から感じとれるものでリリックを紡ぎ出して欲しいとお願いしました。
はじめてデモを聴いたときに湧き上がってきた感動は、それから何度もこの曲を耳にしてきた今となってもまったく褪せることがなく、わたしの心を動かし続けてくれています。
彼から繰り出される言葉は美しく強く、奥底には毒を持ったトゲがある。
彼の知性とセンスがこの作品の強度を高めてくれたこと、とてもうれしく思っています。


ストーリー
目の前に存在しない“誰かの想い”が見える青年・未山(坂口健太郎)。その不思議な力で身体の不調に悩む人や、トラウマを抱えた人を癒やし、周囲と寄り添いながら、恋人で看護師の詩織(市川実日子)とその娘・美々(磯村アメリ)と静かに暮らしていた。そんな彼はある日、自らの”隣”に謎の男(浅香航大)が見え始める。これまで体感してきたものとは異質なその想いをたどり、遠く離れた東京に行きついた未山。ミュージシャンとして活躍していたその男は、未山に対して抱えていた特別な感情を明かし、更には元恋人・莉子(齋藤飛鳥)との間に起きた”ある事件”の顛末を語る。未山は彼を介し、その事件以来一度も会うことがなかった莉子と再会。自らが“置き去りにしてきた過去”と向き合うことになる・・・。
やがて紐解かれていく、未山の秘密。彼は一体、どこから来た何者なのか―?

目次