映画『あちらにいる鬼』新場面写真解禁!寺島しのぶの演技に広末涼子が思わず涙「衝動的に広末さんの手を握った」

映画『あちらにいる鬼』(11月11日(金)公開)の新場面写真が解禁された。

昨年11月、満99歳で波乱の人生を全うした作家・僧侶の瀬戸内寂聴。1960年代から人気作家・瀬戸内晴美として活躍した彼女が出家した背景には、同業者で妻子ある井上光晴との恋があった。出会うべくして出会い、互いにのめり込んでいくふたりと、全てを承知しながら心を乱すことのない男の妻。「あちらにいる鬼」は、同志にも共犯にも似た不思議な3人の関係を、光晴の長女、井上荒野が書き上げたセンセーショナルな物語だ。

文学に導かれ、求め合う主人公・長内みはる、のちの寂光に寺島しのぶ、井上光晴をモデルとした白木篤郎に豊川悦司、白木の妻・笙子を広末涼子が演じる。また、主要3俳優に加え、高良健吾村上淳蓮佛美沙子佐野岳宇野洋平丘みつ子という、日本を代表する俳優・スタッフが集結し、情愛を超えたその先の境地に迫る、濃密な人間ドラマが完成した。

解禁されたのは、出家をして寂光になったみはるが、妻子ある恋人・篤郎の妻、笙子と向き合うシーン。彼女たちが初めて出会った頃、みはるは美しい黒髪を結い、篤郎に褒められた着物姿で煌めいていた。時が経ち、髪を剃り落とし袈裟に身を包んだみはるは、寂光として再び笙子の前に現れる。道ならぬ恋を断つために出家という手段を取ったみはると、何があっても篤郎と添い遂げると心に決めた笙子。1人の男を介し、浮き彫りになっていくそれぞれの存在は、妬み嫉みを超越し、ある種の絆へと形を変えていた。

この写真でも見て分かるように、寂光は笙子の目をまっすぐに見つめ左手を両手で握り、まるで篤郎という男を妻に託しますと言っているようだ。そこには彼女たちにしか分かりえない・なしえない唯一無二の関係性が感じられる。

その撮影を回想した寺島は、「どうしても触りたくなってしまって、広末さんの手を衝動的に握ったんです。テストの時に思い付きでやってみたら、いきなり広末さんが泣き出してしまって、本番でやればよかったな、しまった!と思いました」と語る。

現場で涙したという広末だが、自身の演じた笙子については「妻としての立場よりも、女性として相手の痛みに共感する人だと思います」と考察。一方で、「自分で演じながら感じとったのは、笙子という女性はただ者では無いということ。監督の演出で笙子という人物像が見えていく中で、徐々にそう感じていきました」と明かしている。初めて本作の脚本を読んだ時、広末は泣いたと語るが、その脚本に無かった寺島の些細な演技で心を揺さぶられたという名シーンに期待が高まる。

ストーリー
「髪を洗ってやるよ」。
それは、男と女でいられる最後の夜のことだった。

1966年、講演旅行をきっかけに出会った長内みはると白木篤郎は、それぞれに妻子やパートナーがありながら男女の仲となる。もうすぐ第二子が誕生するという時にもみはるの元へ通う篤郎だが、自宅では幼い娘を可愛がり、妻・笙子の手料理を絶賛する。奔放で嘘つきな篤郎にのめり込むみはる、全てを承知しながらも心乱すことのない笙子。緊張をはらむ共犯とも連帯ともいうべき3人の関係性が生まれる中、みはるが突然、篤郎に告げた。「わたし、出家しようと思うの」。

作品タイトル:『あちらにいる鬼』
出演:寺島しのぶ 豊川悦司/広末涼子
高良健吾 村上淳 蓮佛美沙子 佐野岳 宇野祥平 丘みつ子
夏子 麻美 高橋侃 片山友希 長内映里香 輝有子 古谷佳也 山田キヌヲ
監督:廣木隆一
脚本:荒井晴彦
原作:井上荒野「あちらにいる鬼」(朝日文庫)
製作:「あちらにいる鬼」製作委員会
製作幹事:カルチュア・エンタテインメント
企画・制作:ホリプロ
製作協力:ダーウィン
2022/日本/139分/5.1ch/シネマスコープサイズ/カラー/デジタル
R15+
配給:ハピネットファントム・スタジオ

公式サイト:happinet-phantom.com/achira-oni
公式Twitter:@achira_oni
コピーライト:(C)2022「あちらにいる鬼」製作委員会

2022年11月11日(金) 全国公開

関連記事:
【レポート】『あちらにいる鬼』第35回東京国際映画祭レッドカーペットに寺島しのぶ・豊川悦司・広末涼子が華やかに登場!
映画『あちらにいる鬼』作家の女と男とその妻、緊張の走る三者初対面シーンが解禁!タイトルにある「鬼」とは―?
映画『あちらにいる鬼』新場面写真解禁!作家・井上荒野だけが語ることのできる、父と母、瀬戸内寂聴の唯一無二の関係とは?
【応募終了】大阪・なんばパークスシネマで開催!映画『あちらにいる鬼』試写会に5組10名様をご招待☆
映画『あちらにいる鬼』作家の女と妻子ある男、出家に至る道ならぬ恋とは…新場面写真解禁! ―11月11日(金)公開
【レポート】映画『あちらにいる鬼』寺島しのぶ、広末涼子がひとりの男を介して連帯するふたりの特別な関係性を語る
【応募終了】監督・キャスト登壇予定!映画『あちらにいる鬼』完成披露試写会に5組10名様ご招待☆
映画『あちらにいる鬼』ポスタービジュアル&予告編&場面写真&新たなキャスト解禁!公開日は11月11日(金)に決定
【レポート】『あちらにいる鬼』原作者・井上荒野が撮影現場を訪問!寺島しのぶに「まるで寂聴さん」と太鼓判
井上荒野の小説を映画化『あちらにいる鬼』キャストに寺島しのぶ、豊川悦司、広末涼子が決定!2022年11月に全国公開

↑上に戻る