【レポート】『イニシェリン島の精霊』第79回ヴェネチア国際映画祭で今年最長のスタンディングオベーション!

イニシェリン島の精霊

第79回ヴェネチア国際映画祭にて『イニシェリン島の精霊』(2023年1月日本公開)のワールドプレミアが行われ、監督のマーティン・マクドナー、出演のコリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドンが登壇した。

本作の舞台は本土が内戦に揺れる1923年、アイルランドの孤島、イニシェリン島。島民全員が顔見知りのこの平和な小さい島で、気のいい男パードリック(コリン・ファレル)は長年友情を育んできたはずだった友人コルム(ブレンダン・グリーソン)に突然の絶縁を告げられる。

急な出来事に動揺を隠せないパードリックだったが、理由はわからない。賢明な妹シボーン(ケリー・コンドン)や風変わりな隣人ドミニクの力も借りて事態を好転させようとするが、ついにコルムから「これ以上自分に関わると自分の指を切り落とす」と恐ろしい宣言をされる。

美しい海と空に囲まれた穏やかなこの島に、死を知らせると言い伝えられる“精霊”が降り立つ。その先には誰もが想像しえなかった衝撃的な結末が待っていた…。

本作はマクドナー監督による『スリー・ビルボード』以来5年ぶりの最新作ということもあって、ワールドプレミアに先んじて実施された記者会見には大勢のマスコミ陣が出席。マクドナー監督、コリン、ブレンダン、ケリーが紹介されると大歓声が沸き起こり、あまりの盛り上がりっぷりに監督キャスト陣も思わずにっこり。

会見がスタートすると、熱のこもった質問が相次いで投げかけられ、それぞれが真摯にコメント。会見終了後は記者たちからのサインのオファーが後を絶たず、マクドナー監督最新作の注目度の高さを感じさせた。

その後、太陽が輝く快晴のなか、世界各地から集まったマスコミ陣や映画ファンたちで大賑わいのレッドカーペットに、マクドナー監督、コリン、ブレンダン、ケリーらがスタイリッシュなスーツやドレープの美しいドレスを身にまとって登場。マスコミ陣からのスチールのフラッシュの嵐のほか、ここでもファンからサインやセルフィーを求められ、キャスト陣も快く応じていた。

続いて開催されたワールドプレミアには熱狂的な映画ファンたちが殺到し、全席満席御礼。上映後には今年最長となる約15分間もの熱狂的なスタンディングオベーションが起き、デイリー・テレグラフ紙では最高点5つ星を獲得、「(マクドナーの)最高傑作」(ハリウッド・レポーター誌)、「(コリン・ファレルは)今年最高の演技を見せる」(タイム誌)と絶賛レビューが到着。

さらには、米批評家たちによる辛口レビューサイト Rotten Tomatoesでは100%FRESHという高評価(9/6時点)を叩き出しており、これから勢いを増していく賞レースでも見逃せない1本として存在感を発揮した。

最高のスタートを切った本作は、はたしてヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を獲ることは出来るのか。マクドナー監督だけが描き得る、最高にエモーショナルで予測不可能な衝撃と感動に期待が高まる。

イニシェリン島の精霊
イニシェリン島の精霊

作品タイトル:『イニシェリン島の精霊』
出演:コリン・ファレル、ブレンダン・グリーソン、ケリー・コンドン、バリー・コーガンほか
監督・脚本:マーティン・マクドナー「スリー・ビルボード」
原題:The Banshees of Inisherin
2022年/イギリス・アメリカ・アイルランド
全米公開:2022年10月21日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

公式サイト:https://www.searchlightpictures.jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/SearchlightJPN/
公式Twitter:https://twitter.com/SearchlightJPN
公式Instagram:https://www.instagram.com/SearchlightJPN/
コピーライト:(C)2022 20th Century Studios. All Rights Reserved.

2023年1月 TOHOシネマズ シャンテほか ロードショー

関連記事:
『スリー・ビルボード』のマーティン・マクドナー監督最新作『イニシェリン島の精霊』来年1月日本公開決定!予告映像解禁

↑上に戻る