【レポート】「連続ドラマW ギバーテイカー」完成披露試写会に中谷美紀、菊池風磨、池内博之登壇! ―来年1月放送・配信

連続ドラマW ギバーテイカー

「連続ドラマW ギバーテイカー」(2023年1月22日より放送・配信スタート)の完成披露試写会が12月18日(日)都内にて行われ、主演の中谷美紀と、菊池風磨、池内博之が登壇した。

本作は娘を殺された刑事・倉澤樹と、その娘を殺した猟奇殺人犯・貴志ルオトの死闘を描いた本格クライムサスペンス。原作の「ライフ2 ギバーテイカー」(講談社アフタヌーンKC)は、累計発行部数1000万部突破の「ライフ」で社会現象を巻き起こしたすえのぶけいこ初の青年誌連載作品で、迫力あるタッチでエネルギッシュに描かれたその強烈なストーリーと、独特な心理描写が「ライフ」に続く“第2の衝撃作”と謳われた。

そんな話題作をWOWOWが連続ドラマ化。監督はWOWOW開局25周年記念「連続ドラマW 沈まぬ太陽」(2016)、「WOWOWオリジナルドラマ ヒル」(2022)、「連続ドラマW シャイロックの子供たち」(2022)の鈴木浩介、脚本は「連続ドラマW 黒鳥の湖」(2021)、「ドクターホワイト」(CX・2022)などを手掛けた小峯裕之が務める。

主演の中谷が演じる倉澤樹は、“自分と同じように苦しむ人をひとりでも多く救いたい”という想いのもと、時に自身の危険を顧みずに行動してしまう刑事。その相手役となる猟奇殺人犯・貴志ルオトを演じるのは菊池風磨。「幸せは奪うもの」という異常な価値観を持ち、独特な雰囲気を身にまとう猟奇殺人犯という役柄だ。

倉澤が所属する神奈川県都筑中央署の刑事・今井要役には池内博之。倉澤の警察学校の同期で、親友の椿理子役には深川麻衣。ルオトが医療少年院を退院後に就職するベーカリー「幸せの穂」の従業員・津山聡美役には馬場ふみか。本作唯一のオリジナルキャラクターである倉澤の元夫・小野塚優一役には吉沢悠。物語の鍵を握るルオトの母親・貴志茉莉絵役には斉藤由貴

第1話上映後の余韻冷めやらぬ中、万雷の拍手で迎えられた3人。中谷は「自分が出演しているということを忘れて、夢中になってしまいました。続きが気になって仕方がなくなる、手に汗握るクライムサスペンスに仕上げて頂いたなと思いました」とドラマの出来栄えに自信をのぞかせた。

菊池は「5話一気見してしまいました。ヒヤッとしたり、ドキッとしたりというシーンが断続的に続くので、本当に続きが気になって仕方がなくなると思います」とコメント。池内も「僕も一気見してしまいました。本当に面白くて、あっという間に観終えてしまいました。後半にかけて、どんどんスリリングな展開になっていきますし、クライマックスのおふたり(中谷、菊池)の対峙シーンには期待して頂きたいです」と完成したドラマの感想を語った。

連続ドラマW ギバーテイカー

中谷は、教え子に娘を殺され、その事件をきっかけに刑事に転身し、再び娘を奪った猟奇殺人犯と死闘を繰り広げるという難役・倉澤のオファーを受けた際の心境について「自分自身を痛めつけなければできない役柄であることは想像ができたので、正直なところ最初にオファーを頂いた際は、出演をためらってしまいました。本当に難しい役なので」と素直な想いを告白。

続けて「読み応えのある原作に並んで、台本が本当に素晴らしく、読んだ段階で涙が止まりませんでした。涙が流れたことによって、感情移入が出来ると思うことが出来まして、頂いたオファーを有難くお引き受けさせて頂くことにしました。WOWOWの懇親の作品だなと思いました」と製作陣の熱意が伝わる脚本に心を動かされ出演を決意したと明かした。

今回、倉澤に次いで重要かつ難役、猟奇殺人犯・ルオトを演じた菊池は「感情移入することが本当に難しい役柄で、どのように演じたらいいのかずっと手探りでした。とにかく想像を重ね、考えを沢山巡らせて、自分なりの答えを出しました」と役作りを述懐。劇中で印象的なルオトの笑みについては「気味の悪さを出せたらいいなと思って、鏡の前で気味の悪い笑顔の練習をしました」と自宅で特訓を行ったという。

連続ドラマW ギバーテイカー

倉澤とは対極に冷静で、内なる正義を燃やす今井役を演じた池内は「漫画原作の作品は、いつも怖いなと思うんです。原作ファンの方々のイメージだったり、思いというのはやはり強いので、それに応えなければならない責任を感じていました。越えなければなと」とオファーを受けた際の心境を明かした。役作りについては「特殊なことは特別しませんでしたが、シーンごとのその瞬間瞬間の感情や、倉澤を今井はどのようにサポートしていくのかという点については、難しい部分があったので、監督と相談しながら、大事に今井像を作っていきました」と振り返った。

本作が初共演となった3人。お互いの印象や撮影現場でのエピソードを尋ねられた菊池は「中谷さんは、もう本当に美しすぎて自然と背筋が伸びてしまいました(笑) 設定上、今回お話出来る機会が少なかったのですが、仲が良い役での共演だったとしても、緊張して話せなかったと思います。とあるシーンで一筋の涙を流すシーンがあるのですが、美しすぎてちょっと引いてしました(笑) 本当に凄すぎて、どう頑張ってもこれは出来ないなと。勉強させて頂く点が多くて、とにかく日々ドキドキしていましたし、今日もちょっとドキドキしています」とコメント。

池内は「様々な作品を拝見させて頂いてきて、中谷さんのことを勝手に近づきがたいオーラのある方だと思い込んでいたのですが、そんなこと全くなく、とても自然体な方なんです。中谷さんが自然体でいてくださったので、リラックスしてお芝居をご一緒させて頂くことが出来ました」と中谷との撮影を振り返った。

連続ドラマW ギバーテイカー

そして本作で魅せる菊池の演技について、中谷は「菊池さんは数多く明るい役柄を演じられてきたと思うのですが、おそらく道化を演じられるということは、人の心の機微が分かってらっしゃるということだと思うんです。なので、(菊池の演技に)期待を抱いて共演シーンに臨ませて頂きました。初めてお会いしたときからすでに、ルオトとしてそこに立っていらっしゃって。私がご一緒した菊池さんは、寡黙でシャイ、役柄に没頭されているとても真摯な役者さんという印象です」と、池内も「僕も思わず、“もう完全に貴志ルオトですね”と菊池さんに(共演)初日に思わず言ってしまいました。本当に素晴らしくて、ルオトそのものでした」と、揃って絶賛した。

連続ドラマW ギバーテイカー

また、池内については、中谷が「池内さんと私は同世代で、よく雑誌で拝見させて頂いていました。素敵な年の重ね方をされて、役者としていい人生を歩んでいらっしゃったんだなと思いました」とコメント。菊池は「今井さんが、倉澤を実は認めているということを、ちょっとずつ劇中で出すんですよね。いち視聴者として観ていて、ちょっとキュンキュンというか、ほっこりしましたし、“ああ、よかった”って思いながら、観ていました。今井さんのギャップにやられますよ!」と池内のシーンについて見どころを語り、「初対面の時に思わず“「GTO」観てました!”とお伝えしました。僕も後の「GTO」に出演させて頂いたので、先輩・後輩というところで、共演が嬉しかったんです」と初対面時のエピソードも披露した。

その他、他の共演者のイチ押しシーンや、今回の試写会への応募者から寄せられた質問に回答したのち、最後に代表して中谷から、視聴者に向けて「菊池さん、池内さんを始めとするキャスト、スタッフみんなで、情熱を込めて作ったクライムサスペンスです。是非、皆さんでお楽しみ頂けますと嬉しいです!」とのメッセージが贈られ、イベントは終了した。

連続ドラマW ギバーテイカー

原作情報

すえのぶけいこ「ライフ2 ギバーテイカー」(講談社アフタヌーンKC)
すえのぶけいこの初の青年誌連載作品として注目を集め、迫力あるタッチでエネルギッシュに描かれたその強烈なストーリーと独特な心理描写が「ライフ」に次ぐ、“第2の衝撃作”と話題を呼んだ。「月刊アフタヌーン」にて2016年~2018年に渡り連載、単行本・全6巻にて完結。

すえのぶけいこ Twitter:@keiko_suenobu
すえのぶけいこ Instagram:@keiko_suenobu
月刊アフタヌーン Twitter:@afternoon_manga
原作コピーライト:(C)すえのぶけいこ/講談社
※全巻重版決定!好評発売中!

「連続ドラマW ギバーテイカー」放送記念!
中谷美紀の主演映画5作品がWOWOWで一挙放送決定!

WOWOWでは「連続ドラマW ギバーテイカー」の放送・配信を記念し、中谷美紀の主演映画を大特集。第一線で活躍し、多彩な演技で世の中を魅了し続ける中谷の主演作の中から選りすぐりの5作品をWOWOWで一挙放送される。映画本編の前には中谷自身が作品、そして撮影を振り返る特別コメントも。ぜひ、ドラマと合わせて楽しみたい。

【特集名:「連続ドラマW ギバーテイカー」放送記念!女優 中谷美紀】
1月22日(日)WOWOWシネマにて放送
・午前8:30~『BeRLiN』
・午前10:25~『電車男』
・午後12:15~『嫌われ松子の一生』
・午後2:35~『繕い裁つ人』
・午後4:30~『総理の夫』


ストーリー
元小学校教諭の刑事である倉澤樹(中谷美紀)は12年前、当時小学6年生だった教え子・貴志ルオト(菊池風磨)に、愛する娘を惨殺された過去を持つ。事件当時12歳という犯人の幼さも相まって、この猟奇殺人事件は日本中に大きな衝撃をもたらした。倉澤は被害者遺族として絶望を味わい、その経験から生まれた“自分と同じように苦しむ人をひとりでも多く救いたい”という想いのもと、刑事になった。
その強い信念に突き動かされ、事件解決に奔走する日々を送ること12年、倉澤は娘の命日を目前にルオトが医療少年院を退院することを知る。そして、ルオトが「完全に更生した」という話を聞くも、被害者遺族として疑心を抱かずにはいられない彼女のもとに、ある日、不審なメッセージが届く。「あなたの大事なものを、もう一度奪います」――それは、再び日本中を震撼させる新たな事件の始まりだった……。

作品タイトル:「連続ドラマW ギバーテイカー」
出演:中谷美紀
菊池風磨 深川麻衣 馬場ふみか 吉沢悠 斉藤由貴 池内博之 他
原作:すえのぶけいこ『ライフ2 ギバーテイカー』(講談社アフタヌーンKC)
脚本:小峯裕之
監督:鈴木浩介
音楽:林ゆうき 奥野大樹
チーフプロデューサー:青木泰憲
プロデューサー:小林祐介 黒沢淳 雫石瑞穂
制作協力:テレパック
製作著作:WOWOW
番組公式サイト:https://www.wowow.co.jp/drama/original/givertaker/
WOWOWオリジナルドラマ公式Twitter:@drama_wowow #ギバーテイカー

「連続ドラマW ギバーテイカー」2023年1月22日放送・配信スタート<全5話>
【放送】WOWOWプライム/WOWOW 4K:毎週日曜 午後10:00[第1話無料放送]
【配信】WOWOWオンデマンド:無料トライアル実施中

↑上に戻る