『非常宣言』本編映像&メイキング映像解禁!『シン・ウルトラマン』『シン・ゴジラ』樋口真嗣監督のコメントも

非常宣言

ソン・ガンホとイ・ビョンホン共演のフライトパニックムービー『非常宣言』(全国公開中)の本編映像と場面写真が解禁された。さらに『シン・ウルトラマン』や『シン・ゴジラ』などで知られる樋口真嗣監督のコメントも到着した。

妻を救うため地上から飛行機テロを解決しようと奔走するベテラン刑事のク・イノを演じるのは『パラサイト 半地下の家族』、 『ベイビー・ブローカー』など数々の大ヒット映画に出演し、第75回カンヌ国際映画祭で韓国人初となる男優賞を獲得するなど世界的な評価を受けるソン・ガンホ。娘の治療のため、飛行機に乗り合わせた乗客パク・ジェヒョク役には、『G.I.ジョー』シリーズ、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』など、ハリウッド映画にも進出し、近年では「イカゲーム」のカメオ出演で話題となった韓国を代表するトップスター イ・ビョンホン。韓国映画界を牽引する大物俳優のふたりが、地上と上空でそれぞれが愛する人のために奮闘する姿が描かれる。

そんな本作には、ほかにも『殺人者の記憶法』などに出演し、カメレオン俳優として名高いキム・ナムギル、『シークレット・サンシャイン』などで知られる実力派女優チョン・ドヨン、ドラマ「ミセン -未生-」のイム・シワンなど豪華キャストが集結した。

この度解禁されたのは、操縦不能になった飛行機が墜落していくシーンを収めた本編映像犯人によって撒かれたウイルスは機内に蔓延し、ついに操縦士が感染。そして操縦不能となった機体は地上に向かって急降下していく──旋回しながら落ちていく機内では、悲鳴が響き渡る中、天井に打ちつけられる乗客たち。機体の高度は下がり続け、着々と地上へと近づいて行く。このままKI501便の乗客たちは”墜落”の運命を辿ってしまうのか…。

併せて、その墜落シーンの撮影の裏側を映し出した貴重なメイキング映像も到着。「観客が映画を観ながら『この飛行機、ニセモノだ』と感じないように、リアリティに重点を置いた」と語るハン・ジェリム監督は、この墜落シーンの撮影においてなんと本物の飛行機を使ってセットを作り上げた。実際の旅客機の機体に回転台を搭載した電動装置を設置し、機体を360度回転させるという韓国映画初の試みであり、世界にも類を見ない独創的セットを産み出した。また、現職のパイロットを招き、セットのディテールを強化。飛行情報を入力するモニターの色味などかなり細かい部分まで実際のモデルを再現している。

さらに、手持ちカメラによる撮影手法によってかつてない没入感と臨場感を創り出しており、監督は「観客にこれは映画だと思って観てもらうのではなく、本当に飛行機に乗っているような気分になって映画を観てほしかった。それが手持ちカメラを選んだ理由だ」と語っている。

また今回、特撮やアニメ、実写と多くの作品を生み出してきた映画監督の樋口真嗣から寄せられたコメントは以下の通り。

コメント(※敬称略)

すべての映画には神がいる。
宿る神ではなく、裁く神の方だ。
映画の中で生き、映画の中で死ぬ、
映画の中の人間たちを裁く神がいるのだ。

神はいつも気まぐれだ。
我々の願いも祈りもどこ吹く風で
想像もしない結末へといざなう。

そんな神に翻弄される二時間二十一分。
神に祝福されるのか、見放されるのか。
観客の我々も同時に、翻弄されるのだ。

樋口真嗣(映画監督)

ストーリー
娘とハワイへ向かう飛行機恐怖症のジェイ・ヒョク(イ・ビョンホン)は、空港で執拗にふたりにつきまとう謎の若い男(イム・シワン)が、同じ便に搭乗したことを知り不安がよぎる。KI501便はハワイに向け飛び立つが、離陸後間もなくして、1人の乗客男性が死亡。直後に、次々と乗客が原因不明で死亡し、KI501便は恐怖とパニックの渦に包まれていく。一方、地上では、妻とのハワイ旅行をキャンセルしたベテラン刑事のク・イノ(ソン・ガンホ)が警察署にいた。飛行機へのウイルス・テロの犯行予告動画がアップされ、捜査を開始するが、その飛行機は妻が搭乗した便だったことを知る。また、ウイルス・テロの知らせを受けた運輸大臣のスッキ(チョン・ドヨン)は、緊急着陸のために国内外に交渉を開始する。副操縦士のヒョンス(キム・ナムギル)は、乗客の命を守るため奮闘するが、飛行を続けるタイムリミットが迫り、「非常事態宣言」を発動。しかし、機体はついに操縦不能となり、地上へと急降下していく。見えないウイルスによる恐怖と、墜落の恐怖。高度1万メートル上空の愛する人を救う方法はあるのか―?!

作品タイトル:『非常宣言』
出演:ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、イム・シワン、キム・ソジン、パク・ヘジュン
監督:ハン・ジェリム
2022/韓国/141分/スコープサイズ/5.1ch/字幕翻訳:根本理恵/原題:비상선언/G
配給:クロックワークス

公式サイト:klockworx-asia.com/hijyosengen
コピーライト:(c) 2022 showbox and MAGNUM9 ALL RIGHTS RESERVED.

2023年1月6日(金) 全国公開

関連記事:
【レポート】『非常宣言』公開記念イベントに人気兄弟芸人ミキが登壇!M-1グランプリの次に狙うは韓国映画界進出!?
映画『非常宣言』イム・シワン演じる謎の男を捉えた本編映像が到着!超豪華特典付きムビチケ前売券発売情報も解禁
『非常宣言』ソン・ガンホとイ・ビョンホンが奔走!愛する人を救うため奮闘する姿を捉えた場面写真10点解禁
ソン・ガンホ×イ・ビョンホンの豪華タッグ!映画『非常宣言』邦題&来年1月6日(金)公開決定&ティザービジュアル解禁

↑上に戻る