ペイ・ザ・ゴースト ハロウィンの生贄

2016-09-20
2015 PTG NEVADA, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ニコラス・ケイジ大活躍のエンタテインメント!
今度の敵はハロウィンの悪霊!?

ニューヨークの大学で教鞭をとるマイク(ニコラス・ケイジ)は、ハロウィンの夜、7歳の息子チャーリー(ジャック・フルトン)にねだられ、祭り見物に出る。ところがチャーリーは、「霊(ゴースト)に償ってくれる?」と謎めいたひとことを残し、突然姿を消してしまう。チャーリー失踪の手がかりを必死に探し続けるマイクは、やがて恐るべき事実にたどりつく。毎年ハロウィンに子供たちの失踪事件が起きていること、そしてその子たちは決して帰ってこないということ。果たして何者の仕業なのか? 次のハロウィンが迫る中、マイクの周辺に、次々に怪異な現象が起こる。それは悪霊の誘いか、それともチャーリーからのメッセージか???

本作の主演を務めるのは『ナショナル・トレジャー』シリーズなど70本を超える出演作で、冒険家、科学者から天使まで、多彩な役柄でコアなファンを獲得してきたハリウッドきってのトップスター、ニコラス・ケイジ!時には犯罪や人災・天災から愛する者を守り、時には魔法使いや悪魔をも敵に回して戦ってきた怖いもの知らずのこの男が今回挑んだのは、ハロウィンのお祭り騒ぎの裏に秘められたダークな物語を描く絶叫エンタテインメント! 監督はマドンナ主演の問題作『BODY/ボディ』のウーリー・エデル。音楽はサム・ライミ監督の伝説的傑作ホラー『死霊のはらわた』のジョゼフ・ロドゥカ。撮影はアカデミー賞3部門受賞に輝いた『セッション』のシャロン・メールが手がけ、クリーピーな世界観を創りあげている。

10月22日(土)渋谷シネパレス他全国順次ロードショー
公式サイト
配給:ギャガ・プラス

キャスト

ニコラス・ケイジ『ナショナル・トレジャー』、サラ・ウェイン・キャリーズ TV「ウォーキング・デッド」、ヴェロニカ・フェレ『クリムト』

スタッフ

監督:ウーリー・エデル(『ボディ/Body』
原作:ティム・レボン”Pay The Ghost”

レビュー

この作品のレビューを投稿する
「みんなの映画レビュー」に投稿いただくには、アネモのメンバーになる必要があります。投稿いただいた内容は、一旦、編集部にて目を通した上で掲載させていただきます。詳しくは『みんなの映画レビュー利用規程』をご確認ください。

この季節にもってこいのハロウィンもの

評価: ★★★★★ (4点) 投稿者:ちゅうきちくん2016-10-15

ハロウィンの夜、行方不明になった息子を探し、霊とも対峙する父の奮闘を描くホラーサスペンスです。 どこか古典的な空気が漂い、名作のオマージュなどもあれば、 ちょっと思わせぶりの検死解剖や、協力者の扱いはこれでいいのetc.、 ツッコミどころは満載ながら、ニコラス・ケイジって、眉間にシワを寄せて、う〜ん困ったという表情を見ているだけでもうぜんぜんOK!と思えてしまう中毒性がありますね。 劇中の、ハロウィンのお祭りの無気味なセンスも光ってました。 試写当日にはイベントもあり、逆さまから見るとニコラス・ケイジそっくりと自負されていたモト冬樹さん登壇。 そして嬉しいことにMCはコトブキツカサさんで。 ひとしきり楽しいトークのあとは、 会場一丸となって全員ニコラス・ケイジのお面着用で撮影会! 無気味なハロウィンに負けない、いいカンジの破壊力でした☺

常に緊張感がある

評価: ★★★★★ (5点) 投稿者:らんま2016-10-14

ホラーが好きなのでよく見るけれど、ニコラス・ケイジもよかったし、シンプルな話だけれど、テンポがよくて飽きずに見ることができた。