『ブリジット・ジョーンズの日記』製作陣×ビーニー・フェルドスタイン主演『ビルド・ア・ガール』予告編&場面写真到着

ビルド・ア・ガール

『ブリジット・ジョーンズの日記』の製作陣が、作家でコラムニストのキャトリン・モランの半自伝的小説を、『ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー』のビーニー・フェルドスタイン主演で映画化した『ビルド・ア・ガール』(10月22日(金)公開)より、予告映像と場面写真が到着した

物語の舞台はオアシス、ブラー、プライマル・スクリーム、ハッピー・マンデーズやマニック・ストリート・プリーチャーズといった人気バンドが、ロックシーンに旋風を巻き起こした90年代前半のイギリス。

このたび解禁された予告編では、郊外で暮らす冴えない高校生・ジョアンナ(ビーニー・フェルドスタイン)が退屈な日々に「もう耐えられない!爆発してやる!」と単身ロンドンに乗り込み大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。髪を真っ赤に染め、大胆で奇抜な衣装に身を包み、人気音楽ライター“ドリー・ワイルド”の才能を見事に開花させるも、取材で出会ったロック・スターのジョン・カイト(アルフィー・アレン)に夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。

「生き残りたいなら、全て蹴散らせ!」という編集部のアドバイスにより、アメリカのヒップホップグループ、ハウス・オブ・ペインをこき下ろしたかと思えば、伝説のバンド、クイーンの名曲を「ボヘミアン“寒”ソディ」呼ばわりするなど過激な毒舌記事を書きまくることでふたたび返り咲く。

地位と名声、お金も手に入れた一方、彼女は徐々に自分の心を見失い「最近のあなたは狂ってる」と家族にも見放される始末。しかしジョアンナは挫折や痛い経験をしてもなお自分を見つめ直し、ふたたび突き進んでいく。
今の自分を受け入れ、失敗を恐れずに何度でも挑戦していく主人公ジョアンナの魅力が詰まった愛すべき映像に仕上がっている。

また、アルフィー・アレン演じるジョン・カイトのライブシーンは、マドンナやプリンス、ブルーノ・マーズら数々の有名ミュージシャンがライブを開いてきた、ロンドンの名門ライブハウスKOKOで撮影を行うなど、本編では洋楽ファンも注目のシーンが詰まった作品となっている。

あわせて解禁となった場面写真は8点。「何かが起こるのを待っていても人生は変わらない!」と、勇気を出して初めての世界へ一歩踏み出すジョアンナや、編集部のメンバーを連れてロンドンを闊歩する様子、さらに憧れのロック・スター、ジョン・カイトとのシーンなど、ジョアンナと彼女を取り巻くキャラクターたちの様子が描かれている。

ビルド・ア・ガール
ビルド・ア・ガール
ビルド・ア・ガール
ビルド・ア・ガール
ビルド・ア・ガール
ビルド・ア・ガール
ビルド・ア・ガール

◆ムビチケカード発売中
数量限定の特典として、UKミュージックやファッションを表現のルーツに、Suchmosやsumikaらミュージシャンのアートワークを手がけるなど音楽、ファッション業界で今大注目のイラストレーターでdigmeoutアーティストのYUGO.がデザインしたオリジナルバックステージパス風ステッカーをプレゼント。
YUGO.公式HP:https://yugo.link/

ビルド・ア・ガール
『ビルド・ア・ガール』前売り特典(数量限定)

◆カリコレ2021にてプレミア上映決定
新宿シネマカリテにて開催中の夏の映画祭典「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクションR2021」(7月9日~8月5日開催)にて、本作のプレミア上映が決定。上映後にはコラムニスト山崎まどか氏を迎えたトークショーも予定されている。
上映日時:8月1日(日) 12:40~ ※ジャパンプレミア上映、上映後トークショーあり
登壇者(敬称略):山崎まどか(コラムニスト)、奥浜レイラ(映画・音楽パーソナリティ)
カリコレ2021公式サイト:http://qualite.musashino-k.jp/quali-colle2021/

ストーリー
いい子じゃお金を稼げない!辛口音楽ライター“ドリー・ワイルド”爆誕!

1993年、イギリス郊外に家族7人で暮らすジョアンナは、底なしの想像力と文才に長けた16歳の高校生。だが学校では冴えない子扱い。そんな悶々とした日々を変えたい彼女は、大手音楽情報誌「D&ME」のライターに応募。単身で大都会ロンドンへ乗り込み、仕事を手に入れることに成功する。だが取材で出会ったロック・スターのジョンに夢中になってしまい、冷静な記事を書けずに大失敗。
編集部のアドバイスにより“嫌われ者”の辛口批評家として再び音楽業界に返り咲くジョアンナ。過激な毒舌記事を書きまくる“ドリー・ワイルド”へと変身した彼女の人気が爆発するが、徐々に自分の心を見失っていき……。

作品タイトル:『ビルド・ア・ガール』
出演:ビーニー・フェルドスタイン、パディ・コンシダイン、サラ・ソルマーニ、アルフィー・アレン、フランク・ディレイン、クリス・オダウド、エマ・トンプソン
原作:キャトリン・モラン著「How to Build a Girl」
脚本:キャトリン・モラン
監督:コーキー・ギェドロイツ
製作:アリソン・オーウェン『ウォルト・ディズニーの約束』『エリザベス』、デブラ・ヘイワード『レ・ミゼラブル』『ブリジット・ジョーンズの日記』シリーズ
原題:『How to Build a Girl』
2019年/イギリス/英語/105分/DCP/アメリカンビスタ/カラー/5.1ch/R-15
配給:ポニーキャニオン、フラッグ
提供:フラッグ、ポニーキャニオン

公式サイト:buildagirl.jp
公式Twitter:@buildagirl_jp
公式Instagram:@buildagirl_jp #ビルド・ア・ガール #ビルドアガール
コピーライト:(c) Monumental Pictures, Tango Productions, LLC, Channel Four Television Corporation, 2019

10/22(金)新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

 

関連記事:
さえない高校生が辛口音楽ライターに!『ビルド・ア・ガール』90年代前半のUKロックシーンを舞台にティーンの奮闘を描く

↑上に戻る