ログイン

愛を求めて睨みつける9歳の少女『システム・クラッシャー』ポスター解禁!ニーナ・シモンの名曲が胸に響く予告篇到着

システム・クラッシャー

ベルリン国際映画祭やドイツ映画賞など世界各国で37冠に輝いた『システム・クラッシャー』(4月27日(土)公開)より、日本版ポスタービジュアルと予告篇映像が解禁された。

“システム・クラッシャー”とは、あまりに乱暴で行く先々で問題を起こし、施設を転々とする制御不能で攻撃的な子供のこと。助けることができない子供たちを指す言葉だ。本作が長編映画デビュー作となるノラ・フィングシャイト監督が、社会の何処にも居場所のなくなってしまった9歳の少女を繊細かつ強烈な描写で描く。

今回解禁となった日本版ポスターは、子供も大人も関係なく悪態をつきまくる嵐のような9歳の少女ベニーを真正面から捉えたカット。キャンディーを頬張りながらも、その罵りようときたら大人顔負け。その怒りとは裏腹な愛の渇望を訴える視線が、作品と同様に人々を射貫く一枚だ。

予告篇映像でも、中指を突き立て、まくし立てるベニーの絶叫が満載。でも本当はただ、ママと一緒にいたいだけ…。そんな願いも社会の理不尽にぶち当たるとすぐに忘れてキレ散らかしてしまう。家族もお手上げの状態で、このままではどこにも居場所が無くなってしまう。見知らぬおじさんに悪態をつくベニー、学校に行きたくないと刃物を振り回すベニー、鎮静剤を打たれ動けなくなったベニー、9歳児の過酷な現実に目を覆いたくなる映像も多数だが、それでもママを呼び続けるベニーのやまびこが切ない予告篇だ。

バックで流れるニーナ・シモンの名曲「Ain’t Got No, I Got Life」は、なにも持ちえない自分という絶望と、それでも命と自由だけはあるという不屈の希望を歌った、映画本編でも流れる屈指の名曲だ。ニーナ・シモン自身もアメリカが持っていた様々な矛盾や問題、そして自身の置かれた環境や家族や自分自身への怒りをストレートにぶつけ、一時は音楽業界からも忌避された過去を持つ伝説のアーティスト。本作の主人公ベニーと重ね合わせることで、より胸に響くことだろう。

目次