東出昌大は猟銃を持ち、山へ向かった― 狩猟ドキュメンタリー映画『WILL』2024年2月公開決定!

WILL

東出昌大の狩猟ドキュメンタリー映画『WILL』が2024年2月16日(金)より渋谷シネクイント、テアトル新宿ほか全国公開が決定した。

本作は映像作家・エリザベス宮地がメガホンを取り、音楽をMOROHAが担当、狩猟する東出昌大を追いかけた1年間の記録が収められている。

なぜ俳優である東出昌大が狩猟をしているのか。彼が狩猟をして生命を頂き、生きながらえる生命とは何なのか――。本作では、根底にある気持ちの混沌、矛盾、葛藤を抱える東出昌大という一人の人間が映し出されていく中、MOROHAが発する渾身の言葉とすさまじい熱量が東出自身と重なり合い、問い続けている日々を生々しくスクリーンに映し出していく。

監督を務めた映像作家・エリザベス宮地は、BiSH、クリープハイプ、藤井風等さまざまなアーティストのドキュメンタリー、MVを手掛ける映像作家。MOROHAとは「バラ色の日々」「五文銭」「エリザベス」など数々のMVを手掛け、2017年MOROHAドキュメント映画『劇場版 其ノ灯、暮ラシ』でも監督を務めている。

本作は、宮地監督が東出の事務所退所前よりオファーをしていた企画だったが、途中で頓挫しかけるも、再度東出からの連絡で企画が再始動。宮地監督は撮影を経て「〝役者の東出がどうして狩猟をしているのか〟その答えを求め狩猟に同行したが、納得するための都合のいい言葉や理由が目の前の臓器や自然には追いつかないのを痛感した」とコメントを寄せている。

また自身も出演し、音楽を担当するのは、今年結成15周年を迎えるラップグループ・MOROHA。MOROHAのアフロと東出は長年の友人であり、本作についてアフロは「喰われながら、喰いながら 誰しもが生きている その罪深さを引き受けて人間はどのツラ下げて、どこへ向かうのか その一例を知りたかったらこれを観たらいい」とコメントを寄せている。

そして自身のドキュメンタリー作品が制作・公開される事になった俳優・東出。本作について「「生きる理由なんて思いつかなくて、死ねない理由を一つひとつ摘み上げては、掌の上で転がしながら確かめる。」そんな想いをされている方に届くように、エリザベス宮地監督はこの映画を作ったのかなと、完成した映画を拝見し思いました」とコメントを寄せている。

コメント全文(敬称略)

監督:エリザベス宮地
「子宮」
東出が発砲し、山道を走り、
獲物の解体を始めてからはじめて口にした言葉だった。
彼の右手には言葉通りのそれが握られていた。
〝役者の東出がどうして狩猟をしているのか〟
その答えを求め狩猟に同行したが、
納得するための都合のいい言葉や理由が目の前の臓器や自然には追いつかないのを痛感した。
東出と共に、答えのない旅をした1年間の記録。

エリザベス宮地監督

アフロ(MOROHA)
喰われながら、喰いながら
誰しもが生きている
その罪深さを引き受けて人間は
どのツラ下げて、どこへ向かうのか
その一例を知りたかったらこれを観たらいい

アフロ(MOROHA)

東出昌大
僕はただの被写体でした。
ですので「映画を通して伝えたいメッセージ」の様なものはありません。「生きる理由なんて思いつかなくて、死ねない理由を一つひとつ摘み上げては、掌の上で転がしながら確かめる。」
そんな想いをされている方に届くように、エリザベス宮地監督はこの映画を作ったのかなと、完成した映画を拝見し思いました。

東出昌大

作品タイトル:『WILL』
出演:東出昌大
服部文祥、阿部達也、石川竜一、GOMA、コムアイ、森達也
音楽・出演:MOROHA
監督・撮影・編集:エリザベス宮地
プロデューサー:高根順次
2024年|日本|カラー|ビスタ|140分|DCP|映倫審査区分:G
製作・配給:SPACE SHOWER FILMS

公式サイト:https://will-film.com/
公式X:@WILL_movie0216
コピーライト:(C)2024 SPACE SHOWER FILMS

2024年2月16日(金)より渋谷シネクイント、テアトル新宿ほか全国公開

↑上に戻る