『ワイルド・ロード』父親役ケヴィン・ベーコンらのインタビュー・メイキング特別映像&メイキング写真解禁!

ワイルド・ロード

ラッパーのマシン・ガン・ケリーことコルソン・ベイカーと、名優ケヴィン・ベーコンが共演する映画『ワイルド・ロード』(12月2日(金)公開)より、キャスト・監督のインタビュー&メイキング特別映像と、メイキング写真が解禁された。

組織の金を奪い、長距離バスに乗り込んだフレディ。女ボス・ヴィックの執拗な追手が迫る…。停車するターミナルごとに待ち受ける罠、怪しい乗客たち、助けに来た父親の裏の顔。撃たれた傷から出血が止まらない。もう、意識が途切れる―。

主演のコルソン・ベイカーは、マシン・ガン・ケリーの名でラッパーとして活動し、2020年にリリースしたポップ・アルバムが全米1位を獲得したほか、俳優としても『囚われた国家』や「プロジェクト・パワー」等に出演、活躍の場を広げている。

そして主人公の父親役には、ハリウッドの元祖カメレオン俳優ケヴィン・ベーコン。醸し出す怪しい雰囲気は健在で、底の知れない演技を見せつける。

その他、『ウォークラフト』のトラヴィス・フィメル、『透明人間』のストーム・リード等が脇を固める。『エクスペンダブルズ2』『トゥームレイダー』等、メジャーヒット作品を世に送り出したプロデューサーたちが手掛けた本作は、観客を予測不可能な一本道へと誘う―。

今回解禁された特別映像では、ケヴィン・ベーコンが、自身が演じた役について「フレディの父親だとわかるまでは”クソ野郎”という名前だ。気に入ってるよ。映画サイトの僕のプロフィールに”クソ野郎”という名前の役を演じたと載るからね。僕の新たな功績になるね」と笑いながら冗談交じりに、ノリノリで”クソ野郎”を演じたと語っている。

監督は「アナモフィックレンズで撮影し、ワイドな映像と長焦点レンズの接近が可能だった」と技術面でのこだわりを明かし、主演のコルソン・ベイカーは「優れた映像は言語を問わずあらゆる人に語りかける。監督はそれが得意で人に訴える力があるんだ」と監督の手腕を絶賛。ケヴィンは「役者たちと一緒にいるのが好きだ。優れた人々をサポートするのなら、脇役を演じるのも楽しい」と話し、キャストや監督がお互いを認めて尊重し合う、いい雰囲気の中で作品が生み出されたことが伝わる特別映像となっている。

あわせて解禁されたメイキング写真では、フレディと父親が殴り合うシーンや、野外でスモークを焚いての大掛かりなロケ撮影の様子、そしてケヴィン・ベーコンが煙草を咥えながらカメラに笑みを見せるお茶目なオフショットなどが映されている。

『ワイルド・ロード』は明日12月2日(金)より全国ロードショー。

ワイルド・ロード
ワイルド・ロード
ワイルド・ロード

ストーリー
組織から金とコカインを盗んだフレディは、腹部に銃弾を受けながらも命からがら逃げ出し、長距離バスに乗り込む。冷酷無比な女ボスのヴィックは、裏切りを絶対に許さない。フレディと共謀した仲間たちは、次々と捕まり殺されていく。しかし、フレディには何としても逃げ切らなければいけない理由があった。それは、ひとり娘のリリーのためだった。犯罪を繰り返し、父親らしいことは何もできなかった。この金は、せめてものリリーへの償いだった。ヴィックの追手が迫る中、出血多量で意識が朦朧としていく。さらに、車内には怪しい行動を取る乗客もいる。フレディは、藁をもすがる思いで疎遠になっていた父親に助けを求めるが―。

作品タイトル:『ワイルド・ロード』
出演:コルソン・ベイカー「プロジェクト・パワー」、ストーム・リード『透明人間』、ドレア・ド・マッテオ「ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア」、トラヴィス・フィメル『ウォークラフト』
ケヴィン・ベーコン『ブラック・スキャンダル』
監督:アンドリュー・ベアード
脚本:ベン・コンウェイ
撮影:トビア・センピ
編集:ジョン・ウォルターズ
2022年/アメリカ映画/英語/97分/ビスタ/5.1ch/字幕:江﨑仁美/映倫PG12
原題:One Way/提供:ニューセレクト
配給:アルバトロス・フィルム

公式サイト:wild-road.jp
コピーライト:(C) 2022 INSPIRED CREATIONS FILM, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

12月2日(金)より、全国ロードショー

関連記事:
絶体絶命ノンストップ・アクション『ワイルド・ロード』特報映像とポスタービジュアルが解禁!―12月2日(金)公開
コルソン・ベイカー×ケヴィン・ベーコン共演!絶体絶命ノンストップ・アクション『ワイルド・ロード』12/2公開決定

↑上に戻る