ログイン

“容疑者”バッドボーイズが四面楚歌の大ピンチ『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ファイナル予告解禁

画像1

ウィル・スミスとマーティン・ローレンスが主演するシリーズ最新作『バッドボーイズ RIDE OR DIE』(6月21日(金)公開)のファイナル予告が解禁された。

マイアミ市警の敏腕ベテラン刑事コンビ、バッドボーイズことマイク(ウィル・スミス)とマーカス(マーティン・ローレンス)。彼らの亡き上司ハワード警部(ジョー・パントリアーノ)に麻薬カルテルと関係があったという汚職疑惑がかけられる。無実の罪を着せられた上司のために、独自に捜査をはじめた2人は、上司が遺した最後のメッセージ「内部に黒幕がいる。誰も信じるな!」という言葉を胸に、汚名返上のための命がけの戦いをマイアミを離れて繰り広げる。

今回解禁されたファイナル予告には、カーアクションや銃撃戦などダイナミックな新映像が盛り込まれ、これまで数々のピンチを乗り越えてきたバッドボーイズにシリーズ最大の試練が襲いかかる様が映し出される。

亡き上司ハワード警部の遺した「私の殺害を命じた者は警察内にいる」というメッセージ。衝撃の事実を知ったマイクとマーカスは独自に捜査を始めるも、「次の標的はお前たちだ」とハワード警部が言う通り、何者かにハメられ“容疑者”の身に。警察、巨大麻薬カルテル、そしてギャングにも追われ四面楚歌の中、信じられるのは互いだけのバッドボーイズ。命がけの戦いの中、シリーズ史上最も強い2人の”絆“が描かれる。

映像ではシリーズ初のスカイアクションとなる墜落するヘリの中で戦うスリリングなシーンのほか、火だるまの車からの危機一髪の脱出、息つく間もなく繰り広げられる銃撃戦にド派手な大爆発などアクションシーンがノンストップ。ラストにはまさかの巨大ワニも登場し、バッドボーイズ絶体絶命の大ピンチ!?アクションも友情もスケールアップしていることが見て取れる。

そしてファイナル予告に乗せて流れるのは、ブラック・アイド・ピーズ feat. エル・アルファ&ベッキー・Gが手掛ける主題歌「トゥナイト (バッドボーイズ RIDE OR DIE)」。前作でもシリーズの楽曲に携わったブラック・アイド・ピーズが、最新作ではラテン界のスーパースターであるエル・アルファとベッキー・Gをコラボ相手に迎え入れ、盤石の布陣で映画をさらに盛り上げる。

過去には2Pac、JAY-Z、ビヨンセなど超豪華アーティストがサントラに集結した『バッドボーイズ』シリーズ。激しいアクションシーンをクールに演出するサントラにも注目したい。

目次