JO1×FANTASTICS『逃走中 THE MOVIE』現場レポート&メイキングカット、場面写真が到着

画像1
『逃走中 THE MOVIE』メイキングカット

JO1の川西拓実・木全翔也・金城碧海と、FANTASTICSの佐藤大樹・中島颯太・瀬口黎弥が出演する『逃走中 THE MOVIE』(7月19日(金)公開)より、撮影現場の様子とメイキングカット、場面写真が到着した。

フジテレビ系列のバラエティ番組「逃走中」を20周年という節目の年にドラマ映画化し、賞金総額1億円超、参加総数1000人の史上最大級かつ命懸けのゲームを描く本作。メインキャストの6人は、高校時代の陸上部仲間として熱い友情で結ばれていたが、とある理由によりバラバラになってしまった若者たちを演じる。監督は西浦正記

本作は2024年2月、春のような暖かさに包まれた快晴の中、クランクイン。撮影は6人が高校生の陸上部時代のシーンからスタートし、その翌日からは早速、大規模に開催される「逃走中」へそれぞれが参加する撮影へと移っていく。そんな中でも、やはりJO1とFANTASTICS、両グループメンバーの競演シーンは今作ならではの要素であり、最大の見どころの1つ。互いが心躍らせ、リスペクトを寄せ合う中で撮影が進んでいったが、実際には緊迫感溢れるシーンも多くなっていた。

その代表的なシーンが、大和(川西)と譲司(佐藤)が再会するシーン。互いに過去の出来事を引きずり、わだかまりのある中での突然の再会の場面とだけあって、監督からもハイレベルな要求が。川西から佐藤へ「なんでここに!?」と言うセリフでは、「怒りだけでなく、悲しみも含めた表情を出してほしい」。加えて、「『無視かよ』のセリフでは逆に乱暴な感じを出して欲しい」と細やかなオーダーが入る。

画像2
『逃走中 THE MOVIE』場面写真

川西は何度も自身の芝居を映像でチェックするなど、試行錯誤を繰り返しながら真摯に取り組む姿勢が印象的。一方、とある出来事が原因で突然姿を消した元部活仲間という、訳ありな役柄を演じる佐藤も「立ち姿を少し猫背にしたり、喋り方を工夫したりなど、過去と現在で別人のようになってしまった譲司を表現しようと、監督とも事前にたくさん話して取り組んだ」と語る通り、変わりはててしまった譲司を表現すべく、細部までにこだわりをもって取り組んでいた。

また、スケールの大きさも今作の注目ポイントの1つ。東京23区全域を舞台にした参加総数1000人という規模での「逃走中」ということもあり、何と「東京ドーム」での撮影を敢行。川西と佐藤は、とある場面で東京ドームの端から端までおよそ約130mを全力疾走し、二人の走りを見ていた監督・スタッフ・トレーナーからは絶賛の声が寄せられた。果たしてどんなシーンとなっているのか、期待が高まる。

画像3
『逃走中 THE MOVIE』場面写真

そのほかにも東京ドームの内外を使用し、様々な撮影を実施。撮影を終えた瀬口が「何より東京ドームっていうシチュエーションがやっぱりすごいなって思いましたし、あの場を貸し切って撮影したっていうのが今後の人生でなかなかないような体験になったなと思います」と語る通り、キャスト陣にとっても貴重な経験となったようだ。

画像4
『逃走中 THE MOVIE』場面写真
画像5
『逃走中 THE MOVIE』場面写真

その後の撮影でも、各々が試行錯誤を繰り返しながら粘り強く取り組んできたようで、瑛次郎(中島)が涙を流すシーンで中島が感情のもっていき方に苦悩していると、監督から「考える時間をあげるから気持ちの部分をまず作ったほうがよい」とアドバイスが。監督と入念に相談しつつ、10分ほどかけて気持ちを作り撮影に挑んでいた。

「逃走中」が命がけのゲームと化したあと「生贄ゲーム」を行う緊迫感あるシーンでは、キャスト・スタッフ一同張り詰めた空気の中での撮影となった。

中でも木全は、そういった緊張感あるシーンの撮影経験がなかったこともあり、積極的に監督に質問しては教わったポイントを台本へメモして、インプットする姿勢が印象的だった。さらには自主的にセリフの掛け合いを練習するなど、人一倍ベストな芝居を模索しながら取り組んでいた。

画像6
『逃走中 THE MOVIE』メイキングカット

撮影を通して監督は、セリフの表現の仕方や体の動かし方、お芝居のタイミングなどをキャストたちに事細かに説明しながら撮影を進めていた。たとえキャストが疑問に思うことがあっても、まずは本人たち自身に考えさせ答えを導き出させるための道筋を作りだしていた姿が印象的であった。

そんな監督に対して、キャスト陣も「アドバイスがすごい的確でしたし、時々一緒にふざけてくれたりすることもあって、どこか優しいお父さんのような存在でした」(木全)、「良いところはちゃんとほめてくださいますし、本当に寄り添ってくれる人だと思います」(金城)、「素直に監督のご意見を言ってくださるし、逆に自分の希望もしっかり受け止めてくださって、お互い高めあってやらせてくださった」(瀬口)と語っており、撮影を通して強固な信頼関係が築きあげられていったようだ。

画像7
『逃走中 THE MOVIE』西浦正記監督

各々が役に向き合い撮影に取り組む真摯な姿勢が見られる中、JO1、FANTASTICSメンバー間の雰囲気は非常に良く、空き時間には「写ルンです」を使用してお互いの写真を撮り合うなど、仲睦まじい様子も目撃されていた。撮影中に監督から「どんだけ仲良しなんだよ(笑)」とツッコミが入れられていたというエピソードからも、充実した撮影ぶりがうかがえる。

それぞれに異なる魅力を放ちながら活躍を続けるJO1とFANTASTICSのメンバーたち。夢の競演が実現し、彼らは一体どのような活躍と化学反応を魅せてくれるのか。「逃走中ファンの方も、逃走中をまだ知らないという方も楽しめる、スリルを味わえる作品になっています」(川西)、「観て後悔はさせません!ぜひ、逃走中の映画を楽しんでいただければと思います」(佐藤)とメンバーたちもそれぞれ自信をみなぎらせている。

『逃走中 THE MOVIE』
出演:川西拓実 中島颯太 木全翔也 金城碧海 瀬口黎弥 / 佐藤大樹
田鍋梨々花 川原瑛都 ・ 内田慈 笠原秀幸 長井短 本多力
芸能人逃走者 HIKAKIN ほか
監督:西浦正記
脚本:青塚美穂
製作:フジテレビジョン 東映 FNS27社
制作プロダクション:FCC
配給:東映
(C)2024 フジテレビジョン 東映 FNS27社

公式サイト:https://www.tosochu-movie.com/
公式X:@tosochu_movie

2024年7月19日(金)全国ロードショー

関連記事
『逃走中 THE MOVIE』JO1とFANTASTICSのメンバーが出演決定 特報映像、コメントも

↑上に戻る