映画『THE GUILTY/ギルティ』る赤ペン瀧川がトークとスライドで本作をオススメする解説動画解禁!2月22日(金)全国公開

THE GUILTY/ギルティデンマーク発の新感覚サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』が2月22日(金)より全国公開となる。第34回サンダンス映画祭では、『search/サーチ』(NEXT部門)と並び、観客賞(ワールド・シネマ・ドラマ部門)を受賞。その後も第47回ロッテルダム国際映画祭観客賞/ユース審査員賞、第44回シアトル国際映画祭 監督賞の受賞などに加え、世界中の映画祭で観客賞を総なめに。第91回アカデミー賞R外国語映画賞 デンマーク代表にも選出、ジェイク・ギレンホールによるハリウッドリメイクも決定し、早くも2019年上半期の映画界を席巻する作品としての呼び声が高い注目作である。

「電話からの声と音だけで、誘拐事件を解決する」というシンプルな設定ながらも、予測不可能な展開で観る者を圧倒させることで、目の肥えた映画ファンからも注目を浴び、さらにジェイク・ギレンホール主演によるハリウッドリメイクも決定し、大きな話題となっている本作。88分間、映し出されるのは舞台となる緊急通報司令室と、主人公であるオペレーターの男のみという、まさに“新感覚サスペンス”映画である。この度、映画本「映画コメンテーター」としてTV、ライブ、コラムなど多方面で活躍中。スライドとトークを武器に様々な添削・ツッコミをする姿から、巷で「天才スライドトーク職人」と呼ばれている赤ペン瀧川さんによる、解説動画が解禁された。

開口一番「凄いのが来た」と切り出した瀧川は、「サンダンス映画祭について」言及しながら、過去に『セッション』『search/サーチ』などと並び、若き才能の登竜門である同映画祭で観客賞を受賞した話題作と太鼓判。若干31歳にして、長編デビューを果たしたグスタフ・モーラー監督についてアピール。また、本作のポイントを、「1シチュエーション」「主人公はただひとり“おじさん”だけ」「88分間の密室劇」と簡潔にまとめながらも、「緊急通報指令室から一歩も外へ出ず、たった1本の電話だけで誘拐事件を解決する」という前代未聞の展開について、軽妙なトークで作品を解説。「スクリーンには、実行犯も、被害者も、事件現場も一切映らない」と、電話の向こう側が見えないからこその緊迫感を強調し、「映画なのに気分は、目隠しプレイ」と瀧川ならではの持論を展開した。 締めくくりには、「音の中で巻き起こる、極上のエンタメ作品」と評している。

画像01

ストーリー
真夜中の緊急指令室。誘拐された女性からの通報。
解決の手掛かりは電話の声だけ。
緊急通報指令室のオペレーターであるアスガー・ホルム(ヤコブ・セーダーグレン)は、ある事件をきっかけに警察官としての一線を退き、交通事故による緊急搬送を遠隔手配するなど、些細な事件に応対する日々が続いていた。そんなある日、一本の通報を受ける。それは今まさに誘拐されているという女性自身からの通報だった。彼に与えられた事件解決の手段は”電話”だけ。車の発車音、女性の怯える声、犯人の息遣い・・・。微かに聞こえる音だけを手がかりに、“見えない”事件を解決することはできるのか―。

画像02

作品タイトル:『THE GUILTY/ギルティ』
出演:ヤコブ・セーダーグレン、イェシカ・ディナウエ、ヨハン・オルセン、オマール・シャガウィー
脚本・監督:グスタフ・モーラー
製作:リナ・フリント
脚本:エミール・ナイガード・アルベルトセン
撮影監督:ジャスパー・スパニング
編集:カーラ・ルフェ
音楽:オスカー・スクライバーン
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ
原題:The Guilty|2018年|デンマーク映画|スコープサイズ|上映時間:88分
配給:ファントム・フィルム

公式サイト:https://guilty-movie.jp/
コピーライト:(c) 2018 NORDISK FILM PRODUCTION A/S

2019年2/22(金) 新宿武蔵野館/ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開

関連記事:
第91回アカデミー賞外国語映画賞デンマーク代表作!新感覚サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』2019年2/22(金)公開
北欧が生んだ新感覚サスペンス『THE GUILTY/ギルティ』主演:ジェイク・ギレンホールでのハリウッドリメイクが決定!
映画『THE GUILTY/ギルティ』傑作の秘密は前代未聞のブラインドオーディション!監督が語る製作秘話―2月22日(金)公開
映画『THE GUILTY/ギルティ』イヤホン推奨!誘拐事件の始まりを捉えた緊迫の本編映像解禁―2月22日(金)全国公開

↑上に戻る