【レポート】『65/シックスティ・ファイブ』チョコレートプラネットが絶滅寸前の地球でサバイバル対決!

アダム・ドライバー主演、『クワイエット・プレイス』の脚本家による脚本・監督、『ドント・ブリーズ』のサム・ライミ製作で贈るSFサバイバル・スリラー映画『65/シックスティ・ファイブ』の映画公開直前イベントが開催され、チョコレートプラネットが登壇した。

『65/シックスティ・ファイブ』公開直前イベント 概要

日時:5月17日(水) 14:30~
場所:ソニー・ピクチャーズ試写室(東京都港区虎ノ門四丁目1番28号 虎ノ門タワーズオフィス2階)
ゲスト(敬称略):チョコレートプラネット(長田庄平、松尾駿)

主演のアダム・ドライバーが6500万年前の地球に墜落した時のようなサバイバルな衣装で登場した二人は、まるでイベント会場が未知の惑星であるような超警戒した様子で登場。長田は「この映画の予告編を見た時から面白そうだと思っていたので、プロモーションで声をかけてもらえて、めちゃめちゃ嬉しかったです。実際に映画を見させて頂いたんですけど、やっぱり面白かったですね!もともと僕はSFが大好きなんですけど、恐竜VS未来っぽい人間みたいな、ありそうでなかった設定がすごく新鮮でした。」と目を輝かせる。

松尾は「恐竜もそうなんですけど、なんかわけのわからない虫とか出てくるんですよ!もうめちゃめちゃ怖かった。ネタバレになっちゃうから言えないんですけど、その変な虫があるところから出てくるシーンがあって・・・、もう自分があんなことになったらおかしくなります!!」と大騒ぎ。二人で映画のクオリティの高さに大興奮していた。さらに長田は「サム・ライミが製作に入っているだけあって、ホラー要素が大きいし、リアルな恐竜にドキドキしました。」と話すと、すかさず松尾が「ボクは箱根でリアルに恐竜を見たことがある。」と言い出し、会場は大爆笑。

そして松尾が「こんな恐竜どうやったら倒せるんだろうと思いながら映画を見てましたね。」と言うと、MCから「もしこのような状況になったらどちらが生き残るか?」と質問が。二人とも迷わず長田と答え、理由は「恐竜から見たら、松尾はおいしそうだから」と、突き出た松尾のお腹を長田が撫でる場面も。さらに長田は「映画でも6500万年前の地球に墜落した時に、乗ってきた宇宙船が壊れてましたけど、僕はそういうのも直せます。かっこいい武器も出てきましたけど、僕はポテンシャルが高いので、そういうのも使いこなせますし。」と、工具のインパクトドライバーを普段から使いこなすという長田が笑顔で言うと、さらに笑いが巻き起こった。

そして、SFサバイバル・スリラーの本作にちなんで、生き残りをかけた風船爆発サバイバルゲームを実施。<プラネット>つながりでタイマー式の地球型の風船を、出されたお題に答えながら、交互に渡し合うルール。MCから「自身にとって怖いもの」というお題を出されると、長田は「単独ライブ一か月前に全然ネタができてない時」と答え風船を渡し、松尾は「この時期によく出るカエル」と返し、さらに長田は「明石家さんまさんの楽屋挨拶」とすかさず返して爆笑を誘うと、松尾は「よくやらされるバンジーとかの高いところの仕事」と次々とターンを返し合う。

いつ風船が割れるかわからない予測不能な緊張感の中、「母親」「家族からの突然の電話」と、お互いに突っ込みを入れつつ軽快に風船を渡し合っていく中、突如、松尾が持ったプラネット型風船が爆発すると、チョコレートプラネットの背後にあったバックパネルに描かれていた地球を突き破り、なんと巨大な恐竜が出現!大きな口を開けながら恐竜が二人に襲い掛かる――。あまりの突然のことに驚いた二人は床に転がり「ビックリしたと!!」と、大騒ぎ!

突然の巨大恐竜の出現に感想を聞かれた松尾は「ちょっとまだドキドキが収まっていないし、怖かった・・・!」と話すと、ゲームで割れた風船の残骸を床を張ってそっと回収しにきたスタッフにビックリしてさらに大騒ぎ。長田は「怖かったですね。すごいイベントでした。でもこの恐竜、近くで見るとかわいくないですか?手がかわいいんですよね!」と、巨大恐竜の小さい手を触り、「フカフカですね。本当に凄いです。」と、あまりのリアルさに感動した様子。

登場した恐竜に頭をかじられた松尾は「本当に6500万年前はこんな恐竜がいたんですもんね。本当に怖い!」と言い、本作の中で数々登場する恐竜の中での印象に残った恐竜を聞かれると、「なんか地を這ってくる恐竜いたじゃないですか。さっきのスタッフさんもそうですけど、ああ言うの苦手なんですよ。爬虫類っぽい恐竜がいくつが出てくるんですけど、それがもう得体の知れない感じがするし、本当に嫌でした。」と、爬虫類が苦手なことを暴露。さらに長田が「6500年前のもう恐竜が絶滅する寸前の地球が描かれていて、恐竜の映画っていろいろあると思うんですけど、なかなかこんな後期の恐竜って見れないと思うので、そこは見どころですよね!」と、さらに映画をプッシュした。

改めて5月26日(金)の映画公開に向けて、長田は「今までありそうでなかった設定やシチュエーションの映画です。これから暑くなってくると思いますが、すっと体を冷やしてくれる、そんな怖い演出が満載の映画です。ぜひ映画館で見てください。」と話し、松尾は「本当に恐竜を見たことがある僕から見てもすごくリアルな恐竜が出ています。これからどんどん熱くなってくると思いますが、この映画を見て体を冷やしてもらえたらなと思います。」とメッセージを送ると、大盛り上がりの中、公開直前イベントは終了した。

作品タイトル:『65/シックスティ・ファイブ』
出演:アダム・ドライバー(『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』)、アリアナ・グリーンブラット(『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』)
監督・脚本:スコット・ベック&ブライアン・ウッズ(ともに『クワイエット・プレイス』脚本・原案)
製作:サム・ライミ(『ドント・ブリーズ』製作/『死霊のはらわた』、『スパイダーマン』シリーズ、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』監督)
原題:65
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

公式サイト:https://www.65-movie.jp
公式Twitter:https://twitter.com/65movieJP #6500万年前の地球から脱出せよ

5月26日(金)全国の映画館で公開

関連記事:
『65/シックスティ・ファイブ』スコット・ベック監督&ブライアン・ウッズ監督の特別映像とインタビューが到着!
『65/シックスティ・ファイブ』アリアナ・グリーンブラットのインタビュー到着!アダム・ドライバーの凄さを語る
『65/シックスティ・ファイブ』『クワイエット・プレイス』の天才脚本家コンビが新たに監督として重要視した点とは―?
『65/シックスティ・ファイブ』スコット・ベック監督&ブライアン・ウッズ監督からコメントが到着! ―5/26(金)公開
アダム・ドライバー主演『65/シックスティ・ファイブ』5月26日(金)公開決定!日本版予告&ポスター解禁

↑上に戻る