重岡大毅主演『ある閉ざされた雪の山荘で』WEST.による主題歌 「FICTION」も初披露となるロング予告が解禁!

東野圭吾の長編小説を重岡大毅主演で映画化した『ある閉ざされた雪の山荘で』(2024年1月12日(金)公開)のロング予告が解禁された。

本作は、東野圭吾が1992年に発表した「ある閉ざされた雪の山荘で」の実写映画化作品。登場人物が全員役者であり、彼らが挑む新作舞台の主役の座をかけたオーディションの最終選考が、“大雪で外部との接触が断たれた山荘”という架空の密室空間で行われる設定で、書籍発売当時大きな話題となった。ところが映像化については、トリックや人物描写の複雑さから不可能と長年思われていたことに加え、東野自身も「想像もしていなかった」と語るように、今回の実写映画化の仕上がりに不安を覚えていたことを明かしている。しかし試写での鑑賞後、「それは全く杞憂でした」と言い切り、映画の完成度の高さを絶賛。原作者も「見事」と唸るサスペンス・エンターテインメントが誕生した。

主人公・久我和幸を演じるのは重岡大毅。映画単独初主演となる本作では、オーディションに参加する俳優の7人の中で唯一、異なる劇団から参加した“部外者”である久我を熱演。原作からはキャラクター性が異なる主人公を、“重岡ならでは”の表現に落とし込み、見事に演じ切った。

さらに、共演には中条あやみ岡山天音西野七瀬堀田真由戸塚純貴森川葵間宮祥太朗が名を連ねる。彼らは同じ劇団に所属する役者たちを演じ、一癖も二癖もあるキャラクターたちを好演している。そして、メガホンを執ったのは飯塚健。密室内で仕掛けられた複雑なトリック、疑心暗鬼に陥っていく登場人物たちの心情、後半にかけて怒涛の展開を見せる本作を高いクオリティで描き切り、原作者の東野にも、「トリッキーな世界観を完璧に成立させている」と言わしめた。

ロング予告は、今回のオーディションに唯一“部外者”として参加した主人公・久我が、憧れの劇団“水滸”(すいこ)のメンバーたちと出会うシーンから始まる。7人が演じるシナリオは、<大雪で閉ざされた山荘で巻き起こる殺人事件>という設定だったが、血痕を残して一人が姿を消す…。登場人物たちは、「本物の連続殺人事件なのではないのか?」と次第に疑心暗鬼に陥っていく。果たしてこれは、演技<オーディション>なのか、それとも事件<連続殺人>なのか?そして、それぞれの隠された過去が交錯してゆき、惨劇は加速してゆく。

さらに、映像ではWEST.による本作のための書き下ろし主題歌「FICTION」の楽曲も初解禁。自身のグループが手がけた楽曲に重岡は「ハラハラドキドキする感覚も楽曲にあるし、スピード感や深みもあって、この映画もそうだけど、飽きさせない音楽になっていると思います。かっこいいっす。シンプルに」と太鼓判。“単調なノンフィクションに飾られた騙し絵”“どこからどこまでフィクション?”などと本作を彷彿とさせる歌詞も印象的だが、重岡自身も「散りばめられた歌詞が、本当にこの映画とリンクする」ものになっていると本作のための楽曲であることに胸を張った。

重岡大毅 コメント

Q.今回の主題歌の楽曲イメージは?
何かこうハラハラドキドキする感覚も楽曲にあるし、スピード感だったりとか、深みもあるし。
あとやっぱ散りばめられた歌詞が、本当にこの映画とリンクするものだから。
それこそこの映画もそうだけど、飽きさせない音楽になっているなっていうのは思うかな。かっこいいっす。シンプルに。

Q.レコーディングで意識したことってありますか?
まあ、ちょっと歌ってると、自然と映画の事を思い出したけどね俺は。やっぱり自分が出演している映画だったから。
そしてWEST.として歌って、劇場で流れるんだろうなと思うと嬉しかった。

Q.楽曲披露に際しての気持ちメッセージをお願いします。
そうですね。そのメッセージは何か込めてパフォーマンスしたいなって思うから、そこは楽しみにしていただければと思います。

ある閉ざされた雪の山荘で

ストーリー
劇団に所属する役者7人に届いた、4日間の合宿で行われる最終オーディションへの招待状。新作舞台の主演を争う最終選考で彼らが“演じる”シナリオは、【大雪で閉ざされた山荘】という架空のシチュエーションで起こる連続殺人事件。出口のない密室で一人、また一人と消えていくメンバーたち。果たしてこれは、フィクションか?それとも本当の連続殺人か?彼らを待ち受ける衝撃の結末とは――

作品タイトル:『ある閉ざされた雪の山荘で』
出演:重岡大毅
中条あやみ 岡山天音 西野七瀬
堀田真由 戸塚純貴 森川葵
間宮祥太朗
原作:東野圭吾「ある閉ざされた雪の山荘で」(講談社文庫)
監督:飯塚健
脚本:加藤良太 飯塚健
音楽:海田庄吾
製作:小西啓介 島田浩一 松本智 藤島ジュリーK. 渡辺勝也 森川真行
エグゼクティブプロデューサー:小西啓介 企画プロデュース 大畑利久
プロデューサー:橋口一成 清家優輝 アソシエイトプロデューサー:関口周平 石塚清和
撮影:山崎裕典 初野一英 照明:岩切弘治 録音:反町憲人 美術:相馬直樹 装飾:西野共未 小道具:三﨑茉莉子
衣裳:白石敦子 ヘアメイク:内城千栄子 スクリプター:石川愛子 編集:森下博昭 VFXスーパーバイザー:斎藤大輔
音響効果:松浦大樹 キャスティング:杉野剛 助監督:黒田健介 制作担当:竹内哲也 後藤一郎 ラインプロデューサー:濱松洋一
制作プロダクション:ファインエンターテイメント
製作幹事・配給:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト:https://happinet-phantom.com/tozayuki/
公式Twitter:@tozayuki_movie
公式Instagram:@tozayuki_movie
公式TikTok:@tozayuki_movie
#ある閉ざされた雪の山荘で #閉ざ雪 #事件が始まる
コピーライト:(C)2024映画『ある閉ざされた雪の山荘で』製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

2024年1月12日(金) TOHO シネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

関連記事:
東野圭吾原作『ある閉ざされた雪の山荘で』2024年1月12日(金)公開決定!疑心暗鬼に陥る登場人物たちの場面写真が到着
『ある閉ざされた雪の山荘で』に中条あやみ、岡山天音、西野七瀬、堀田真由、戸塚純貴、森川葵、間宮祥太朗が参戦!
東野圭吾原作「ある閉ざされた雪の山荘で」が初の映像化!主演は重岡大毅(ジャニーズWEST)―2024年新春公開

↑上に戻る