【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

『怪盗グルーのミニオン超変身』笑福亭鶴瓶、片岡愛之助、山田杏奈ら登壇の日本語吹替版キャスト報告会を実施

画像1

シリーズ最新作『怪盗グルーのミニオン超変身』(7月19日(金)公開)の日本語吹替版キャスト報告会が6月10日(月)にザ・リッツ・カールトン東京で実施され、“超”吹替キャストが一堂に集結した。

始めに、主人公の怪盗グルー役の笑福亭鶴瓶は「7年も経ってたらもう最初のことは忘れてしまいました(笑)最新作まで長いことかかったんですがようやくここまで漕ぎつけて、久々なので嬉しいです。ぜひよろしくお願いします」と挨拶。

画像2

グルーの宿敵で最強のライバル・マキシム役の片岡愛之助は、マキシムと同様に丸いサングラスを着用して登壇し「お忙しいなかこんなに沢山の方にお集まりいただきありがとうございます。鶴瓶さんが演じるグルーと高校の同級生という設定と聞いて最初はびっくりしましたが(笑)今回マキシムを鶴瓶さんの足を引っ張らないように全力で務めさせていただきました」とコメント。

画像3

大悪党に憧れる中学生・ポピー役の山田杏奈は「吹替声優初挑戦だったのですごく緊張していたのですが、こうやって今日皆さんと同じステージに立てて、シリーズの一員になれてすごく嬉しいです」、グルー家の三女・アグネス役の児玉すみれは「今日はお客さんがいっぱいいるのでとってもドキドキしています。よろしくお願いします」と心境を語った。

画像4
画像5

ポピーの父親ペリー役の三木眞一郎は「このような人気のあるシリーズの作品に参加させていただき、ドキドキしながらこの場に立っています。今日はよろしくお願いします」、そしてポピーの母親パッツィ役の小林ゆうは「ミニオンさんの素敵な作品の中に参加させていただけて本当に幸せで感謝しております。素敵な皆さまと一緒に楽しいお時間になるように私も頑張りますので、どうぞよろしくお願いします」とそれぞれに挨拶した。

画像6
画像7

怪盗グルー役を14年間続けている鶴瓶は、最新作の収録について「監督の演出が厳しくて、途中でもう無理やって言ってしまいました(笑)グルーのあの表情に感情を乗せるのが難しいし、大変でしたが何とかやり遂げました。シリーズの続編は嬉しいし、今回の作品本当に面白いですよ」とコメント。

画像8

続けて片岡は、「あんまり慣れてないので緊張しましたが、演じていて楽しかったです」と語り、ポピー役の山田はポピーについて「10代ならではのやんちゃな感じと、素直な一面もありグルーと一緒に行動することが多くて、クセが強いながらも可愛らしい部分がある女の子です」とその魅力をアピールした。

画像9

本作より三女アグネス役に大抜擢された児玉は、初挑戦となった吹替の役作りや収録について「声のお仕事は初めてでどうやって声を出したら良いのか分からなかったので、ミニオンを100回ぐらい見て勉強しました。実際の収録は練習したことを頑張ったんですけど、ヘッドホンが大きすぎてずるずる落ちてきてしまったのでタオルをぐるぐる巻きにして収録しました」と微笑ましいエピソードを披露。

続いて、三木、小林はビックタイトルへの参加に緊張したと吐露。娘ポピー役の山田は両親について「お父さんもお母さんもキャラクターとして癖が強いですが、劇中でポピーは両親と話すシーンが残念ながらなく、今日やっとお会いすることできて嬉しいですし、欲を言えば収録の際にどうやって演じたらいいか教えて欲しかったです」と切実なコメント。

画像10

鶴瓶以外は本作から初参加となる面々だが、世界的に大人気の「怪盗グルー」シリーズの印象や、オファーを受けた時の気持ちについて聞かれると山田は「ミニオンの声をやるの?って5人ぐらいに言われて(笑)少し違って、ポピーっていう女の子の声だよって毎回訂正しました」、児玉は「元々ミニオンが大好きで、お母さんにミニオンのお仕事だよって言われた時にきゃー!ってめっちゃ高い声が出ました。あと、お姉ちゃんにも良かったねって言われて初めてこの仕事に興味を持ってもらえました」、片岡は「僕もミニオンの中の一人をやらせてもらえるのかなと思ったら違って(笑)うちの歌舞伎の番頭がめちゃくちゃミニオン大好きなのですごい喜んでもらえました」と周りの反応を明かした。

マキシムからグルー家を守るため、スーパーパワーを手に入れた「メガミニオン」が初登場する本作にちなみ、自身が「今とは違う何か一つだけ秀でた能力を持つ“メガ”」になるとしたら何を強化したいか聞かれると、鶴瓶は「今までずっと歩くのが早いと思っていたら自分よりも歳を取ったおじさんに抜かされてしまったので、もっとテキパキ歩きたいし思いっきり走れるようになりたい!」とコメント。

片岡は「メガジェリーのように身体が硬くて少々の物に当てられても大丈夫なパワーが欲しいです」、山田は「一度会った人の顔と名前を完璧に記憶しておける能力が欲しいです。図鑑みたいにして頭に取っておきたいです」と願望を語ると芸能界においても人生においても大ベテランである鶴瓶から「忘れることも大事やで」と諭される場面も。

画像11
画像12

続いて三木は「生身で見ることが出来る景色の限界があると思うので、役者としての引き出しを増やすためにも飛行機とか乗らずに空を飛んでみてみたいです」、小林は「声優のお仕事をしているとスタジオでノイズを出してはいけないのですが、お腹が空いてくるとどうしても胃が鳴ってしまうのでメガ胃袋が欲しいです」とそれぞれに回答した。

画像13

最後に、もうすぐ父の日ということで児玉から鶴瓶へ黄色いバラをサプライズプレゼント。アメリカでは父の日に贈るバラは赤と白だが、日本では黄色いバラを贈る習慣があり、これは1981年に設立された日本ファーザーズ・デイ委員会が開催した「父の日黄色いリボンキャンペーン」がきっかけとなっているよう。愛する人の無事を願うという意味が込められた黄色いリボンの贈り物を薦めたことに由来している。

画像14

キュートな三女からの突然のプレゼントに鶴瓶は「ありがとう。ちゃんとお父さんにもあげてね。もしあれやったらこれ持って帰ってもいいからね」と照れながら喜びを滲ませた。また、自身の孫もグルーに夢中のようで「孫がグルーを見ている時に映像が流れてる後ろからグルーの声真似をしたら俺がグルーだって知らない孫が二人同時に振り返って『しっ!』とたしなめられました(笑)」とファンなら垂涎もののエピソードを明かし、会場は笑いに包まれた。

最後に代表して鶴瓶が「自分が思う以上にこの作品を愛されている人が沢山いるし、今回の作品は特にすっごく面白いのでぜひ見ていただきたい。笑えるシーンも、ちょっと泣けるところもあります」と締めくくり、日本語吹替版キャスト報告会は終了した。

『怪盗グルーのミニオン超変身』
声の出演:スティーヴ・カレル、クリステン・ウィグ、ウィル・フェレル、ピエール・コフィン、ジョーイ・キング、ソフィア・ベルガラ、スティーヴン・コルベア、ミランダ・コスグローヴ、クロエ・ファインマン、スティーヴ・クーガン、クリス・ルノー、デイナ・ゲイアー、マディソン・ポランほか
日本語版吹替キャスト:笑福亭鶴瓶、片岡愛之助、中島美嘉、山田杏奈、児玉すみれ、須藤祐実、矢島晶子、岩崎ひろし、松本梨香、三木眞一郎、小林ゆう、ならはしみき、高乃麗、木村昴
監督:クリス・ルノー/共同監督:パトリック・デラージ
脚本:マイク・ホワイト、ケン・ダウリオ
製作:クリス・メレダンドリ、ブレット・ホフマン
北米公開:「DESPICABLE ME 4」7月3日(金)予定
配給:東宝東和
(c) Illumination Entertainment and Universal Studios. All Rights Reserved.

公式サイト:minions.jp
公式X:@minion_fanclub
公式Facebook:https://www.facebook.com/minions.movie
公式Instagram:@minion_officialjp
#ミニオン #ミニオン超変身

7月19日(金)全国公開

関連記事
映画『怪盗グルーのミニオン超変身』日本語吹替版声優、総勢10名が一挙解禁!
『怪盗グルーのミニオン超変身』ポピー役の山田杏奈とハナコがシリーズ最新作の魅力と意気込みを語る
『怪盗グルーのミニオン超変身』新キャラクターの吹替版声優に片岡愛之助&山田杏奈 予告映像も解禁
『怪盗グルーのミニオン超変身』メガミニオン初お披露目 日本限定の描き下ろし本ポスター解禁
短編アニメーション『ミニオンの月世界』、イルミネーション最新作『FLY!/フライ!』と同時上映決定
『怪盗グルーのミニオン超変身』7月19日(金)公開決定!吹替版は笑福亭鶴瓶&中島美嘉が続投、コメントも到着
目次