福士蒼汰×松本まりかW主演『湖の女たち』本予告解禁 水中で撮影されたポスタービジュアルも到着

湖の女たち

吉田修一の小説を大森立嗣監督・脚本にて映画化した『湖の女たち』(5月17日(金)公開)の本予告とポスタービジュアルが解禁された。

第35回モスクワ国際映画祭で日本映画48年ぶりとなる審査員特別賞を獲得したほか、数々の国内賞を受賞した映画『さよなら渓谷』のタッグが実現した本作は、介護施設での殺人事件を発端にうねり出す物語。

福士蒼汰演じる濱中圭介と松本まりか演じる豊田佳代が刑事と容疑者という立場でありながら、抗えない関係に溺れ、人間の内なる欲望に目覚めるとともに、過去から隠蔽されてきた恐るべき真実を引き摺り出していく。

解禁されたポスタービジュアルは、福士と松本が演じる圭介と佳代の「理屈では説明できない抗えない力」で引き寄せられ、溺れていく関係を表現するため、実際にプールに入り水中で撮影。本作の作品性を俳優達自らが体現し、まるで湖に沈んでいくように水中に漂う姿が印象的に写し出されている。

そして、本予告は刑事の濱中圭介(福士蒼汰)と介護士の豊田佳代(松本まりか)のただならぬ場面からはじまる。佳代の絞り出すような「私がやりました」という声とともに、バッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」パルティータ第2番ニ短調に含まれる「シャコンヌ」の切り裂くような旋律が流れ出す。

圭介と伊佐美(浅野忠信)の執拗な取調べに「うちはやってないんや」と泣き叫ぶ介護士・松本(財前直見)、そして危うい関係を深めていく圭介と佳代の姿が次々と映し出される。「こんな人生望んでたんと違うよな」という圭介のセリフは、一体誰に向かって問うているのか。

一方、事件を追う週刊誌記者・池田(福地桃子)が事件の背景に旧日本軍731部隊の存在があったことを知り、佳代の働く介護施設で亡くなった100歳の老人の妻・松江(三田佳子)と対峙する様子も描かれ、「今、世界は美しいのだろうか―」と観客に問いかけるような言葉とともに静かな湖畔が映し出される。

過去から引き摺り出される事実は、どんな答えを導き出すのか。そして厳かに静まりかえった湖のほとりで、後戻りできない関係に堕ちていく圭介と佳代の行く末は……。

ストーリー
湖畔の介護施設で百歳の老人が殺された。誰が、何のために…?

事件の捜査にあたった西湖署の若手刑事・圭介とベテランの伊佐美は、施設の中から容疑者を挙げ、執拗な取り調べを行なっていく。その陰で、圭介は取り調べで出会った介護士・佳代への歪んだ支配欲を抱いていく。
一方、事件を追う週刊誌記者・池田は、この殺人事件と署が隠蔽してきたある薬害事件に関係があることを突き止めていくが、捜査の先に浮かび上がったのは過去から隠蔽されてきた恐るべき真実・・・。それは、我々の想像を超えた過去の闇を引き摺り出す―。そして、後戻りできない欲望に目覚めてしまった、刑事の男と容疑者の女の行方とは―。

『湖の女たち』
出演:福士蒼汰 松本まりか
福地桃子 近藤芳正 平田満 根岸季衣 菅原大吉
土屋希乃 北香那 大後寿々花 川面千晶 呉城久美 穂志もえか 奥野瑛太
吉岡睦雄 信太昌之 鈴木晋介 長尾卓磨 伊藤佳範 岡本智礼 泉拓磨 荒巻全紀
財前直見/三田佳子
浅野忠信
原作:吉田修一『湖の女たち』(新潮文庫刊)
監督・脚本:大森立嗣
製作幹事:東京テアトル、ヨアケ
制作プロダクション:ヨアケ
共同配給:東京テアトル、ヨアケ
(C)2024 映画「湖の女たち」製作委員会

公式サイト:thewomeninthelakes.jp
公式X:@thewomeninthelakes

5月17日(金)全国公開

関連記事:
映画『湖の女たち』福士蒼汰と松本まりかが危うい関係を深めていく… 特報映像解禁!
福士蒼汰×松本まりか『湖の女たち』ずぶ濡れで横たわる二人…事件に翻弄されていく登場人物たちを捉えた場面写真解禁!
『湖の女たち』浅野忠信・福地桃子・財前直見・三田佳子ら全キャスト解禁!公開は2024年5月に決定
福士蒼汰&松本まりかW主演『湖の女たち』超特報解禁!公開時期が2024年初夏へ変更に
福士蒼汰&松本まりかW主演、吉田修一の原作を大森立嗣監督が映画化『湖の女たち』公開決定!コメント到着

↑上に戻る