【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

ワン・イーボーの緊迫感あふれるテスト飛行シーン『ボーン・トゥ・フライ』本編映像&新予告解禁

画像1

中国発のスカイアクション映画『ボーン・トゥ・フライ』(6月28日(金)公開)より、本編映像の一部と新予告が解禁された。

中国公開時、わずか3日間で興収40億円を突破し、初週の興収ランキングで第1位を記録。その後もロングランヒットとなり、世界興収177億円を打ち立てた本作は、パイロットとして優れた能力を持ちながらも、その才能を持て余していた青年が、新世代の戦闘機開発のために試験飛行を行うテストパイロットの一員となり、成長していく姿を描いたスカイアクション。

この度、特別に解禁された本編映像は、ワン・イーボー演じる主人公レイが、フー・ジュン演じる教官と一つの機体に乗ってテスト飛行に挑む場面。何らかのアクシデントによりエンジンが停止してしまい、警告音が鳴り響く中、二人が乗った機体は反転した状態で上空から真っ逆さまに地面へと落下しそうになっている。かなり危険な状況下で「落ち着け!」という教官の声も聞こえない様子のレイは焦ってパラシュートで脱出。教官も続いて脱出するかと思いきや、操縦かんを握りしめ続ける、ハラハラドキドキの場面だ。

その後、教官は、間一髪のところでエンジンの再始動に成功し、ギリギリのところで一命をとりとめる。そして、訓練場に戻り、携帯電話に入っていた妻からの何気ないメッセージを見て、命のありがたみを感じるのだった。その一方で、遊牧民が飼う羊の群れの中に着地したレイはこの後どうなるのか。

また、この本編映像の後にはすでに解禁しているものとは違う新予告が付いている。その新予告の冒頭は、過酷な訓練により傷だらけになったレイと、危険な仕事を辞めさせたい一心の父と母の姿から始まる。心配する両親の気持ちが分かっているがゆえに「親不孝な息子だ、ごめん」とつぶやくレイの姿が胸を打つ場面だ。

自信家だったレイが複雑な心境の中で、どのようにテストパイロットとし生きていく使命感を持っていくのか、アクション面だけでなくドラマ要素が気になる予告編となっている。

映画『トップガン マーヴェリック』のオマージュと取れるシーンもあり、中国版『トップガン』とも称される本作には過酷で危険なシーンが数多く登場するが、多くの場面を本人が演じている点にも注目だ。中でも、スタッフらが絶賛したのが、撮影中に車輪がスリップしてしまい、ワン・イーボーが骨折してもおかしくないような激しい転倒を機内で繰り返してしまったことがあったが、彼はよろめきながらそこから降り、すぐに状態を起こして演技を続けたというエピソード。どんな状況でも役者魂を見せるワン・イーボーの“本気”を本作の端々から感じ取ってほしい。

目次