ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション

2015-07-17
2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

絶対不可能に挑め。
数々の不可能を可能にしてきた伝説のスパイ、イーサン・ハント。 その彼に、絶対遂行不可能なミッションが発令される!

シリーズ第5弾のストーリーは、現時点ではほとんど明らかにされていない。だがそのヒントはサブタイトルに隠されている。 「ローグ・ネイション」、つまり「悪の国家」。これは、CIAやKGBをはじめとする各国の元エリート諜報部員が結成した無国籍スパイ組織”シンジケート”を指す。彼らの暗躍により、イーサン・ハントの所属するIMFはまたしても解体の危機に陥る。組織という後ろ盾を失いながら、イーサンと彼のチームは、史上最強の敵を潰すことができるのか?交錯する情報と刻々と迫り来る世界の危機。誰が敵で誰が味方か、究極の諜報バトルが繰り広げられる。

トム・クルーズ主演の超人気シリーズ第5弾『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』が、いよいよ8月7日(金)に公開される。前作の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(2011)では全世界で6億9400万ドル(約832.8億円)という驚異的な興収を叩き出し、トム自身にとっても最大のヒット作となった。約4年ぶりとなる最新作。最大の見所と言えば、やはりスリルとアイディアあふれるアクションシーンだろう。今作のハイライトは高度1500m、時速400kmで飛行する軍用機のドアに張りつき、決死の侵入を試みるという驚くべきもの。このスタントは前作のブルジュ・ハリファ登頂(823m)と同様、トム・クルーズ本人が敢行している。まさに命懸けのシーンとあって、観客の心拍数をMAXに上げ、手に大量の汗を握らせるのは間違いない。全世界待望のスパイ・アクション超大作が、暑い夏を猛烈に熱くする!

『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』8月7日(金)より全国公開!
配給&宣伝:パラマウント ピクチャーズ

キャスト

トム・クルーズ レベッカ・ファーガソン

スタッフ

監督:クリストファー・マッカリー

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

変わらないカッコ良さ!!

評価: ★★★★★ (5点) 投稿者:倫子2015-08-15

冒頭からの迫力映像に加え、トムクルーズの変わらないカッコ良さが凄かったです! シリーズの中でも、かなり良い出来栄えではないでしょうか? ニュースで観た、本作のジャパンプレミア、 生のトム・クルーズに悲鳴が上がっていたのが分かります、 今更ながらですが私も会いたかったです、笑。 映画ならではと言いますか、 現実なら有り得ない展開、辻褄が合わない場面もありますが、 それらを凌ぐスピード感、展開、キャラクターで全てをカバーしていました。 特に、今回のヒロイン、女性スパイのイルサはシリーズの中でも最強です! しなやかな美しさと、トムよりも素早くプロフェッショナルな強さで、 映画を大いに盛り上げてくれています。 余計なラブシーンもなく、イーサンとIMFの絆を中心に描かれていて、 まさにスパイアクションの王道という仕上がりでした。 2時間を超える作品でしたので、 途中で眠気が来ないか心配でしたが、あっと言う間に観終えてしまいました。 定番の名曲で気分を盛り上げてくれますし、 暑い夏にぴったりな、後味よいスカッとする作品です。