ログイン

「黒い太陽~コードネーム:アムネシア~」ナムグン・ミンが追う、裏切り者は誰だ!これを観れば3分でわかる!動画2本公開

ナムグン・ミン主演、頭脳戦と肉弾戦が錯綜する究極のサスペンス・アクション「黒い太陽~コードネーム:アムネシア~」がU-NEXTで独占先行配信中、8月3日(水)よりDVDリリース開始となるのを記念して、新たなスペシャルPV2本が解禁された。

「リメンバー~記憶の彼方へ~」の悪役でブレイクして以来、「キム課長とソ理事~Bravo! Your Life~」「ドクタープリズナー」「ストーブリーグ」など数々の主演作をヒットに導いてきたナムグン・ミン。コメディからイケメン、サイコパスまでジャンルを問わず作品ごとに自在に憑依し、“ゴッドグンミン(演技の神)”と呼ばれる彼が、キャリアの集大成ともいえる最高作を誕生させた。

彼が演じるのは、鋭い洞察力と並外れた行動力を持ちながら、記憶を失ってしまった国家情報院のエリート要員ハン・ジヒョク。伸び放題の髪とひげで野獣のような眼光を放つ初登場シーンから、度肝を抜く存在感を発揮。2020年SBS演技大賞(「ストーブリーグ」)に続き、2021年MBC演技大賞受賞という快挙を成し遂げるなど、本作が彼の新たな代表作となりそうだ。

そして、MBC開局60周年を記念する特別企画ドラマとして制作された本作は、ヒット作を連発し“当選作不敗”神話を誇るMBCドラマ脚本公募当選作を脚本に採用。伝説のスパイ映画『シュリ』に始まり、最近では『工作 黒金星と呼ばれた男』など、ウェルメイドなスパイ映画を生む韓国コンテンツのパワーに、『007』『ミッション:インポッシブル』シリーズといったスタイリッシュなアクション映画の要素が融合。今までの常識を打ち破る本格スパイアクション作品が完成した。

TVドラマとしては破格の150億ウォンを投じた映画顔負けのスケールで、初回から視聴者を圧倒した。「黒い太陽」の放送日を表す“黒曜日”という新造語も生まれ、続きの放送が待ちきれないファンが続出。パク・ハソン演じる謎多きエージェントのベールに包まれた過去に遡るスピンオフ「メビウス:黒い太陽」も制作されるなど多くの話題を提供した。ドラマの枠を超えたクオリティが評価され、2021年MBC演技大賞では5冠受賞という快挙を達成した。

任務遂行中に姿を消し、死んだと思われていた国家情報院の最強エージェントのジヒョクを演じるナムグン・ミン。今回公開されたスペシャルPV3“最強のエージェント篇 ”では、自分を陥れた裏切り者の正体を突き止めるため、失踪前後の記憶を失った状態で組織内部の裏切り者を追うシーンが満載。本作のために鍛え上げられた肉体でハードなアクションやガンファイトを魅せるナムグン・ミン。迫力のカーチェイスはまるで映画を観ているような凝ったカメラワークで繰り広げられ、スリルと興奮を掻き立てる。

黒い太陽~コードネーム:アムネシア~
黒い太陽~コードネーム:アムネシア~

またスペシャルPV4“3分でわかる「黒い太陽」”では、組織内部のキャラクターを紹介。元同僚で謎の多いスヨン、ライバルのドンギュン、組織のナンバー2ジンスク、ジヒョクを監視する元上司ピロ、訳アリの新人相棒ジェイなど、内部の疑わしい面々が登場。果たして内部組織のネズミを見抜き、更なる黒幕に挑むことができるのか?

黒い太陽~コードネーム:アムネシア~
黒い太陽~コードネーム:アムネシア~

気になるドラマ本編は独占先行配信中のU-NEXT、8月3日(水)リリースのDVDをご覧いただきたい。

スペシャルPV3“最強のエージェント篇 ~組織内部のネズミを追え!~”

目次