ソン・ジュンギが裏社会に生きる孤独な男に『このろくでもない世界で』7月26日(金)公開決定

画像1

韓国映画『ファラン』(原題)が、『このろくでもない世界で』の邦題で7月26日(金)より公開となることが決定し、場面写真が解禁された。

本作は、ある寂れた町を舞台に、継父からの暴力と貧困に喘ぐ18歳の少年ヨンギュと、彼の絶望漂う瞳にかつての自分を重ねた裏社会の男チゴンの物語。

チゴンの属する犯罪組織の門を叩くほかなかったヨンギュは、仕事という名の“盗み”を働き、徐々に憧れのチゴンに認められていく。傷だらけのふたつの魂が交錯した時、悲劇がさらなる悲劇を生み、彼らの運命は思わぬ方向へ走り出す―――。

ヨンギュ役に扮したのは映画初主演のホン・サビン、監督・脚本は本作が初長編作品となるキム・チャンフン。そして、脚本に惚れ込んだソン・ジュンギがチゴン役を熱望したことから、この企画が本格的に動き出したという。ソン・ジュンギは「これは韓国映画界に絶対に必要なプロジェクトだと信じていたので、参加する機会を頂けて感謝している」とその理由を語っている。

「ヴィンチェンツォ」『ロ・ギワン』等で主演を務め、先日最終回を迎えたTVドラマ「涙の女王」では“ヴィンチェンツォ役”としてカメオ出演したソン・ジュンギ。常にトップスターであり続けた彼が、大きく作り上げた体躯になまなましい傷を全身に刻んだ犯罪組織のリーダーという、これまで目にしたことのない姿で登場。表情や声のトーンまで徹底的に変身させ、チゴンというキャラクターを時に大胆に、時に繊細に演じ切っている。

その渾身の演技と若手チームとの協働により、本作はカンヌ国際映画祭&釜山国際映画祭に公式出品されることが決定。さらに本年の百想芸術大賞〈映画部門〉には、ソン・ジュンギをはじめ、ホン・サビンキム・ヒョンソキム・チャンフン監督がノミネートされた。

解禁された場面写真には、ソン・ジュンギ演じるチゴンが、暗い部屋で眼光鋭くこちらを見据えるの姿が。なぜかその瞳に生気は感じられず、虚無感を纏っていることが伝わってくる。薄汚れた顔には傷の跡もあり、闇組織に身を置く人間の悲哀さえも見て取れ、この役に懸ける彼の並々ならぬ覚悟がうかがえる。

『このろくでもない世界で』
出演:ホン・サビン、ソン・ジュンギ、キム・ヒョンソ(BIBI)
監督・脚本:キム・チャンフン(初長編監督作品)
2023年/韓国/カラー/シネマスコープ/5.1ch/原題:화란/英題:HOPELESS/123分/字幕翻訳:本田恵子/R15+
配給・宣伝:ハピネットファントム・スタジオ
(C) 2023 PLUS M ENTERTAINMENT, SANAI PICTURES, HiSTORY ALL RIGHTS RESERVED.

公式サイト:happinet-phantom.com/hopeless
公式X:@hopeless_movie

7月26日(金) TOHOシネマズ シャンテほか全国公開

↑上に戻る