『エッフェル塔~創造者の愛~』パリのど真ん中で前人未踏の建築物・エッフェル塔への挑戦を宣言する本編映像解禁!

エッフェル塔~創造者の愛~

ロマン・デュリス主演映画『エッフェル塔~創造者の愛~』(3月3日(金)公開)より、本編映像が解禁された。

本作は、フランス・パリにある誰もが知る世界遺産エッフェル塔の完成に挑戦したギュスターヴ・エッフェルが成功を掴む影で、ある女性への秘められた想いを情熱的、かつ、大胆に創作したヒューマン・ラブストーリー。

今回解禁された本編映像は、あるパーティーで大臣がギュスターヴ・エッフェルに対して、3年後に控えたフランスのパリ万国博覧会のモニュメントのアイディアを尋ねるシーンから始まる。
アメリカの独立100周年を記念した<自由の女神>建設など、数々の成功により名声を手にしているギュスターヴ。次に求められたのは、フランス革命100周年を記念してパリで開催される万国博覧会において、“石造りの柱”よりももっと目玉となるシンボルの建設だった。

もっと実用的な地下鉄に興味を持っていたギュスターヴだったが、友人の妻であり、ギュスターヴと意味ありげに視線を交わし合うアドリエンヌが焚きつけるように発言した「野心作を」という言葉をきっかけに、何かを決意した表情を浮かべる。そして、<300メートルの金属の塔>という突飛なアイディアをアドリエンヌの目を見つめながら口にする。さらにギュスターヴは「ただし条件が――パリの真ん中に造る」と宣言。パーティーの席が水を打ったように静かになることで、このアイディアがいかに現実離れした、前人未踏の挑戦なのかが分かるシーンで映像は終わる。

本作ではエッフェル塔完成に挑む姿が描かれた、ギュスターヴ・エッフェル。彼が生涯で手掛けた建築物は、フランスをはじめヨーロッパ各地はもちろんのこと、アメリカや東南アジア、さらには南米にまで及ぶことは、あまり知られていない事実だといえる。

例えばヨーロッパでは、1877年に開通した、当時つり橋を除けば世界一長いスパン橋梁を誇ったポルトガルの「マリア・ピア橋」、ガラス張りの駅舎が美しく現在もターミナル駅として人々の生活を支えるハンガリーの「ブダペスト西駅」、旧市街を結ぶえんじ色の鉄橋が観光スポットとなっているスペインの「旧魚屋橋」など、各地で見どころの多い建造物が並ぶ。また、アメリカでは誰もが知る世界遺産のひとつ、「自由の女神」を手掛けたこともギュスターヴの経歴では見逃せない功績といえる。

さらに、ベトナムにはパリのオルセー美術館(当時は駅舎)をモデルにしたと言われるほど美しく、かつ現役の郵便局として利用されている「サイゴン中央郵便局」。また、ペルーには南部タクナにある「タクナ大聖堂」のほか、アマゾン川上流にある町・イキトスには1890年完成の当時では最高級素材のひとつである錬鉄を使ったアメリカ大陸初のプレハブ住宅「鉄の家」など、フランスから遠く離れた土地にもギュスターヴの建築物は存在している。

ギュスターヴが設計を手掛けたものは駅舎ホールやチャペル構造、鉄橋(鉄道高架橋、可動橋ほか)や天文台の丸天井など多岐に渡り、現在も人々の生活に根付いた建物も多い。没後100年を迎える今年、建築や旅行が好きな人はとくに抑えるべき歴史上の人物として、ぜひチェックしてみては。

『エッフェル塔~創造者の愛~』は3月3日(金)より全国公開。

ストーリー
アメリカ〈自由の女神像〉の制作に協力したことで大いなる名声を獲得した、ギュスターヴ・エッフェル(ロマン・デュリス)。世間では3年後の1889年に開催される「パリ万国博覧会」の話題でもちきりだった。そのシンボルモニュメント制作のコンクールには全く興味のなかったエッフェルだが、パーティーの席で大臣から強く参加を要請される。さらに、久しぶりに再会した友人で記者のアントワーヌ・ド・レスタック(ピエール・ドゥラドンシャン)の妻・アドリエンヌ(エマ・マッキー)から「大臣と同感です。ぜひ見てみたい。野心作を」と言われたエッフェルは突然、「ブルジョワも労働者も皆が楽しめるように、パリの真ん中に300mの塔をすべて金属で造る」と宣言する。実は初対面のふりをしたレスタックの妻は、エッフェルにとって忘れられない女性だった――。

作品タイトル:『エッフェル塔~創造者の愛~』
出演:ロマン・デュリス、エマ・マッキー、ピエール・ドゥラドンシャン、アルマンド・ブーランジェ、ブルーノ・ラファエリ
監督:マルタン・ブルブロン
脚本:カロリーヌ・ボングラン
音楽:アレクサンドル・デプラ
編集:ヴァレリー・デシネ
美術:ステファン・タイアゾン
2021年│フランス・ドイツ・ベルギー│フランス語│108分│シネスコ│字幕翻訳:橋本裕充│R15
提供:木下グループ
配給:キノフィルムズ

公式サイト:eiffel-movie.jp
コピーライト:(c)2021 VVZ Production – Pathé Films – Constantin Film Produktion – M6 Films

3月3日(金)新宿武蔵野館、シネスイッチ銀座、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

関連記事:
『エッフェル塔~創造者の愛~』主演ロマン・デュリス&製作陣がベタ褒め!エマ・マッキーの新規場面写真解禁
『エッフェル塔~創造者の愛~』日本版予告映像&新規場面写真解禁! ―本日12月27日はギュスターヴ・エッフェルの命日
ロマン・デュリス主演最新作『エッフェル塔~創造者の愛~』日本版ポスタービジュアル解禁! ―3月3日(金)公開
『EIFFEL(原題)』来年3/3公開決定&場面写真が解禁!「フランス映画祭2022 横浜」オープニング作品として日本初上映

↑上に戻る