小松菜奈×松田龍平『わたくしどもは。』に大竹しのぶら豪華キャスト出演!劇中音楽は野田洋次郎(RADWIMPS)が担当

わたくしどもは。

第36回東京国際映画祭(会期:2023年10月23日~11月1日)のコンペティション部門に選出された富名哲也監督小松菜奈松田龍平ダブル主演作『わたくしどもは。』(2024年公開)の追加キャストとして大竹しのぶ片岡千之助石橋静河田中泯内田也哉子森山開次辰巳満次郎の出演が解禁され、劇中の音楽を野田洋次郎(RADWIMPS)が手掛けることも明らかになった。

ベネチア国際映画祭が新鋭監督を支援するプロジェクト、Biennale College Cinema 2018-2019において、インターナショナル部門9作品のうち日本から唯一選ばれた企画であり、香港国際映画祭、昨年の東京国際映画祭などでも映画化の期待と注目を浴びていた本作。企画から5年の月日を経て、まもなく開幕を迎える東京国際映画祭で念願のワールドプレミアを迎える。

江戸時代、無宿人と呼ばれる戸籍を剥奪された人々が内地から佐渡島に連れてこられ、金山で過酷な労働を強いられた結果、多くの人が命を落とした。佐渡島を訪れた富名監督は、この金山跡地の片隅にひっそり佇む墓地、”無宿人の墓”の存在から本作の着想を得たという。

戸籍の無い人たち”無国籍者”は、遠い過去の出来事ではなく、日本そして世界的にも増加し現在問題となっている。 監督は「この社会に記録上存在していない、無宿人と無国籍者は、亡くなってもその存在は永遠に認められることがないまま、その魂は“彷徨える魂”としてこの世を漂っている。忘れ去られないためにもこれをテーマに映画を作りたかった」と語り、「この映画の物語を支えるプロットとし、佐渡金山を象徴する二つに割れた山、道遊の割戸と呼ばれる金山が大切な役割を担っている。じっと眺めていると、その割れた裂け目はあの世とこの世を繋ぐ出入口に思えたことが映画の強いインスピレーションになった」と作品に対する強い思いを述べている。

そんな本作で、記憶を失った女(小松菜奈)を助ける金山跡地の掃除婦キイ役を大竹しのぶ、ジェンダーに悩む高校生の透役を片岡千之助、謎のバスガイドのムラサキ役を石橋静河、あの世とこの世の狭間の番人をする館長役を田中泯、透の母親役を内田也哉子、爛れた男をダンサー・演出家の森山開次、そして能楽師役を重要無形文化財保持シテ方宝生流能楽師の辰巳満次郎が演じ、様々な分野から集結した表現者たちが観客を神秘の世界へと導く。
野田洋次郎が手掛ける劇中音楽にも注目したい。

わたくしどもは。

わたくしどもは。

ストーリー
舞台は佐渡島の金山跡地。倒れている女(小松菜奈)が目覚める。女には過去の記憶がない。女は、清掃員の女性キイ(大竹しのぶ)に助けられ、家に運ばれる。そこにはアカとクロという名の女の子も暮らしている。名前を思い出せない女はミドリと名付けられ、キイと一緒に清掃員として働き始める。ミドリはそこで警備員の男(松田龍平)と出会う。 男もまた名前と過去の記憶がないという。そんなミドリと男は互いに惹かれ合っていく…。

作品タイトル:『わたくしどもは。』
出演:小松菜奈 松田龍平 
大竹しのぶ 片岡千之助 石橋静河 田中泯 内田也哉子 森山開次 辰巳満次郎
田中椿 三島天瑠
監督・脚本・編集:富名哲也
音楽:野田洋次郎
企画・プロデュース:畠中美奈
製作・配給:テツヤトミナフィルム
配給協力:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト:https://watakushidomowa.com
コピーライト:(C)TETSUYA to MINA film

2024年ロードショー

関連記事:
小松菜奈×松田龍平W主演『わたくしどもは。』第36回東京国際映画祭コンペティション部門公式出品決定!公開は2024年

↑上に戻る