【レポート】『アイ・アム まきもと』阿部がMC初挑戦!くす玉から溢れ出すサプライズメッセージにキャスト陣感動

アイ・アム まきもと

映画『アイ・アム まきもと』(大ヒット上映中)の公開初日となる9月30日(金)に初日舞台挨拶イベントが行われ、主演の阿部サダヲを始め、満島ひかり、松下洸平、坪倉由幸、そして、宮沢りえと水田伸生監督が登壇した

映画『アイ・アム まきもと』初日舞台挨拶イベント 概要

日時:9月30日(金)
会場:TOHOシネマズ 六本木ヒルズ
登壇者(敬称略):阿部サダヲ、満島ひかり、松下洸平、坪倉由幸、宮沢りえ、水田伸生監督

初めに、阿部が「今日はお越しいただき、ありがとうございます。こんなにたくさんのお客様を前にすると、初日なんだと実感します。」としみじみ挨拶。

アイ・アム まきもと

続いて、満島は「大好きな阿部サダヲさんと共演できて嬉しいです。豪華なキャストの方々、そして足を向けて寝られない水田監督の作品にまた出演できて本当によかったです。まきもとに出会えた人生と、出会えなかった人生は、大きく違うと言い切れるほどの作品です。」とコメント。

アイ・アム まきもと

松下は「こんなにたくさんの方々にお集まりいただき嬉しいです。この作品に携われて、阿部さんや監督と初めてご一緒できて、たくさんの宣伝活動にも関わることができて嬉しかったです。またしばらく阿部さんにお会いできなくなるのが寂しい…」とこぼすと、「いつでも会えるぜ!」と阿部。返答に笑いつつも、「愛おしいまきもとという存在に、いろんなことを教わりました。皆さんにも笑って、温かい気持ちでお帰りいただければと思います。」とアピールした。

アイ・アム まきもと

坪倉は「本当に素敵な作品に参加できて、素敵な俳優の方々とこの場に立てて感謝です。いつも感謝しても、諸事情あってあまり頭下げないようにしているのですが、今日はお辞儀します!」と深々お辞儀し、会場から笑いを誘った。

アイ・アム まきもと

そして、宮沢は「撮影は山形の風景の中、とても穏やかで幸せな時間でした。まきもとが出会う人々の心に温かさを灯しているように、皆さんの心にも灯ると思います。」とコメント。

アイ・アム まきもと

水田監督は「何本撮っても、初日は緊張します。昨晩、深夜2時に目が覚めてしまって…」と明かすと、「僕は12時に寝て、朝8時に起きました!」と張り合う阿部に、「ちゃんと寝てる!」とキャスト陣から総ツッコミを受けた。

アイ・アム まきもと

また、“迷惑で翻弄する”まきもとにちなみ、キャストや監督の皆さんを翻弄するため、、阿部がMCに挑戦することに。急遽のフリに、阿部は「ちょっと待ってくださいよ~…ってセリフが台本に書いてありました(笑)。」と会場に笑い起こしながらもスタート。

まずは満島へ「今回、僕と初共演でしたが、如何でしたか?」と尋ねると、「良い感じでした!ハートフルで、やっぱり好きな俳優さんだなと思いました。」とべた褒めする満島に照れる阿部。
続いて、松下へ「次回、僕と共演作があったら、どんな役をやりたいですか?」と質問すると、「兄弟の役とかどうですか?今回敬語でしたが、タメ口でお話できるのはなんだろうと思いまして…」と松下の提案に、「すごく良いですね!ぜひ!」と喜びながら、「僕、松下さんの肘の角度が好きです。」と、松下演じる刑事・神代のようにステップ踏む動作をみせ、松下が恥ずかしがる場面も。
坪倉へは「今日の朝ごはん、何を食べましたか?」と突如、まったく映画と関係のない質問を尋ねると、坪倉は「普通にご飯食べました!」と回答。まきもと並みに「白ですか?赤ですか?白米?赤飯?」と問い詰め、坪倉をタジタジにした。
続いて、宮沢へも「朝起きたら最初に何をしますか?」と質問し、宮沢は「窓開けてベランダへ出ます。」と答えると、「鳥はいなかったですか?髪型がとっても似合ってます。ショート似合いますね。元祖ボブ…」といらぬ方向へ話が逸れ、「恥ずかしいのでやめてください(笑)。あとで裏に…」と呼び出しをくらうはめに。
水田監督へは「映画監督って楽しいですか?」と尋ねると、水田監督は「楽しいです!」と即答した。
阿部が初のMCを終えると、「完璧です。本当にお上手で…」とにっこり笑顔の宮沢に怯えながら、阿部は「MCって難しいですね。もう会場の皆さんに引かれている気がする…」とやり残した様子をみせながらも、阿部のMCコーナーは終了した。

公開を祝してくす玉を開披すると、垂れ幕とともに一足先に作品を観た方々からのメッセージカードが飛び出してくる演出のサプライズが。「人の気持ちが分からないというまきもとさん。でも、亡くなった方の気持ちを一番分かろうとしていたのはまきもとさんだった」、「笑って、笑って、笑ってたのに…泣かされました。」、「私にもいつか訪れるおみおくり、親を想い、娘を想い、そして自分の最後を想い胸が熱くなりました。」とそれぞれメッセージを読み上げていくと、「やはり生の感想は強いですね!」と阿部。全員が時間を忘れるほどに、熱いコメントが書かれたメッセージカードに目を離せない様子だった。

アイ・アム まきもと
アイ・アム まきもと
アイ・アム まきもと
アイ・アム まきもと

最後、「人と人の繋がりは大事に感じる作品。“本当にまきもとは迷惑だったのか”と考えていただいたり、“今を生きること”を、ぜひ大事にしていただければと思います。と難しい事を言いましたが、まずは楽しく観ていただき、温かな気持ちで帰っていただけたら嬉しいです。」と阿部の挨拶で締めくくり、終始笑いの絶えない温かな空気の中、イベントは幕を閉じた。

ストーリー
ある見知らぬ男の人生を“まき”戻すことになった「おみおくり係」のまきもと。
彼がたどり着いた“奇跡のさいご”とは――

小さな市役所に勤める牧本の仕事は、人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」。故人の思いを大事にするあまり、つい警察のルールより自身のルールを優先して刑事・神代に日々怒られている。ある日牧本は、身寄りなく亡くなった老人・蕪木の部屋を訪れ、彼の娘と思しき少女の写真を発見する。一方、県庁からきた新任局長・小野口が「おみおくり係」廃止を決定する。蕪木の一件が“最後の仕事”となった牧本は、写真の少女探しと、一人でも多くの参列者を葬儀に呼ぶため、わずかな手がかりを頼りに蕪木のかつての友人や知人を探し出し訪ねていく。工場で蕪木と同僚だった平光、漁港で居酒屋を営む元恋人・みはる、炭鉱で蕪木に命を救われたという槍田、一時期ともに生活したホームレス仲間、そして写真の少女で蕪木の娘・塔子。蕪木の人生を辿るうちに、牧本にも少しずつ変化が生じていく。そして、牧本の“最後のおみおくり”には、思いもしなかった奇跡が待っていた。

作品タイトル:『アイ・アム まきもと』
出演:阿部サダヲ
満島ひかり 宇崎竜童 松下洸平 でんでん 松尾スズキ 坪倉由幸(我が家) / 宮沢りえ 國村隼
監督:水田伸生
脚本:倉持裕 
原作:Uberto Pasolini “STILL LIFE”
製作総指揮:ウィリアム・アイアトン 中沢敏明
エグゼクティブプロデューサー:堤天心 志賀司 中西一雄 島本雄二 井川泉 Uberto Pasolini
プロデューサー:上木則安 厨子健介
コ・プロデューサー:藤村哲也 丸山典由喜
ラインプロデューサー:鈴木嘉弘
撮影:中山光一 照明:宗賢次郎 美術:磯見俊裕 装飾:柳澤武 録音:鶴巻仁 音楽:平野義久
人物デザイン監修:柘植伊佐夫 編集:洲崎千恵子 キャスティング:田端利江 助監督:相沢淳 村田淳志 制作担当:井上純平
制作:セディックインターナショナル ドラゴンフライ
製作:映画『アイ・アム まきもと』製作委員会
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:https://www.iammakimoto.jp/
公式Twitter:@iammakimoto_JP
コピーライト:(c)2022 映画『アイ・アム まきもと』製作委員会

大ヒット上映中!

関連記事:
『アイ・アム まきもと』「涙を流すたびに、心が洗われてゆく」著名人より絶賛コメント&TV SPOT映像が到着!
【レポート】『アイ・アム まきもと』阿部サダヲがサプライズ登壇!「こんな真っ直ぐなキャラクターを演じるのは初めて」
『アイ・アム まきもと』牧本(阿部サダヲ)の迷惑に“まき”込まれる神代刑事(松下洸平)のナレーション付WEB限定予告解禁!
【レポート】『アイ・アム まきもと』完成披露試写会で阿部サダヲら超豪華主要キャスト陣が語った“直したい所”とは
【レポート】『アイ・アム まきもと』完成報告会に阿部サダヲ・宇崎竜童・松下洸平・水田伸生監督が登壇!
映画『アイ・アム まきもと』本予告映像解禁!阿部サダヲ演じる牧本の“迷惑”が世界をつなぐ ―9/30(金)公開
『アイ・アム まきもと』ちょっと迷惑な男が“まき”起こす奇跡の物語…豪華キャスト陣大集結の本ビジュアル解禁!
『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ演じる主人公が豪華俳優陣が翻弄!? 特報映像&ティザービジュアル解禁! ―9/30公開
『アイ・アム まきもと』満島ひかり、宇崎竜童、松下洸平、でんでん、松尾スズキ、坪倉由幸、宮沢りえ、國村隼が出演決定
『謝罪の王様』『舞妓Haaaan!!!』の阿部サダヲ×水田伸生監督コンビが送る最新作『アイ・アム まきもと』9月公開決定!

↑上に戻る