ログイン

『ボーはおそれている』ホアキン・フェニックスが悲壮感あふれる姿でコンビニまで全力疾走!本編特別映像解禁

ボーはおそれている

アリ・アスター監督の最新作で、ホアキン・フェニックスが主演を務める『ボーはおそれている』(2月16日(金)公開)の本編特別映像が解禁された。

本作は、衝撃や恐怖を遥かに凌駕する“永遠に忘れられないラスト”が待つオデッセイ・スリラー。日常のささいなことも不安になる怖がりの男ボー(ホアキン・フェニックス)はある日、さっきまで電話で話していた母が突然、怪死したことを知る。母のもとへ駆けつけようとアパートの玄関を出ると、そこはもう“いつもの日常”ではなかった。これは現実か?それとも妄想、悪夢なのか?次々に奇妙で予想外の出来事が起こる里帰りの道のりは、いつしかボーと世界を徹底的にのみこむ壮大な物語へと変貌していく。実家にたどり着くのが先か?それともボーの人生が転覆し、永遠に壊れるのが先か――?

今回解禁された映像は、1本の水を手に入れるため、悲壮感あふれる姿でコンビニまで全力疾走するボーの姿をとらえたもの。処方薬を飲んだ後、自分の部屋に水が無いことに気づき、大パニックに陥ったボー。ボーは水を手に入れるため、彼の住むアパートからコンビニまで、阿鼻叫喚の変人たちをかわしながら猛ダッシュ!そして無事手に入った水を飲んで安心したのも束の間、次の瞬間には、支払いのクレジッットカードが拒否されてしまう。一難去って、また一難…次々に襲いかかってくるボーの悪夢のような日常が垣間見えるシーンだ。

「『ミッドサマー』の後、『ボーはおそれている』を作る時がきたと感じたんだ」と語るのはアリ・アスター監督。前2作『ヘレディタリー/継承』『ミッドサマー』が、高い評価を得て商業的に成功し人気を博したにもかかわらず、今作『ボーはおそれている』を「映画製作者としての自分の限界をさらに押し広げる理想的な手段と考えている」と明かす。

そして、「探求しているのは、ボーの人生ではなく彼の経験だ。観客には、彼の頭の中に入って、感情を肌で感じてもらいたい。できれば細胞レベルでね」「主人公と同じ気持ちになって一緒に行動するけど、彼が歩む道をたどるというより、彼の記憶や幻想、恐怖を体験するんだ。これはボーの人生を体験する映画だよ」「この作品は今までに手掛けたどの作品より僕らしい作品だ。僕の個性とユーモアたっぷり詰まっているよ」と語っている。

目次