【重要】アネモ会員システム全面リニューアルのお知らせ

『エスター ファースト・キル』特別映像4種解禁!サイコパス少女の過激すぎるライフスタイルとは ―3月31日(金)公開

エスター ファースト・キル

その巧妙かつ驚きのラストで話題となり、カルト的人気を誇る『エスター』(2009年日本公開)の前日譚(エピソードゼロ)を描いた最新作『エスター ファースト・キル』(3月31日(金)公開)より、特別映像が解禁された。

2007年、アメリカで暮らすオルブライト家は、4年前に6歳で行方不明となった愛娘エスターの失踪事件に今なお心を痛めていた。そんなある日、エスターが保護されたという思いがけない知らせが夫妻のもとに届く。この奇跡のような出来事を手放しで喜ぶ一家。驚くほど成長したエスターは聡明で才能も豊か。画家の父親に昔以上にべったりだった。また、あの幸せな時が帰ってくる―。
だが、母親は知っていた。この娘が別人だということを。

裕福な一家、コールマン家が孤児院からエスターを養子に迎えるところから始まった前作『エスター』。彼女は聡明で、画才もあり、家族に喜びを持って受け入れられ、親子として幸せな関係を築いていく…はずだった。彼女の真実を知った時、その結末に世界中が恐怖に飲み込まれ、日本でも大反響を呼び起こした。あれから14年。エスターはいかにして凶暴性を秘めたサイコパスへと覚醒したのか。今作では、本作では、オルブライト家を舞台に彼女の衝撃的な過去が明らかとなる。

当時12歳でエスターを演じたイザベル・ファーマンが23歳(※本作撮影時)にして子役を再演。監督は、『ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~』(20)のウィリアム・ブレント・ベルが務め、脚本を『パラサイト 禁断の島』(19)のデヴィッド・コッゲシャルが手がけた。

また、オルブライト家の母親役に『ボーン』シリーズ(02~07)のジュリア・スタイルズ、父親役には『逆行』(15)のロッシフ・サザーランド、息子役に『傲慢な花』(22)のマシュー・アーロン・フィンラン、そして事件に関わる刑事役には『GODZILLA ゴジラ』(14)のヒロ・カナガワが出演する。

6歳で行方不明となり、4年振りにオルブライト家に帰ってきた娘・エスターは何かがおかしい。可愛らしい見た目とは裏腹に、凶暴性を秘めた彼女は、言葉巧みに人を騙し、必要とあらば容赦なく邪魔者を抹殺する。

今回解禁された特別映像は、エスターとは一体何者なのか、二面性を持つそのキャラクターにフィーチャーし、良い子は絶対に真似できない彼女のライフスタイルを公開。日本語吹き替え版でエスターを演じる矢島晶子がナレーションを務めている。

【ストレス解消法篇】は、4年振りに再会した母との穏やかなひと時…と、思いきや、別人であることを知った母から疑惑の目を向けられたエスターが、トイレの個室という人が見ていないところでストレス解消!【得意料理篇】は、エスター得意のスムージー!隠し味にネズミをプラス。また、【お出かけスタイル篇】では、10歳だけど車を運転して遠くまで出かけちゃう。さらに【友達の作り方篇】は仲良くなろうとした子に向けた視線だけでノックアウト…と、あまりにも過激な日常を切り取ったエスターの一挙一動に背筋がゾクリとせずにはいられない。我々の常識を超える、さらなるエスターの狂気を是非スクリーンで。

目次