【レポート】『アントマン&ワスプ:クアントマニア』LAでのワールドプレミアに豪華キャスト&製作陣が集結!

アントマン&ワスプ:クアントマニア
左から:ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)、マイケル・ダグラス(ハンク・ピム博士役)、キャスリン・ニュートン(キャシー役)、ジョナサン・メジャース(カーン役)、ポール・ラッド(アントマン役)、エヴァンジェリン・リリー(ワスプ役)ミシェル・ファイファー(ジャネット役)、ペイトン・リード監督、ヴィクトリア・アロンソ(プロデューサー)、スティーヴン・ブルサード(プロデューサー)

マーベル・スタジオ最新作『アントマン&ワスプ:クアントマニア』(2月17日(金)公開)の豪華キャスト・スタッフ陣が集結するワールドプレミアが日本時間:2月7日(火)、アメリカ・ロサンゼルスのリージェンシー・ヴィレッジ・シアターにて開催された。

『アントマン&ワスプ:クアントマニア』ワールドプレミア 概要

登壇者:ポール・ラッド(アントマン/スコット役)、エヴァンジェリン・リリー(ワスプ/ホープ役)、マイケル・ダグラス(ピム博士役)、ミシェル・ファイファー(ジャネット役)、ジョナサン・メジャース(カーン役)、キャサリン・ニュートン(キャシー役)、ビル・マーレイ(クライラー卿役)、ペイトン・リード(監督)、ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)
場所:リージェンシー・ヴィレッジ・シアター(L.A. ウェストウッド)

本作の舞台となる量子世界の壮大かつ何が起こるか分からない未知数な世界観を彷彿とさせる装飾の会場に、アントマンやワスプをはじめ、カーンのコスプレをしてゲストの登場を今か今かと待ちわびる大勢のファンたちに現地の熱狂ぶりが窺える。

レッドカーペットには、サイズを自由に変えて戦う、アベンジャーズ最小のヒーローにして本作の主人公アントマン/スコット役のポール・ラッド、アントマンの頼れる相棒として脅威に立ち向かうワスプ/ホープ役のエヴァンジェリン・リリー、マーベル史上最凶の敵としてアントマンたちを立ちふさがるカーン役のジョナサン・メジャース、さらにスコットの愛娘であり、時間や空間の概念を超越した“量子世界”を監視する装置を作り、大騒動を起こしてしまうキャシー役のキャサリン・ニュートンに加え、マイケル・ダグラスミシェル・ファイファービル・マーレイら豪華キャスト陣に加え、過去2作の『アントマン』シリーズも手掛けているペイトン・リード監督、マーベル・スタジオの社長ケヴィン・ファイギらが登場。

他にも、日本語版吹替声優の発表で異例ともいえる“出番なし”で話題となったウー捜査官役のランドール・パーク(日本語版声優:宮川大輔)や『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』にて初登場し、原作コミックではアイアンマンの後継者とされるアイアンハート/リリを演じたドミニク・ソーン、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』にて初登場となったアメリカ・チャベス役のソーチー・ゴメス、ディズニープラスにて配信中の「シー・ハルク:ザ・アトーニー」にてシー・ハルク/ジェニファーの親友であるニッキ役のジンジャー・ゴンザーガらがスペシャルゲストとして登場するなど、ファンたちを大いに沸かせた。

本作は身長わずか1.5cmの最小ヒーロー、アントマンとワスプが<量子世界>に導く装置を生み出した娘キャシー達とともに、ミクロより小さな世界へ引きずり込まれてしまうところから始まる。そこで待ち受けていたのは、過去、現在、未来すべての時を操る能力を持つ、マーベル史上最凶の敵、征服者カーン。彼がこの世界から解き放たれたら、全人類に恐るべき危機が迫る…。

ペイトン・リード監督は、「ついに幕開けだ。アントマンとワスプは、マーベル史上最凶のヴィラン、征服者カーンと対決することになるんだ。だから、わくわくしているんだ」と初お披露目となる今の気持ちを興奮気味にコメント。アントマンは世界で最も人気のあるスーパーヒーローの1人だが、日本の中で好きなキャラクターはいるか、そしてアベンジャーズに参加することはできるか問われると「やっぱりゴジラかな!メカゴジラはその次かな?(アベンジャーズへの)参加はもちろん大賛成だよ!」とゴジラ×アベンジャーズという夢のコラボレーションについて言及した。

また、ポール・ラッドは「アントマンの最初の2本の映画は、「家族」というもの、親と子供との関係というものに焦点を大きく当てましたが、それは本作でもまったく変わりません。ただ、本作では状況が少しばかり途方もなく大変にはなっていますが。テーマは変わりません。」と『アントマン』シリーズで描かれている“核”の部分について触れた。

さらに「マーベルのようなファンを持っているものは他にありません。ここに入る時にコスプレをしているファンを実に多く目にしましたが、それがアベンジャーズのコスプレばかりでなく、少しマニアックなものまでありました。ファンのアントマンに対する深い愛情を見せつけられて嬉しいです。本作を見て楽しんで貰って、今後新しいアベンジャーズで起こることにワクワクしてもらえたらさらに嬉しいよ!」とファンへの感謝を語った。

エヴァンジェリン・リリーは、「ワスプのコスプレをしているファンを見るのは、いつだってステキなことです。特に、小さい方たちがね、彼らが一番かわいい!本作では特に、観客のみなさんに、カーンに会ってもらえることと、また本作で素晴らしい活躍をするジャネット・ヴァン・ダインのことをより深く知ってもらえること、そして目を見張る量子世界を見て貰えることが嬉しいですね。」とポール同様に会場のファンたちのコスプレに喜びを露わにしながら、本作の注目ポイントを語ってくれた。

ジョナサン・メジャースは「なるべく冷静にいようとしているのだけれど、すごく興奮しているよ。ぼくの家族とチームも会場に来ているし、カーンが正式にお披露目にもなったし、お祝いだね。コスプレ?最高だよ!自分が演じている役が、人々の心に深く届いているのを見るのは嬉しいことだよ。彼らはまだ本作を見てもいないのに!」とマーベル史上最凶の敵カーンの全貌が全世界に明らかになることに興奮している様子。また新キャラクターにも関わらず、コスプレをしてくれているファンの多さに驚いていた。

マイケル・ダグラスは、キャスト含む現場チームについて「とても素晴らしい集団だよ。一緒に映画をつくっているチーム全員がいい友だち、という感じで仕事をできるのは、いつだって嬉しいよね。ポールが、素晴らしい雰囲気を他の全員のために整えてくれて、楽しく素晴らしい撮影になったよ。」と振り返り、作品の完成度に太鼓判を押した。

キャサリン・ニュートンは、「観客のみなさんにカーンに出会って貰えることに、ワクワクしています。私自身、撮影セットでカーンを演じるジョナサン・メジャースに初めて会った時には、恐ろしくて肝を冷やしました。また、キャシー・ラングに会っていただけることにも、緊張はありますが、ワクワクしています、私は彼女というキャラクターにすごく親近感を感じていますので、観客の皆さんが彼女のことを気に入って頂けると嬉しいですね。」と新キャラクターカーンの存在感と自身が演じたキャシーについてコメント。カーンはもちろんのこと、スコットとともに親子で活躍するキャシーにも注目したい。

プロデューサーのスティーブン・ブラサードは「アベンジャーズの新作は、『ザ・カーン・ダイナスティ(原題)』というタイトルで発表しています。そして、カーンがこの映画に登場することもすでにみなさんご存知だと思います。マーベル・シネマティック・ユニバースの未来はこの映画にかかっていると言えるでしょう。今後のすべてにとって、とても重要なのです。そして、それは本作のクレジットが回ってきたときに明らかになると思います。」と本作のマーベルシリーズにおける位置づけを日本のファンだけに教えてくれた。

また、カーンが過去にアベンジャーズを倒したという噂が世界中で話題になっていることについて「そうなんです。彼は「お前はアベンジャーズだ。前に殺したことがあるか?」と、とても興味深い言葉を言います。それが何を意味するのか…明らかになるはずです。しかしまたいくつかの興味深い伏線が出てきますが、それもすべてが本作で明らかにはなりません。新たなアベンジャーズの始まりに過ぎないのです。」と、噂は本当だとした上で本作で新たな謎が数多く出てくることを示唆した。

そしてケヴィン・ファイギは、作品を待ち望む全世界のファンに向けて「本作は単にひとつの新しいストーリーであるのでなく、途切れなく続くひとつの「家族」のストーリーであると言うところも魅力です。他のどの映画と比べてもね。スコット・ラング、ホープ、そしてキャシー、複数の父子関係が描かれて、それは見ていて温かくなるものですが、本作ではそんな彼らを量子世界に突き落とします。本作ではカーンが登場しますが、これは私たちが何年も待ちに待っていたことです。ディズニープラスの『ロキ』のシーズン最終話でカーンの別バージョンを同じくジョナサン・メジャースが演じて少しだけその姿を垣間見ることが出来ましたが、本作『クアントマニア』においてジョナサン・メジャースは鮮烈的なデビューをしますので、観客の皆さんに早く観てもらいたいです!」と熱いコメントを寄せた。

新たなアベンジャーズの始まりの物語となる本作。アベンジャーズ史上“最小”ヒーローが想像を絶する量子世界を舞台に繰り広げる、人類の常識を覆すアクション超大作が遂に始動する。『アントマン&ワスプ:クアントマニア』は2月17日(金)全国劇場公開。

アントマン&ワスプ:クアントマニア
ポール・ラッド、エヴァンジェリン・リリー
アントマン&ワスプ:クアントマニア
ジョナサン・メジャース、ポール・ラッド

ストーリー
新たな「アベンジャーズ」へ続く物語が、ついに始動。身長わずか1.5cmの最小ヒーロー、アントマンとワスプは、<量子世界>に導く装置を生み出した娘キャシー達とともに、ミクロより小さな世界へ引きずり込まれてしまう。そこで待ち受けていたのは、過去、現在、未来すべての時を操る能力を持つ、マーベル史上最凶の敵、征服者カーン。彼がこの世界から解き放たれたら、全人類に恐るべき危機が迫る…。アベンジャーズで最も”普通すぎる男”アントマンが、マーベル史上最大の脅威に挑むアクション超大作。

作品タイトル:『アントマン&ワスプ:クアントマニア』
出演:ポール・ラッド/エヴァンジェリン・リリー/マイケル・ダグラス/ミシェル・ファイファー/ジョナサン・メジャース/キャスリン・ニュートン/ビル・マーレイ 他
監督:ペイトン・リード
製作:ケヴィン・ファイギ
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/antman-wasp-qm
コピーライト:(c)Marvel Studios 2023

2月17日(金)全国劇場公開

関連記事:
【プレゼント】『アントマン&ワスプ:クアントマニア』ステッカー&キーチェーン&ノートをセットで5名様に☆
『アントマン&ワスプ:クアントマニア』日本語版声優、木内秀信&内田有紀らの続投決定!中村和正、高橋李依が新たに参戦
『アントマン&ワスプ:クアントマニア』全11バージョンの上映形式が決定&ラージフォーマット版ポスター解禁!
映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』物語の鍵を握る6人のキャラクターポスターが解禁! ―2月17日(金)日本公開
映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』物語の鍵を握る6人のキャラクターポスターが解禁! ―2月17日(金)日本公開
映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』マーベル史上最凶の敵カーン登場!本予告&最新ポスターが全世界解禁
映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』史上最小ヒーローの最大の活躍を振り返るスペシャル映像解禁!
映画『アントマン&ワスプ:クアントマニア』邦題&日本公開が来年2/17に決定!特報&US版ティザーポスターが全世界解禁

↑上に戻る