映画『バイオレント・ナイト』の魅力をデヴィッド・ハーバーらキャスト・監督が語る特別映像解禁! ―2月3日(金)公開

バイオレント・ナイト

“サンタのおじさん”がしょぼい魔法で武装集団相手に孤軍奮闘する、聖なる夜のアクション・エンターテイメント『バイオレント・ナイト』(2月3日(金)公開)より、特別映像が解禁された。

本作は、『ブレット・トレイン』『Mr.ノーバディ』など、スタイリッシュかつド派手なアクションで、ハリウッド最先端を行く製作集団「87ノース・プロダクションズ」の最新作。

この度解禁されたのは、「ストレンジャー・シングス 未知の世界」のホッパー署長役で大ブレイクし、本作では主役のサンタクロースを演じるデヴィッド・ハーバーが「暴力的なサンタの映画だよ」とにこやかに紹介する場面から始まる特別映像

大富豪ライトストーン家の地下金庫に隠された3億ドルを強奪しようと綿密に計画し、クリスマスイブの夜実行に移す武装集団のリーダー、スクルージ役を演じるジョン・レグイザモが、「これまでのサンタとまったく違う、お荷物を背負っている」と話すように、今までのクリスマス映画で描かれてきた善良で温厚なサンタのイメージとは違い、本作のサンタは純粋無垢さを失った現実主義の子供たちからの現金のリクエストなどに心底うんざりしながら、荒んだ気持ちをアルコールで誤魔化しつつ、しぶしぶプレゼントを配り続けている。

そんなサンタがたまたま降り立った屋敷に、サンタクロースの存在を本気で信じている少女トゥルーディ(リア・ブレイディ)がいた。クリスマスプレゼントとして両親から“サンタとお話ができる”という夢のようなトランシーバーをプレゼントされた彼女は大喜びし、一家で素敵なクリスマスを過ごせるかと思いきや、「最悪のクリスマスにしてやる!」という台詞とともに待機していた武装集団の襲撃が始まってしまい、リビングに飾ってあった豪華なクリスマスツリーも乱射された銃でボロボロに――。

たまたまこの大事件に巻き込まれただけだったはずのワイルドでメタボ体形・大酒呑みのサンタが、自分の存在を心から信じ、“良い子リスト”に載っている少女トゥルーディのため、ショボい魔法とクリスマスアイテムを駆使しながら一人で武装集団に立ち向かうシーンは、ハートが痺れること間違いなし。

ハーバーが「まるで2つの映画、『ダイ・ハード』的なワナ、人質、傭兵、地下倉庫の3憶ドル…これらと『三十四丁目の奇蹟』の要素がひとつになる」と語るように、本作には名作映画のオマージュシーンも多数登場。クリスマスの要素に暴力、血しぶき、バカ騒ぎなどが加わり、ハリウッドの最先端をいく製作集団87ノース・プロダクションズならではのスタイリッシュかつ容赦ないアクションも健在だ。

荒んでしまったサンタクロースが、偶然出会った少女と心を通わすことによって暖かい気持ちを取り戻す、ハートフルな展開も見どころの本作をぜひ劇場で。

バイオレント・ナイト
バイオレント・ナイト

作品タイトル:『バイオレント・ナイト』
出演:デヴィッド・ハーバー(サンクロース)、ジョン・レグイザモ(スクルージ)、アレックス・ハッセル(ジェイソン)、アレクシス・ラウダー(リンダ)、ビヴァリー・ダンジェロ(ガートルード)
監督:トミー・ウィルコラ
脚本:パトリック・ケイシー&ジョシュ・ミラー
製作:ケリー・マコーミック、デヴィッド・リーチ、ガイ・ダネッラ
製作総指揮:マーク・S・フィッシャー
音楽:ドミニク・ルイス
提供:ユニバーサル・ピクチャーズ
配給:東宝東和

公式サイト:http://www.universalpictures.jp/micro/violentnight
公式Twitter:@universal_eiga
公式Instagram:@universal_eiga
公式Facebook:@universal.eiga
コピーライト:(C) 2022 Universal Studios. All Rights Reserved.

2月3日(金)より、全国ロードショー!

関連記事:
デヴィッド・ハーバー主演『バイオレント・ナイト』予告映像&ポスタービジュアル解禁! ―2023年2月3日(金)日本公開

↑上に戻る