A24ホラー史上最高興行収入を記録!『TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー』人気双子YouTuber監督の緊急来日が決定

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー

A24配給で全米大ヒットを記録したホラー映画『Talk to Me』が『TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー』の邦題に決定し、ギャガ配給で12月22日(金)より日本公開される。この度、人気YouTuberでもあり、本作の監督を務める双子のダニー&マイケル・フィリッポウ兄弟の来日が決定した。

母を亡くした女子高校生がSNSで流行りの「#90秒憑依チャレンジ」に参加し、そのスリルと快感にのめり込んでしまったことからかつてない事態に発展していく本作は、2023年のサンダンス国際映画祭で上映されるや大きな話題を呼び、アリ・アスター、ジョーダン・ピール、サム・ライミ、スティーブン・スピルバーグ、スティーブン・キングらが大絶賛。世界中の配給会社がこぞって手を挙げた中、A24が北米配給権を勝ち取り、『ミッドサマー』や『ヘレディタリー/継承』を超える“A24ホラー史上最高興行収入”を記録する大ヒットに。ロッテントマトでも95%フレッシュをたたき出し、すでに監督続投でA24製作による続編『Talk 2 Me』(原題)も決定。さらに、イギリス、フランス、シンガポール、スウェーデンでも初週トップ10入りを果たすなど注目を集めている。

今回来日が決定した監督のダニー&マイケル・フィリッポウ兄弟は、オーストラリア出身で現在30歳の人気双子YouTuber。2人のYouTubeチャンネル「RackaRacka(ラッカラッカ)」は、ブラックで尖ったコメディや、日本アニメの自家製実写版など個性的でエッジの効いた動画が高評価を集め、2015年第6回ストリーミー・アワードで国際YouTubeチャンネル賞受賞、2016年にはバラエティ誌が選んだ期待の新人に選ばれ、現在680万人のチャンネル登録者数を誇る。映画界でも本作続編に加え、すでに「ストリートファイター」の実写映画化を手掛けることも決定している。

映画のプロモーションでは初来日となるが、日本を訪れたこともあり、日本のコンテンツにも馴染みが深く、Jホラーでは『リング』(中田秀夫監督)や『回路』(黒沢清監督)が好きと語る二人。来日中の10月16日(月)には、監督たちも登壇予定の本作の試写会開催が決定。日本で初めて本作を鑑賞する観客の質問に答える予定だ。

脚本も担当しているダニーは、初めての長編映画にホラーを選んだ理由として「自分が惚れ込んだ最初のジャンルがホラーで、子どもの頃から大好きでした。でも、大人になってから、ダークなテーマを掘り下げるときに、ホラーというものがとても楽しい方法であることに気づいたんです。説教臭かったり、メッセージ性が過ぎていたり、鼻につく感じではないやり方で表現できるからです。劇場での体験という意味でも、ホラー映画はみんなで観て、みんなでリアクションするのが楽しいですよね!」と語っている。

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー

ストーリー
母を亡くした高校生のミアは、気晴らしに仲間とSNSで話題の「#90秒憑依チャレンジ」に参加してみる。ルールは簡単。呪物の「手」を握り、「トーク・トゥ・ミー」と唱えると、霊が憑依する――ただし、必ず90秒以内に「手」を離すこと。ミアたちはそのスリルと快感にのめり込み、憑依チャレンジを繰り返してハイになっていくが、仲間の1人にミアの母の霊が憑依し――。

作品タイトル:『TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー』
出演:ソフィー・ワイルド、アレクサンドラ・ジェンセン、ジョー・バード
監督:ダニー・フィリッポウ&マイケル・フィリッポウ
配給:ギャガ

公式サイト:https://gaga.ne.jp/talktome/
公式X:@talktome_231222
公式Instagram:talktome_1222
コピーライト:(C)2022 Talk To Me Holdings Pty Ltd, Adelaide Film Festival, Screen Australia

12/22(金)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

関連記事:
A24北米配給、人気双子YouTuberによる初監督作となる“リアル”ホラー映画『Talk to Me』12月公開決定!

↑上に戻る